このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

A型肝炎ウイルスについて

最終更新日:2012年6月1日

感染経路

  • A型肝炎ウイルスはA型肝炎の原因となるウイルスです。A型肝炎ウイルスがふん便中に排出され、そのふん便に汚染された水、飲食物を介して感染します。
  • 潜伏期間は2~8週間です。

症状

  • 主な症状は、発熱、下痢、けん怠感、食欲不振、黄疸(おうだん)などですが、はっきりせず、かぜの症状とまぎらわしいことも多いです。
  • 発熱のみの場合や、症状が出ないこともあります。
  • 劇症肝炎になることもありますが、肝硬変から肝臓ガンになることはありません。

原因食品

  • A型肝炎ウィルスに汚染された水、野菜、果物及び魚介類などがあげられます。

予防

  • 食品は85度より高い温度で1分以上加熱しましょう。
  • 魚介類等の食品は、生食用か加熱用かよく見てから調理をしましょう。
  • 生ものを調理した調理器具は、次亜塩素酸ナトリウム溶液(500~5000ppm)等で消毒しましょう。
  • 感染者が使った食器や衣類などの共用は避け、煮沸や次亜塩素酸ナトリウムなどで消毒しましょう。
  • トイレの後、食事の前、料理を作る前、オムツ替えの後などには、よく手を洗いましょう。

消毒液の作り方

  • 500mlの容器を用意します。
  • 塩素系漂白剤(ブリーチ、ハイター等)約10mlを容器に入れ、水を満たせば0.1%(1000ppm)の塩素濃度の消毒液ができます。
  • 作った消毒液はその日のうちに残さず使い切りましょう。

このページの作成担当

保健衛生部 保健所食の安全推進課
〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号
電話:025-212-8226 FAX:025-246-5673

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る