わたりがに

最終更新日:2012年6月1日

春の雌がには最高級

 4月下旬から5月頃の雌がには甲羅の中に真っ赤な卵がびっしりと入り、胴肉もがっちり入って充実し、くせがなく、そのおいしさは一度食べたら忘れられません。この頃の雌がにを一度食べてすっかりファンになり、毎年春のわたりがにを心待ちにする人もいるとか、価格も極上ですが、その価値は十二分です。

わたりがに

夏から秋にかけてもよく漁獲されており、冬から早春のわたりがには高価です。

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課

〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル4階)

電話:025-226-1794

FAX:025-226-0021

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

さくらます

するめいか

すずき

釣りあじ

こうぐり

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ