このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

訪問ベビーマッサージのご案内(新潟県地域の子育て力育成支援事業)

最終更新日:2021年9月21日

訪問ベビーマッサージ講座

専門スタッフがご自宅を訪問し、ベビーマッサージのレッスンを提供します。
その他、簡単な手遊びのご紹介や育児相談などを行います。
※当講座は「新潟県地域の子育て力育成事業」の助成を受け、
 一般社団法人クラウドライフズ・ジャパン(事務局:任意団体Childhappylife)が実施するものです。

令和3年度版訪問ベビーマッサージの周知チラシです。

令和3年度訪問ベビーマッサージの申込みフォームへのリンクです。

実施期間

第1弾:実施期間 令和3年11月1日から11月30日まで(応募期間 令和3年9月21日から10月15日まで)
第2弾:実施期間 令和3年12月1日から12月24日まで(応募期間 令和3年10月21日から11月15日まで)
第3弾:実施期間 令和4年1月6日から1月28日まで(応募期間 令和3年11月21日から12月15日まで)
第4弾:実施期間 令和4年2月1日から2月25日まで(応募期間 令和3年12月21日から令和4年1月15日まで)

対象

訪問時、生後2カ月以上の乳児(1歳程度)及びその保護者
合計20組(各月5組程度)
原則、1回の訪問で1組ですが、ソーシャルディスタンスを確保できる場合は、3組までの申込みを受付けます。

費用

初回:無料
※マッサージで使用するオイル等、別途実費がかかります。詳細は実施団体のホームページをご確認ください。
2回目以降:3,000円/回

実施方法

令和3年11月から令和4年2月まで、各月5組程度を募集。
定員を上回る場合は抽選となります。
この取組は訪問ベビマインストラクター養成講座と連動した事業となっています。

一般公開子育て講座「マスク越しでも伝わる愛情」

新型コロナウイルス感染症が拡大するなかマスクをつけていても、子どもとの触れ合いの中で感情を伝える方法を学ぶ講座です。
※当講座は「新潟県地域の子育て力育成事業」の助成を受け、
 一般社団法人クラウドライフズ・ジャパン(事務局:任意団体Childhappylife)が実施するものです。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)の応募フォームからお申込みください。

開催日程・会場

開催日:令和3年10月16日(土曜)
時間:10:00~11:45
会場:新潟市こども創造センター(中央区清五郎375番地2)

対象

どなたでも

費用

無料

お問い合わせ

一般社団法人クラウドライフズ・ジャパン (事務局:任意団体「child happy life」)
TEL: 025-383-6286
URL: 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://childhappylife2017.wixsite.com/website(外部サイト)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

こども未来部 こども政策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)
電話:025-226-1193 FAX:025-224-3330

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

妊娠・出産・子育てのお知らせ

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る