このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

連載第9回 連節バスの性能は?

最終更新日:2013年7月5日

 本市がBRT運行区間で導入を目指している連節バスは、低床型の車両が2両連結する構造で、路線バス約2台分の輸送力があります。

 右左折は路線バスとほぼ同様にでき、スリップやジャックナイフ現象(連節部分が“くの字”に折れ曲がる現象)を防止する機能が備わっています。雪道にも対応可能で、ストックホルム(スウェーデン)やバンクーバー(カナダ)など雪の降る地域での運行状況などからも、大きな支障はないと考えられます。

 乗降口は3つあり、車いすなどでも利用しやすいようスロープを取り付けることもできます。

 連節バスを製造しているメーカーは現時点で国内になく、外国製となります。外国製に対する心配の声も寄せられていますが、その性能や国内外の運行実績から見ても、特別故障しやすいものではありません。車両選定の際には、メンテナンス体制なども十分に考慮します。


市報にいがた2419号(平成25年7月7日)掲載

関連リンク

このページの作成担当

都市政策部 都市交通政策課
〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル5階)
電話:025-226-2723 FAX:025-229-5150

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る