このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

連載第2回 なぜ「新バスシステム」が必要なの?

最終更新日:2013年5月24日

 新バスシステムを導入する理由の一つは、バス利用者の減少に歯止めを掛け、持続可能な公共交通体系の実現を図るためです。

 マイカー依存度の高い本市のバス利用者数は平成12年から22年までの10年間で約40パーセントの減、バスの運行便数は平成13年から24年までで約20パーセントの減となっています(図)。利用者が少ない路線は減便や路線の廃止などサービスの低下を招き、そのことが原因で、さらに利用者が減少するという負の連鎖が続いています。

 このため、将来、超高齢社会が進み、それまでマイカーで移動できていた人が年齢などの理由で公共交通を頼らなくてはならなくなった時に、公共交通が利用しづらくなっている恐れがあります。

 こういった課題に対応するため、新バスシステムでは、まちなかで過剰気味に走行しているバスを集約し、生じた余力を郊外路線の維持・拡充につなげます。

 郊外ではバスの運行本数を増やし、時間通りにバスが来るようにするなど利便性を高め、まちなかでは、BRT(次世代型バスシステム)を導入し、スムーズな運行や乗車時の快適性を高めるなど質の高い交通環境を整えます。

 これにより、多くの人から「利用しやすい」と思われるバスシステムをつくり、利用者減少に歯止めを掛け、持続可能な公共交通の実現を図ります。

バス利用者は平成2年から平成22年までで約65パーセント減少。平成12年から平成22年までの10年間でも約40パーセント減少している
バス利用者数の推移

バス運行便数は平成13年から平成24年までで約20パーセント減少している
バス運行便数の推移

市報にいがた2412号(平成25年5月19日)掲載

関連リンク

このページの作成担当

都市政策部 都市交通政策課
〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル5階)
電話:025-226-2723 FAX:025-229-5150

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る