新型コロナウイルス感染症について

最終更新日:2021年10月15日

施設の利用再開について

事業者の皆さまへ

市長メッセージ

市民の皆さまへ

県の警報解除 ご協力に感謝いたします
 本日、本市を含め県内の市町村すべてに発令されていた県の「警報」が3カ月ぶりに解除されました。本市の感染状況は、8~9月の第5波による感染ピークから10月に入り大きく改善しております。
 これは、ワクチン接種の進展に加え、長期間に渡り感染症対策にご協力いただいた市民、事業者の皆さまのおかげであり感謝いたします。
現在、感染状況は落ち着いているものの、ワクチン接種済みの方でも感染する事例が見られることから、引き続き、マスク着用などの基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。
 本市としても感染の再拡大に備え保健所機能、医療提供対策の強化を図っていくと同時に、長引くコロナ禍で大きなダメージを受けている経済社会活動の再開に向け全力をあげてまいります。

若い世代のワクチン接種促進に向けて
 本市ではすでに80%を超える方が1回目のワクチン接種を終える状況となっていますが、20代、30代の方の接種率が比較的低くなっていますので、接種を希望される皆さまの接種促進に向け、引き続きポスター掲示や市ホームページ、SNS等を通じた情報発信に努めてまいります。
 さらに、より接種を受けやすくするために、当日でも接種枠に空きがある場合は接種を受けることができるようにいたしました。希望する方はワクチン専用コールセンター(025-250-1234)にお問い合わせください。新潟市LINE公式アカウントでも当日の空き状況を随時確認することができます。
 今後も、適時適切で正しい情報の発信や、接種しやすい環境づくりを通じて、希望するすべての方の接種促進に努めていきます。

令和3年10月15日 新潟市長 中原 八一

自治体や政府機関になりすました偽サイトにご注意ください

相談・受診の前に

  • 発熱等の風邪症状がみられるときは、学校や会社を休み外出を控え、毎日、体温を記録しておいてください。
  • 基礎疾患のある方で新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、かかりつけ医等に電話でご相談ください。

相談の目安について

受診相談の目安

問い合わせ先

症状がある場合(発熱や咳など風邪のような症状が続く場合・強いだるさや息苦しさ、高熱などの強い症状がある場合)

かかりつけ医にまずはお電話でご相談ください。

発熱などの症状があり、かかりつけ医がいない方や、どこに相談したらよいかわからない方

新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談

  • 受診・相談センター(新潟市保健所保健管理課) 電話:025-212-8194(平日午前9時から午後5時)
  • 厚生労働省電話相談窓口 電話:0120-565653(午前9時から午後5時、土日・祝日含む)

夜間の急な病気やけがの相談(緊急医療相談)

  • 15歳以上 電話:#7119または025-284-7119(午後7時から翌午前8時まで)
  • 14歳以下 電話:#8000または025-288-2525(午後7時から翌午前8時まで)

感染者と接触された方へ

1.感染者との濃厚接触が特定できる方

保健所から、個別にご連絡しています。

2.特定できない方(不特定多数が利用している施設の利用がある場合など)

保健所は、感染者が利用した施設と日時を公表しています。
下記リンク先「不特定多数の方が利用した施設・日時」に記載している、同じ日時・施設を利用された方で、14日以内に発熱等の症状が出た場合は「新潟市保健所・保健管理課(電話:025-212-8194)」にご連絡をお願いします。

1.2に該当しない方

感染する可能性はありません。通常の感染症対策をお願いします。

※現在、不特定多数が利用している施設はありません。

感染者等の関係図

お知らせ

会議資料など

関連リンク

新潟市以外の方はお住まいの地域を管轄する保健所にご相談ください。相談先はこちらで確認できます。

県内医療機関の検索ができます

このページの作成担当

保健衛生部 保健所保健管理課
〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号
電話:025-212-8183
FAX:025-246-5672

このページを見ている人はこんなページも見ています

市内の発生状況

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ