新型コロナウイルス感染症について

最終更新日:2020年4月3日

新型コロナウイルス感染症とは

発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさを訴える方が多いことが特徴です。
感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されています。
特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。
新型コロナウイルスは飛沫(ひまつ)感染と接触感染により感染します。閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です。

飛沫感染

感染者の飛沫(ひまつ)(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。

接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

新型コロナウイルス感染症に関する予防方法や新潟市の対応等についてお知らせします。
知りたい情報のバナーをクリックすると詳細ページにリンクします。

市長メッセージ

電話相談窓口

電話相談窓口の図

感染者と接触された方へ

1.感染者との濃厚接触が特定できる方

保健所から、個別にご連絡しています。

2.特定できない方(不特定多数が利用している施設の利用がある場合など)

保健所は、感染者が利用した施設と日時を公表しています。
下記リンク先「不特定多数の方が利用した施設・日時」に記載している、同じ日時・施設を利用された方で、14日以内に発熱等の症状が出た場合は「帰国者・接触者相談センター(電話:025-212-8194)」にご連絡をお願いします。
関連リンク:不特定多数の方が利用した施設・日時

1.2に該当しない方
感染する可能性はありません。通常の感染症対策をお願いします。

感染者等の関係図

新潟市内の発生状況

令和2年2月29日に新潟市内で1例目の発生があり、4月3日現在30例発生しています。

検査陽性者の状況(令和2年4月2日現在)
  検査実施人数 陽性者数 入院中(準備中含む) 退院
累計 656人 28人 12人 16人
前日比

+6人

±0人

-1人

+1人

新潟市内において疑似症または患者の濃厚接触者として検査を行ったものについて記載します。
検査実施人数は、速報値として公開するものであり、後日確定データとして修正される場合があります。
前日比は、前回公表以降に判明したものを掲載しています。

感染拡大防止のための取り組み

  1. 感染の疑いのある人に検査を行い、患者さんを入院治療するとともに濃厚接触者には、14日間の健康観察と自宅待機をお願いしています。
  2. 感染予防法や相談窓口などの情報をお知らせしています。
  3. イベント等を中止したり、施設や学校を休業しています。

ご協力をお願いします。

市からのお知らせ

税金や公共料金など

施設の利用やイベントの開催など

その他

報道資料、会議資料

報道資料

これ以前の報道資料は下記ページをご覧ください。
過去の報道資料(新型コロナウイルス感染症関連)

会議資料

関連リンク

新潟市以外の方はお住まいの地域を管轄する保健所にご相談ください。相談先はこちらで確認できます。

県内医療機関の検索ができます

このページの作成担当

保健衛生部 保健所保健管理課
〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号
電話:025-212-8183
FAX:025-246-5672

このページの作成担当

保健衛生部 保健管理課

〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号

電話:025-212-8183

FAX:025-246-5672

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

新型コロナウイルス感染症に関連した施設の休館及びイベント等の中止について

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ