このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

中地区公民館

地域住民の社会教育活動を推進し、さまざまな世代の人が集い、仲間作りができる施設です。

平成30年度の催し物・講座一覧

催し物名 開催日 事業の内容

開催中
ジュニア将棋教室

平成30年4月28日(土曜)
から
平成31年3月23日(土曜)

小中学生対象の将棋教室です。初心者から上級者まで在籍しています。
(原則として毎月第2・第4土曜午前)

開催中
幼児期家庭教育学級「ママ研究室(守りたい!!子どものこと、ママのこと、家計)」

平成30年5月15日(火曜)
から
平成30年6月12日(火曜)

小学校入学前の子どもを持つ保護者が対象です。子どもの心身の発達や、子育てについて考え、参加者同士で話し合います。(保育実施)

開催中
民話体験講座

平成30年5月22日(火曜)
から
平成30年7月3日(火曜)

初心者向けの民話体験講座です。子どもの頃、家の人から聞かせてもらった昔話、民話の世界を体験してみませんか。

乳児期家庭教育学級(ゆりかご学級)第2期

平成30年6月15日(金曜)
から
平成30年7月20日(金曜)

乳児の心身の発達やジェンダーについての講義、子育てトーキングによる参加者同士の交流を行います。(保育実施)

募集中
山の下☆今昔まちあるき

平成30年6月16日(土曜) 中地区公民館から末広通、ニットーボー新潟株式会社前、山の下閘門排水機場、山の下通りなどを歩きます。歴史を感じながら楽しく歩いて、山の下地区の魅力を再発見してみませんか。
大形ぽてっ子サークル(夏のおもしろ体験学習)

平成30年7月26日(木曜)
から
平成30年8月23日(木曜)

簡単な工作をしたり、バスツアーに出かけます。映画の上映会もあります。
きらきらチャレンジ 平成30年7から8月、12月 小学生対象の体験活動を行います。
幼児期家庭教育学級土曜日版「親子のびのび広場」

平成30年12月
から
平成31年2月

1歳から就学前のお子さんとお父さんを対象とした親子ふれあい遊びです。親子ともに体を動かしていっぱい遊びましょう。

乳児期家庭教育学級(ゆりかご学級)第4期

平成31年1月22日(火曜)
から
平成31年2月26日(火曜)

乳児の心身の発達やジェンダーについての講義、子育てトーキングによる参加者同士の交流を行います。(保育実施)

開催中
子育てサロンともだちひろば

毎月第2・3・4・5(水曜)午前

0才から未就園児とその保護者の情報交換の場です。7月、11月は育児相談があります。

開催中
子育てサロン「ひだまり」

毎週木曜午前

0才から未就園児とその保護者の子育てに関する情報交換の場です。ミニイベントも開催しています。

開催中
ちいきのサロン

原則として毎月第1(水曜)、第3(水曜)午前

地域住民の居場所です。お茶を飲みながら参加者同士が交流し、楽しい時間を共有します。

開催中
ホットプレイス

平成29年4月1日(土曜)
から
平成30年3月31日(土曜)

山の下まちづくりセンター1階フリースペースを会場として、遊びや勉強など自由に過ごすことができます。

開催中
学習室開放事業

土曜・日曜、長期休業期間

小中高校生を中心に、学習できるスペースを開放します。

関連リンク

お問い合わせ

中地区公民館
〒950-0056 新潟市東区古川町4番12号
電話:025-250-2910/FAX:025-274-1202
電子メールアドレス:naka.co@city.niigata.lg.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る