このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

消毒用アルコールの安全な取扱いについて

最終更新日:2020年4月17日

 新型コロナウィルス感染症の発生に伴い、手指の消毒のため消毒用アルコールを使用する機会が増えています。 
 一般に消毒用アルコールは、消防法の危険物第四類アルコール類に該当するものが多く、物質として、次の特性があります。

◎アルコールの火災予防上の特性 
 1 火気に近づけると引火しやすい。 
 2 アルコールから発生する可燃性蒸気は空気より重く、低所に滞留しやすい。

 これらの特性に十分注意の上、安全に取り扱ってください。

《火災予防上の注意点》
 1 消毒用アルコールを使用するときは、火気の近くで使用しないようにしましょう。
 2 消毒用アルコールを容器に詰め替える場合は、漏れ、あふれ又は飛散しないよう注意しましょう。
   また、詰め替えた容器には「消毒用アルコール」であること、「火気厳禁」などの注意事項を記載してください。
 3 消毒用アルコールの容器を設置・保管する場所は、直射日光が当たる場所や高温となる場所を避けましょう。
 4 消毒用アルコールの容器を落下させたり、衝撃を与えたりすることのないようにしましょう。
 5 室内の消毒や消毒用のアルコールの容器詰替えなどにより、アルコールの可燃性蒸気が滞留するおそれがあります。
   換気を行うなど可燃性蒸気の滞留を防ぎましょう。

《多量に貯蔵・取扱いをする場合》
 消防法上の危険物に該当する消毒用アルコールは、貯蔵・取扱い量によっては、消防法又は、新潟市火災予防条例の規制を受けることから、事前に消防局、各消防署にご相談をお願いします。

 1 消防法の規制を受ける数量
   400リットル以上の貯蔵・取扱いを行う場合
 2 新潟市火災予防条例の規制を受ける数量
   80リットル以上の貯蔵・取扱いを行う場合

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

消防局 予防課
〒950-1141 新潟市中央区鐘木257番地1
電話:025-288-3230 FAX:025-288-3215

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る