フレッシュフードシェア~食品ロス削減と子ども食堂支援~

最終更新日:2024年5月31日

フレッシュフードシェアとは

農家や家庭菜園で余っている野菜などの寄付を受け付け、子ども食堂へ提供する取り組みです。
未利用食品を活用することで食品ロスを削減するとともに、子ども食堂への支援を行います。

開催の様子

農家から食品の提供

野菜・お米をはじめとした未利用食品
(例:古米・規格外などの理由で市場に出回らない野菜)

子ども食堂への配布

子ども食堂での活用事例

寄付された野菜等は、市内の子ども食堂で活用されています。

・学生ボランティアの協力による、子ども食堂支援

・規格外野菜で作ったカレーの提供

地域で一緒にフレッシュフードシェアを開催してくれる方を募集しています!

このページの作成担当

環境部 循環社会推進課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館2階)
電話:025-226-1423 FAX:025-222-7032

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで