このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

食肉は十分加熱しましょう

最終更新日:2013年12月6日

生肉には食中毒を起こす細菌(※注)がついている可能性があります。

※注:過去に起こった食肉を原因とする食中毒の病原細菌には、腸管出血性大腸菌カンピロバクター、サルモネラなどがあります。

以下のポイントに注意して、食中毒を防ぎましょう。

よく加熱して細菌を死滅させましょう!

 もし生肉に細菌がついていても、十分に加熱すれば死滅します
 食肉や内臓などを調理する際には中心部まで十分に加熱(目安は75℃で1分以上)し、生肉や加熱不足のものは食べないようにしましょう。

バーベキューや焼肉では、食肉の焼け具合に特に注意しましょう!

二次汚染にも気をつけましょう!

 「二次汚染」とは、生肉についた細菌が他の食材などについてしまうことをいいます。
 もし生肉に細菌がついていたら・・・

例1)焼肉の時に、一度生肉を扱ったお箸でそのままご飯を食べる
→ご飯と一緒に細菌も口へ・・・?!

例2)調理の時に、生肉を切った包丁やまな板でサラダの野菜をカットする
 →まな板からサラダへ→サラダについた細菌が口へ・・・?!

二次汚染しないために

  • 生肉を扱う箸と食べる箸を分けましょう。
  • 生肉を取り扱った後は、調理器具や手指を洗剤でしっかりと洗いましょう。

症状がある場合は医療機関を受診し、保健所にもご連絡ください。

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

保健衛生部 保健所食の安全推進課
〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号
電話:025-212-8226 FAX:025-246-5673

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る