このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

新型コロナウイルス感染症ワクチン接種について

最終更新日:2021年2月26日

新潟市の新型コロナウイルス感染症ワクチン接種についてお知らせします。

お知らせ

  • 接種の流れ、住民票所在地以外での接種、基礎疾患について追加しました。(2月26日)
  • 新潟市の新型コロナウイルス感染症ワクチン接種に関するページを開設しました。(2月22日)

ワクチン接種に便乗した不審電話など詐欺行為にご注意ください

ワクチン接種には一切費用はかかりません。保健所や市役所の職員がワクチン接種に関して金銭を要求することはありません。不審な電話などがあった場合は、最寄りの警察署にご相談ください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナウイルスワクチンに便乗した詐欺にご注意ください(新潟県ホームページ)(外部サイト)

新型コロナウイルス感染症ワクチン接種に向けた体制整備を進めています

 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種は、厚生労働大臣の指示のもと、都道府県の協力により、市町村において実施することとされています。
 新潟市では、ワクチンの速やかな接種実施に向けて、国からの情報を収集し、新潟県と連携しながら接種体制の整備を進めています。接種開始時期や接種場所などについては、現在調整中のため、決まり次第順次このホームページや市報にいがた(3月28日臨時発行号)などでお知らせします。現時点で国からの情報に基づいてお知らせできる内容は以下のとおりです。

接種対象者・順番

ワクチン接種は16歳以上の全ての市民が対象となります。
現時点で国が示している対象年齢や優先順位は以下のとおりです。

  1. 医療従事者等
  2. 高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
  3. 高齢者以外で基礎疾患のある方や高齢者施設等に従事されている方
  4. それ以外の方(16歳以上)

※詳しくは外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。接種についてのお知らせ(厚生労働省ホームページ)(外部サイト)をご確認ください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。医療従事者等のへの接種について(厚生労働省ホームページ)(外部サイト)

接種の流れ

  1. 接種に必要な接種券(クーポン券)が住民票の住所に届く
  2. 電話やインターネットで接種会場に接種予約をする
  3. 接種券を持って予約した日時に接種会場へ行き接種を受ける

接種券(クーポン券)

ワクチン接種には接種券が必要です。
国が示す優先順位を踏まえ、対象者へ順次接種券の発送を予定しています。
原則、接種券は住民票所在地の住所に発送されます。
高齢者の方には、3月下旬に発送予定です。
接種券はなくさないように大切に保管してください。

接種費用

無料

接種回数

1人2回同じ種類のワクチンの接種が必要です。ワクチンの種類により、3週間から4週間の間隔での接種となります。

接種場所

原則として、住民票のある市町村でのワクチン接種となります。
市内の医療機関(個別接種会場)または臨時に開設する接種会場(集団接種会場)での接種を予定しています。接種が受けられる医療機関や会場は決まり次第、順次お知らせします。

住民票所在地以外での接種

入院・入所中の方、単身赴任者している方、遠隔地へ下宿している学生など、やむを得ない事情により住民票所在地以外に長期滞在している方は、事前の申請などにより実際に居住している市町村で接種を受けることができます。詳しい申請方法などは、決まり次第お知らせします。
新潟市に住民票があり、市外の居住地で接種を希望される方は、実際に居住している市町村にご確認ください。

また、住民票、戸籍に登録がない等の事情があり、接種券の発行を受けることができないやむを得ない事情がある方は、居住地の市町村に申請することにより接種券の発行を受けることができます。詳しい申請方法などは、決まり次第お知らせします。

基礎疾患がある方とは

基礎疾患のある方は、高齢者の次に接種が開始される予定です。基礎疾患のある方とは、次のいずれかにあてはまる方です(令和3年2月1日時点の案であり、変更となる可能性があります)。
(1)以下の病気や状態の方で、通院または入院している方

  1. 慢性の呼吸器の病気
  2. 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  3. 慢性の腎臓病
  4. 慢性の肝臓病(脂肪肝や慢性肝炎を除く)
  5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
  6. 血液の病気(鉄欠乏症貧血を除く)
  7. 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)
  8. ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  9. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  10. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸器障害等)
  11. 染色体異常
  12. 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  13. 睡眠時無呼吸症候群

(2)基準(BMI30以上)を満たす肥満の方
BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
BMI30の目安:身長170センチメートルで体重87キログラム、身長160センチメートルで体重77キログラム

接種を受ける際の同意

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種には、本人の同意が必要です。ワクチンの効果と副反応のリスクについてご理解いただいたうえで、自らの意思で接種を受けていただきます。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。何らかの病気で治療中の方や、体調など接種に不安がある方は、かかりつけ医等にご相談の上、ワクチン接種を受けるかどうかお考えください。
詳しくは外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナワクチンの有効性・安全性について(厚生労働省ホームページ)(外部サイト)をご覧ください。

新潟市新型コロナウイルス感染症ワクチン接種コールセンターの設置について(令和3年3月28日開設予定)

新潟市では、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種に関する専用コールセンターを令和3年3月28日に開設を予定しています。電話番号や受付時間など詳しくは、決定次第お知らせします。

なお、現在感染症拡大を受け電話対応がひっ迫しています。
ワクチン接種に関するお問い合わせについては、国等のホームページやお知らせのほか、厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター(0120-761770)に問い合わせいただくか、3月28日開設予定の新潟市ワクチン接種コールセンターへお願いします。

国・県からの最新情報

新型コロナウイルス感染症ワクチン接種に関する国からの最新情報やQ&Aは、以下のページをご覧ください。

このページの作成担当

保健衛生部 保健所保健管理課

本文ここまで

サブナビゲーションここから

新型コロナウイルス感染症ワクチン接種

  • 新型コロナウイルス感染症ワクチン接種について

このページを見ている人は
こんなページも見ています

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る