あまだい

最終更新日:2014年10月7日

姿も味も美しい

食と花の銘産品ロゴマーク

 美しい姿をしているだけでなく、他の魚にはない、やわらかで極めて上品な味を持っており、そのおいしさは筆舌に尽くしがたいものがあります。
 あまだいを特産とする地方も多くあり、冬が旬とされていますが、季節による味の変化はあまりなく、一年中おいしい魚です。ここ新潟では底曳網が休漁となり、魚が少なくなる夏に漁獲されるため、夏の魚とされています。
 身がやわらかく、鮮度も落ちやすいので、新鮮なものを選ぶ必要があります。
 吸い物や一夜干のおいしさには定評がありますが、ここ新潟では夏に塩漬けにしたものを、塩出ししてから調理する「あまだいこも塩」という新潟ならではの加工法があります。
 砂泥の海底に穴を掘って棲んでおり、広大な砂泥の漁場が広がる新潟市沿岸の重要な魚種で、新潟の夏を代表する高級魚です。
出荷期間:周年

あまだい

あまだい

作成者:公益財団法人 食の新潟国際賞財団

関連ページ

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課

〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル4階)

電話:025-226-1794

FAX:025-226-0021

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

鴨肉

しろねポーク

ソーセージ類

あかひげ

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ