このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

まだら

最終更新日:2012年6月1日

日本海の冬の味覚

 3月の産卵期を控え、秋から冬にかけて身や肝が充実し、十分な旨味を蓄えておいしくなります。日本海のまだらの味は最高だと言われ、ここ新潟でもすばらしい「まだら」が水揚げされます

くせのない白身はソースの味と調和させやすく、洋風の料理素材としてもすぐれています。

鍋にするだけでなく、癖のない白身を生かし、様々な料理に利用されます。

まだらの精巣「だらみ」のとろりとした舌ざわりとまったりとした味は、新潟の冬を代表する寿司の味の一つです。

ふっくらした白身は絶品です。

煮付けると身が締まって旨味を増し、特に頭の肉の味は格別。肝と一緒に煮ることで、肝の持つコクが白身の持つ淡白な旨味と溶け合い、すばらしい味になります。「だらみ」を使った鍋もお勧め。卵もおいしい新潟の冬の味覚です。

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課
〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル4階)
電話:025-226-1794 FAX:025-226-0021

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る