黒埼地区公民館・黒埼市民会館

施設をご利用される方は下記の「社会教育施設等の利用について」をご確認ください。

市民の生涯学習活動や文化活動の充実を図る拠点施設として、文化施設機能と公民館機能を併せ持つとともに、学習室、児童図書コーナーを備えたプレイルーム等が設置されています。充実した施設機能を生かして市民生活の向上と地域の発展に役立つ施設です。

令和6年度の催し物・講座一覧

催し物名 開催日 事業の内容 対象者

開催中
幼児期期家庭教育学級
「日曜父親学級」

令和6年6月2日(日曜)
  6月30日(日曜)
      全2回

子どもとの遊び方、関わり方、夫婦間のコミュニケーションについて(保育あり) 令和4年4月から令和5年3月生まれの幼児と父親

募集中
認知症サポーター養成講座

令和6年6月15日(土曜) 認知症を理解し地域全体で支えるための養成講座 どなたでも

夏休みこども体験

令和6年8月 地元の老舗菓店職人の指導によるお菓子作り体験 小学生の児童

父親のための乳児期家庭教育学級

令和6年9月
から
令和6年10月
全2回

父親同士の交流と先輩パパの体験談(保育あり) 令和6年3月から令和6年6月生まれの乳児の父親

子育て支援センターほほえみ共催事業
オータムコンサート

令和6年10月 ママさんブラスひかりおんがく隊さんが出演する親子で楽しめるコンサートです。 乳幼児の親子
子育て支援センターほほえみ共催事業

令和6年10月
から
令和7年3月

ベビーヨガ、人形劇などを通して親子の絆を深めます。 乳幼児の親子

立仏小学校区ふれあい協議会共催 地域講演会

令和6年10月

落語を聞いて「心の健康」を。
立仏校区ふれあい協議会共催

どなたでも

黒埼地区公民館文化祭

令和6年10月26日(土曜)
から
令和6年10月27日(日曜)

公民館・市民会館利用団体等の作品を展示、サークル体験、朗読など

どなたでも
講座 「傾聴 はじめの一歩」 令和6年11月15日(土曜) 傾聴の基礎を学ぶ講座 どなたでも

黒埼地区公民館音楽芸能発表会

令和6年11月23日(木曜) 当館で活動する音楽芸能団体によるステージ発表会 どなたでも
男性料理 令和6年11月 酒の肴一品料理 成人男性

児童期家庭教育学級(小学校入学前講座)

令和6年12月

小学校入学前準備講座(保育あり)

小学校入学前の子どもの保護者

児童期家庭教育学級(中学校入学前講座)

令和7年2月

中学校入学準備講座

中学校入学前の児童の保護者

通年開催
おもちゃ病院in黒埼地区公民館

令和6年4月
から
令和7年3月

毎月第4日曜日の午後ににおもちゃ病院が黒埼地区公民館に出張開院します。 どなたでも

通年開催
黒埼フリースペース
「こどもたちの居場所」

令和6年4月
から
令和7年3月

地域の子どもたちに、学校と家庭以外の過ごしやすい居場所を提供します。 どなたでも

通年開催
学習室開放

令和6年4月
から
令和7年3月

小・中・高校生をはじめとする市民の個人学習を推進するため学習室を提供します。 どなたでも

通年開催
黒埼まめっ子ルーム

令和6年4月
から
令和7年3月

1階プレイルームを乳幼児と保護者・小学生に開放します(休館日と催し物のある日は除きます)。

乳幼児とその保護者及び小学生

通年開催
黒埼まめっこルームのお楽しみ会

令和6年4月
から
令和7年3月

毎月第4火曜日にイベントを開催します。 乳幼児とその保護者・祖父母、地域の方

6月から毎月開催
大人にもおすすめしたい
えほんのじかん

令和6年6月
から
令和7年3月

図書館司書による月のテーマに沿った絵本の読み聞かせと紹介。
6月から毎月第1火曜日に開催
(11月はお休みです)。

どなたでも

5月から毎月開催
「カプラ」の時間

令和6年5月
から
令和6年3月

5月から毎月第4日曜日の午前に木製ブロック「カプラ」を貸し出します。
(「カプラ」は登録商標です。)

どなたでも

「カプラ」はKAPLA考案者トム・ブリューゲン氏が、EU、日本ならびにその他の国において所有する登録商標です。
「登録商標は著作権有限会社アイ・ピー・エス冨安智子の許諾を得て使用しています。」

関連リンク

お問合せ

黒埼地区公民館
〒950-1115新潟市西区鳥原909番地1
電話:025-377-1420 FAX:025-377-1430
電子メールアドレス:kurosaki.co@city.niigata.lg.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC

本文ここまで