このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

風しん

最終更新日:2018年8月30日

風しんが流行しています

現在、例年と比較し、関東地方で風しんの届出数が大幅に増加しています。
風しんは、風しんウイルスによって引き起こされる急性の発疹性感染症です。
発疹や熱が3日程度で収まるようにみえることから「三日はしか」と呼ばれることもあります。
風しんに対する免疫が不十分な妊娠20週ごろまでの女性が風しんに感染すると、生まれてくる赤ちゃんが心疾患、難聴、白内障などの障がいを起こす「先天性風しん症候群」にかかることがあります。

新潟市内の発生状況

平成30年8月に市内医療機関より風しん患者の届出がありました。

風しんとは

風しんについて
潜伏期

風しんの潜伏期間は「約2~3週間」です。

症状

発熱や発疹、リンパ節の腫れなどの症状が現れます。
子どもの症状は比較的軽いですが、大人は発熱や発疹の期間が比較的長く、関節痛などがひどいことが多いとされています。
中には脳炎等の合併症が2,000人~5,000人に1人くらいの割合で発生することもあります。

治療 風しんウイルスに対する特効薬はなく、解熱剤やせき止めなどの対症療法しかありません。
感染性

飛沫感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播します。
発疹が出る1週間前から、出現後1週間程度まで感染性があります。

予防

ワクチンの接種が有効です。
ただし、妊娠中の方は接種することができません。また、妊娠を希望している方でも、接種後約2か月は避妊が必要です。

これまでの新潟市風しん・先天性風しん症候群発生状況

新潟市風しん・先天性風しん症候群発生状況
診断年
報告数
平成29年
0
平成28年
1
平成27年
0
平成26年
0
平成25年
30
平成24年
5
平成23年
0
平成22年
0
平成21年
1

※近年、本市で先天性風しん症候群と診断された方はいません。

予防接種が有効です

通常、1回の接種で95%、2回の接種で約99%の方が免疫を獲得しますので、2回の接種をすることで高い効果が得られます。
海外渡航や国内流行地での滞在を予定している方は、可能な限り渡航の2週間以上前に接種を済ませてください。
母子健康手帳等により接種の記録は大切に保管しておくことも重要です。
予防接種を受けた人は、発病しても軽症で、発疹も少ない特徴があります。

定期予防接種対象の方へ

麻しん風しん混合(MR)ワクチンとして、1歳児と小学校就学前の1年間の計2回は無料で接種できます。必ず予防接種を受けましょう。
予防接種(新潟市ホームページ)にて対象年齢、接種回数等についてご確認ください。

子どもの予防接種について対象年齢、接種回数が確認できます。

新潟市内の予防接種委託医療機関が確認できます。

定期予防接種の対象でない方へ

定期予防接種の接種対象でない方は、任意で予防接種を受けることができます(費用は全額自己負担)。風しんにかかったことがなく、予防接種を受けたことがない方、不明の方は、かかりつけ等の医療機関にご相談ください。ワクチンの取り扱いの有無等については、医療機関によって異なりますので、事前に問い合わせが必要です。また、一部の医療機関や検査機関では、免疫の有無を調べる抗体検査についても相談が可能です(費用は全額自己負担)。

妊婦や、周囲に妊婦がいる方等へ

風しんに感染しないためにはワクチン接種が有効ですが、妊娠期間中は接種ができません。風しんに対する免疫が低い妊婦さんのご家族など周囲の方で、風しんの予防接種を受けたことが無い方、風しんにかかったことがはっきりしない方は、ワクチン接種を検討することをお勧めします。
また、「先天性風しん症候群」の予防の第一は、妊娠を希望する女性自身が妊娠前に風しんに対する十分な免疫を持っておくことです。免疫が低い妊婦さんで次の妊娠を希望する方は、出産後、次の妊娠前にワクチン接種を検討することをお勧めします。

なお、新潟市では要件を満たす方に、「新潟市風しん抗体検査事業」「新潟市風しん予防接種事業」を行っています。
対象者等詳細については、「風しん対策について(新潟市ホームページ)」にてご確認ください。

「新潟市風しん抗体検査事業」「新潟市風しん予防接種事業」について記載しています。

医療機関の受診について

発熱や発疹、リンパ節の腫れなどの症状が出て、風しんが疑われる場合は、事前に医療機関に電話連絡した上で、マスクを着用して受診してください。

学校等への連絡・登校等について

風しんの診断がされたときは、欠席の理由を学校に伝えましょう。
また、学校保健法では「発疹が消失するまで」が出席停止期間となっています。

関連リンク

このページの作成担当

保健衛生部 保健所保健管理課
〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号
電話:025-212-8183 FAX:025-246-5672

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る