このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

新型コロナウイルス感染症ワクチン接種について

最終更新日:2021年4月8日

新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ

新潟市コロナワクチン専用コールセンター 025-250-7503

新型コロナワクチン接種のインターネット予約はこちら 外部サイトへリンク 新規ウィンドウで開きます。
新型コロナワクチンの集団接種はインターネットから予約できます。現在予約受付準備中です。

お知らせ

5月中旬から段階的に接種を開始します

現在ワクチンの供給が限られていることから、感染時により重症化しやすい高齢者の中でも特に年齢の高い75歳以上の方から優先して順次接種を開始します。

接種開始時期
集団接種 5月中旬から接種開始(予約受付は5月上旬開始予定)
個別接種・出張接種 順次開始予定

また、本格的な接種開始に先立ち円滑な接種実施体制の確保のため、4月に限定的に配分されるワクチンを利用し、一部で試行接種を実施します。

65歳以上の高齢者の方へ新型コロナワクチン接種券を発送しました

昭和32年4月1日以前に生まれ、令和3年2月19日時点で新潟市に住民登録している人に、ワクチン接種券予診票を発送しました。
接種券は住民票の住所にお送りしています。接種券が届いていない場合や紛失・汚損した場合は、新潟市コロナワクチン専用コールセンターにお問い合わせください。
接種券は接種開始までなくさないように大切に保管してください。
16~64歳の方には、準備でき次第接種券を発送します。

接種券送付封筒画像

新潟市新型コロナワクチン専用コールセンターを開設しました

令和3年3月28日に新型コロナワクチン接種に関する専用コールセンターを開設しました。
接種方法や接種券に関するお問い合わせにお答えしています。
集団接種の接種予約もこちらの専用コールセンターで受け付けます。

新潟市新型コロナワクチン専用コールセンター
電話番号 025-250-7503
受付時間
  • 平日(月曜から金曜) 午前8時半から午後6時
  • 土・日曜日、祝・休日 午前9時から午後5時

聴覚に障がいのある人のお問い合わせ専用

FAX番号:025-256-8237

新型コロナワクチン接種に向けて準備を進めています

 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種は、厚生労働大臣の指示のもと、都道府県の協力により、市町村において実施することとされています。
 新潟市では、ワクチンの速やかな接種実施に向けて、国からの情報を収集し、新潟県と連携しながら接種体制の整備を進めています。接種開始時期や接種場所などの詳細は、決まり次第順次お知らせします。

接種対象者・優先順位

ワクチン接種は16歳以上の方が対象となります。
ワクチンは国が全国民分を確保し、順次供給されるため、感染時に重症化しやすい人など一定の接種順位を決めて接種を行っていきます。現時点では、国が示す年齢・優先順位に基づき、次のような順番でワクチン接種を受けていただく予定です。

接種対象者・優先順位
優先順位 接種対象者 接種開始予定時期 市内対象者数
1 75歳以上の高齢者(昭和22年4月1日以前に生まれた方) 5月中旬 11.7万人

65歳~74歳で基礎疾患のある方

12.5万人
2 65歳以上(昭和32年4月1日以前に生まれた方)74歳以下の高齢者 7月以降

3

16~64歳で基礎疾患のある方 未定 2.7万人
高齢者施設等に従事されている方 0.6万人
4 16~64歳でそれ以外の方 41.4万人

新潟市では、現在ワクチンの供給が限られていることから、感染時により重症化しやすい高齢者の中でも特に年齢が高い75歳以上の人から優先して順次接種を開始していきます。なお、ご自身が対象となる時期を過ぎても接種を受けることができます。

※詳しくは外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。接種についてのお知らせ(厚生労働省ホームページ)(外部サイト)をご確認ください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。医療従事者等のへの接種について(厚生労働省ホームページ)(外部サイト)

接種を受ける際の同意

ワクチン接種には、本人の同意が必要です。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
ワクチンの効果と副反応のリスクについてご理解いただいたうえで、自らの意思で接種を受けていただきます。何らかの病気で治療中の方や、体調など接種に不安がある方は、かかりつけ医等にご相談の上、ワクチン接種を受けるかどうかお考えください。

接種費用

無料

ワクチン接種に便乗した不審電話など詐欺行為にご注意ください

ワクチン接種には一切費用はかかりません。保健所や市役所の職員がワクチン接種に関して金銭を要求することはありません。不審な電話などがあった場合は、最寄りの警察署にご相談ください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナウイルスワクチンに便乗した詐欺にご注意ください(新潟県ホームページ)(外部サイト)

接種回数・間隔

1人2回同じ種類のワクチンの接種が必要です。
ファイザー社製のワクチンの場合、1回目の接種から3週間(21日目)以降に2回目の接種を受けます。

他の予防接種を受ける場合は、原則として13日以上の間隔を置いて接種する必要があります。

接種の流れ

1 接種券が届く

新潟市に住民登録している人に、年齢に応じて接種に必要な接種券を発送します。
接種券は住民票の住所に発送します。接種開始までなくさないよう大切に保管してください。

2 接種の時期を確認する

自分の年齢や基礎疾患の有無など、接種を受けられる条件や時期を確認してください。
病気で治療中の方や体調に不安がある方は、ワクチン接種を受けてもよいか事前にかかりつけ医など医療機関にご相談ください。

3 接種の予約をする

接種を受けられる医療機関・会場を確認し、電話やインターネットで予約する。

4 接種を受ける

接種券を持って予約した日時に接種会場へ行き接種を受ける。

  • 接種時に必要な物
  1. 接種券(シールをはがさずに台紙ごと持参してください。)
  2. 身分証明書類(運転免許証、健康保険証など本人確認ができるもの)
  3. 予診票(接種券に同封、事前に記入)

新規ウインドウで開きます。※身分証明書類はこちらに記載の本人確認書類のうちいずれか1点をお持ちください。
※2回目用の予診票は1回目接種時に会場、医療機関でお渡しします。

5 2回目の接種の準備をする

ワクチンの効果を十分に得るために、間隔をあけて2回接種する必要があります。
接種券は接種済証として接種の確認に必要となります。2回接種完了後も大切に保管してください。

接種券

ワクチン接種には接種券が必要です。
国が示す優先順位を踏まえ、対象者へ順次接種券の発送を予定しています。
原則、接種券は住民票所在地の住所に発送されます。

65歳以上の高齢者(昭和32年4月1日以前に生まれた方)に接種券を発送しました。
16~64歳の方には、準備ができ次第接種券を発送します。
接種券がないとワクチン接種を受けられません。なくさないよう大切に保管してください。

接種券送付用封筒画像
接種券送付用封筒

新潟市コロナワクチン接種券見本画像
新潟市コロナワクチン接種券見本

65歳以上の方にお送りした接種券・同封物はこちら

  • 予診票は集団接種会場や医療機関にもご用意しています。
  • 2回目の予診票は、1回目接種終了後に会場でお渡しします。

接種方法・会場

原則として、住民票のある市町村で接種します。
接種は、次の3つの方法で実施します。
個別接種・集団接種のいずれか希望する方法・会場を選んで接種を受けることができます。

接種方法
個別接種

市内約200カ所の診療所などで実施します。
接種が受けられる医療機関、予約・接種の開始時期は調整中のため、決まり次第お知らせします。

集団接種

市内9カ所の会場で、土曜・日曜の9時から16時半に実施します。
5月中旬接種開始予定
新潟市コロナワクチン専用コールセンターに電話またはインターネットから予約が必要です。
5月上旬予約受付開始予定

出張接種

高齢者施設等の入所者を対象として医師等が施設へ訪問し接種を実施します。
接種の方法は施設によって異なります。詳しくは、入所施設にお問い合わせください。

集団接種

市内9カ所の会場で、土曜・日曜の9時から16時半に実施します。
接種には次の方法により予約が必要です。(5月上旬予約受付開始予定)

  1. 新潟市コロナワクチン専用コールセンターで電話予約
  2. インターネットの専用予約サイトから予約
接種会場
会場
北区 旧豊栄地区公民館(東栄町1)、新規ウインドウで開きます。北地区コミュニティセンター(名目所3) ※週によって実施する会場が異なります。
東区 新規ウインドウで開きます。東区役所
中央区 新規ウインドウで開きます。市役所本館
江南区 新規ウインドウで開きます。亀田健康センター(泉町3)
秋葉区 新規ウインドウで開きます。新津健康センター(程島)
南区 新規ウインドウで開きます。白根健康福祉センター(白根)
西区

新規ウインドウで開きます。黒埼健康センター(金巻) 
※黒埼地域保健福祉センター(大野町)とは別の施設です。お間違えないようご注意ください。

西蒲区

新規ウインドウで開きます。西川健康センター(旗屋) 

集団接種会場となる施設への直接のお問い合わせはご遠慮ください。集団接種に関するお問い合わせは専用コールセンターで受け付けています。

住民票所在地以外での接種

原則として、住民票がある市町村(住所地)でのワクチン接種となりますが、やむを得ない事情がある場合は、事前の申請などにより現在実際に居住している市町村で接種を受けることができます。国が示す対象者は次のとおりです。

申請手続きの要否
申請の手続きが不要な方
  • 医療機関や施設に入院、入所中の方
  • 基礎疾患を持つ方が主治医の医療機関で接種する場合
  • 災害による被害にあった方(災害により避難している方)
  • 勾留または拘置されている者、受刑者
  • 住所地外接種者であって、市町村に対して申請を行うことが困難である方
申請の手続きが必要な方
  • 出産のため里帰りしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待およびこれらに準ずる行為の被害者
  • その他市町村長がやむを得ない事情があると認める者

接種を受ける場合は、住所地の市町村から発行された接種券が必要です。あらかじめ住所地の市町村から発行された接種券をお手元にご用意ください。詳しい申請方法などは、決まり次第お知らせします。

新潟市に住民票があり、市外の居住地で接種を希望される方は、実際に居住している市町村にご確認ください。

また、住民票、戸籍に登録がない等の事情があり、接種券の発行を受けることができないやむを得ない事情がある方は、居住地の市町村に申請することにより接種券の発行を受けることができます。詳しい申請方法などは、決まり次第お知らせします。

接種を受けることができない人・注意が必要な人

接種を受けることができない人・注意が必要な人
接種を受けることができない人

一般に、次の方はワクチン接種を受けることができません。ご自身が当てはまると思われる方は、ワクチン接種を受けてもよいか、かかりつけ医等にご相談ください。

  • 明らかに発熱(通常37.5度以上)している方
  • 重い急性疾患にかかっている方
  • ワクチンの成分に対し、アナフィラキシーなど重度の過敏症の既往歴のある方
接種を受けるにあたって注意が必要な人

一般に、次の方はワクチン接種を受けるにあたって注意が必要です。

  • 過去に免疫不全の診断を受けた人、近親者に先天性免疫不全症の方がいる方
  • 心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎疾患のある方
  • 過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状が出た方
  • 過去にけいれんを起こしたことがある方
  • ワクチンの成分に対して、アレルギーが起こるおそれがある方
  • バイアルのゴム栓に乾燥天然ゴム(ラテックス)が含まれている製剤を使用する際の、ラテックス過敏症のある方


なお、他の予防接種を受ける場合は、原則として13日以上の間隔を置いて接種する必要があります。

また、抗凝固療法を受けている方(血をサラサラにする薬を飲まれている方)、血小板減少症または凝固障害のある方は、ワクチン接種を受けることはできますが、接種後の出血に注意が必要です。

基礎疾患がある方とは

基礎疾患のある方は、高齢者の次に接種が開始される予定です。基礎疾患のある方とは、次のいずれかにあてはまる方です(令和3年3月22日時点の情報であり、変更となる可能性があります)。

基礎疾患
(1)以下の病気や状態の方で、通院または入院している方
  1. 慢性の呼吸器の病気
  2. 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  3. 慢性の腎臓病
  4. 慢性の肝臓病(脂肪肝や慢性肝炎を除く)
  5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
  6. 血液の病気(鉄欠乏症貧血を除く)
  7. 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)
  8. ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  9. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  10. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸器障害等)
  11. 染色体異常
  12. 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  13. 睡眠時無呼吸症候群
  14. 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
(2)基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
例、BMI30の目安:身長170センチメートルで体重87キログラム、身長160センチメートルで体重77キログラム

基礎疾患を証明する診断書などの提出は不要です。

接種券に同封の予診票に基礎疾患について記入し自己申告することで、接種前に医師が病気や治療の状況などを確認し判断します。

基礎疾患があり治療中の方や体調に不安がある方、自分では判断ができない場合は、事前にかかりつけの医療機関にご相談ください。

副反応について

主な副反応は、注射した部位の痛み、頭痛、関節や筋肉の痛み、疲労、寒気、発熱等があります。また、まれに起こる重大な副反応として、ショックやアナフィラキシー(急性アレルギー反応)があります。なお、今回接種するファイザー社製のワクチンは、新しい種類のワクチンのため、これまでに明らかになっていない症状がでる可能性があります。接種後に気になる症状を認めた場合は、接種医あるいはかかりつけ医に相談してください。
また、接種会場では万が一アナフィラキシーが起こった場合にもすぐに必要な対応がとれる体制を整えています。
詳しくは外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナワクチンの有効性・安全性について(厚生労働省ホームページ)(外部サイト)をご覧ください。

予防接種健康被害救済制度について

一般的に、ワクチンの接種では、副反応による健康被害が、極めて稀であるものの、なくすことができないことから救済制度が設けられています。救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づいて救済を受けることができます。
詳しくは、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。予防接種健康被害救済制度(厚生労働省ホームページ)(外部サイト)をご覧ください。

ワクチン接種に便乗した不審電話など詐欺行為にご注意ください

ワクチン接種には一切費用はかかりません。保健所や市役所の職員がワクチン接種に関して金銭を要求することはありません。不審な電話などがあった場合は、最寄りの警察署にご相談ください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナウイルスワクチンに便乗した詐欺にご注意ください(新潟県ホームページ)(外部サイト)

4月中の試行接種の実施について

本格的な接種開始に向けて円滑な接種実施体制の確保のため、4月に限定的に配分されるワクチンを利用し、一部で接種を試行実施します。

試行接種実施内容・日程
集団試行
  • 令和3年4月18日(日曜)午前9時から午後5時
  • 市役所本館
  • 市役所近隣の鏡淵小学校区コミュニティ協議会地区にお住いの75歳以上の高齢者を対象に実施
出張試行
  • 4月12日の週から
  • 高齢者施設等の入所者を対象に実施
個別試行
  • 4月中
  • 協力医療機関において実施

国・県からの最新情報

新型コロナウイルス感染症ワクチン接種に関する国からの最新情報やQ&Aは、以下のページをご覧ください。

問い合わせ

接種方法、接種場所、接種券に関すること

新潟市コロナワクチン専用コールセンター
電話番号

025-250-7503

受付時間
  • 平日(月曜から金曜) 午前8時半から午後6時
  • 土・日曜日、祝・休日 午前9時から午後5時

聴覚に障がいのある人のお問い合わせ専用

FAX番号:025-256-8237

ワクチンの安全性や副反応について、医学的知見が必要となる専門的な相談に関すること

新潟県新型コロナワクチン医療健康相談センター
電話番号

025-385-7762

受付時間

午前8時半から午後6時(土日・祝日含む)

コロナワクチン施策の在り方、ワクチンについての情報に関すること

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
電話番号

0120-761770(フリーダイヤル)

受付時間

午前9時から午後9時(土・日曜、祝日も受け付け)

聴覚に障がいのある人のお問い合わせ

一般財団法人全日本ろうあ連盟へ
FAX番号:03-3581-6251

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

保健衛生部 保健所保健管理課

本文ここまで

サブナビゲーションここから

新型コロナウイルス感染症ワクチン接種

  • 新型コロナウイルス感染症ワクチン接種について

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る