このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

児童相談所 会計年度任用職員募集(令和3年度)

最終更新日:2021年3月31日

児童相談所で令和3年度から勤務する会計年度任用職員を募集します。

一時保護所生活支援業務、一時保護所指導当直業務の職員を募集します。
下記の受験要件等をご確認してお申し込みください。

職種

一時保護所生活支援業務(A)

業務内容

児童福祉法に基づく一時保護所における入所児童の相談、生活支援、保育、学習支援等の関連業務

採用人数

1名(女性)
※業務を遂行する際に風紀上、女性のみに従事させることが必要

一時保護所指導当直業務(B)

業務内容

児童福祉法に基づく一時保護所における入所児童の相談、生活支援、保育、緊急対応等の夜間当直業務

採用人数

1名(女性)
※業務を遂行する際に風紀上、女性のみに従事させることが必要

受験資格(共通)

社会福祉主事の任用資格を有する者、社会福祉士、精神保健福祉士、教員の資格を有する者(採用時までに資格取得見込みを含む)

ただし、次の各項のいずれかに該当する人は受験できません。

  • 禁錮以上の刑に処され、その執行を終わるまで、又はその執行を受けることがなくなるまでの者
  • 新潟市職員として懲戒処分の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
  • 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

任用期間(共通)

採用日から令和4年3月31日まで

  • 地方公務員法が適用されるため、採用はすべて条件付での採用となり、原則として採用から1か月間を良好な成績で勤務した時に、初めて正式採用となります。
  • 任用期間中の勤務実績が良好な場合、非公募による再度の任用(翌年度の任用)を4回まで行う場合があります。

報酬・手当等

本市職員として在職期間がある場合、その職歴に応じて報酬月額を決定します。報酬のほか、各種手当(夜間勤務手当、期末手当、時間外勤務手当、通勤手当)が対象となり一定の要件等を満たす場合に支給となります。

報酬(月額) 153、045円~172、129円(地域手当を含む。)

試験日時及び試験会場(共通)

日時:受験申込み後、試験日を別途お知らせします。
会場:新潟市児童相談所(新潟市中央区川岸町1丁目57番地1)

試験内容(共通)

作文試験及び個別面接試験

申し込み(共通)

  • 受験申込期間は、令和3年3月31日(水曜)から随時、受け付けします。
  • 所定の受験申込書を郵送(必着)又は児童相談所へ直接持参してください。
  • 簡易書留や特定記録郵便など確実な方法で郵送してください。
  • 直接持参の受付時間は、土曜・日曜・祝日を除く、午前8時30分から午後5時30分までです。

詳しくは下記の試験案内・受験申込書をダウンロードし内容をご確認ください。

試験案内・受験申込書

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

児童相談所
〒951-8133 新潟市中央区川岸町1丁目57番地1
電話:025-230-7777 FAX:025-230-7823

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

妊娠・出産・子育てのお知らせ

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る