するめいか

最終更新日:2012年6月1日

とれたて朝いかの味は産地の贅沢

初夏、佐渡周辺に「するめいか」が集まり、新潟市の産地市場は6月に全国一の水揚げとなります。

するめいか

真夜中に釣り上げられ、まだ身の透き通ったするめいかが箱詰めされて早朝の市場に、次々と水揚げされます。この頃のするめいかはまだ若く、身が柔らかで甘みがあり、朝の新鮮なうちに細造りにした「いかそうめん」は産地新潟ならではの贅沢です。

するめいか

すしといえば新潟。米酒魚三拍子そろったおいしい鮨が味わえます。

するめいか水揚げ

とれたての「するめいか」は煮ても焼いてもソテーでも極上。独特の甘みとやわらかい食感がたまりません。

するめいか

するめいか

大きいものを刺身にすると、不味で噛み切れない硬い食感になりますが、6月頃のするめいかはまだ若く身が薄いため、朝とれたてのものを刺身にすると、つるりとしたやわらかい食感とさらりとした甘みが絶品。鮮度が落ちやすく味も変わるので、産地ならではの「朝いか」を食べたいものです。朝の「いかそうめん」や「肝合え」は、産地でしか味わえない贅沢です。

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課

〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル4階)

電話:025-226-1794

FAX:025-226-0021

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

みずだこ

南蛮えび

にぎす

のどぐろ

さくらます

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ