人材育成・研修制度

新潟市では、職員を育成する基本方針を定め、その中で「求められる人材像」を明確にしています。「求められる人材像」をめざして必要な能力を高めるために、職員一人ひとりが主体的に自己の能力開発に努めるとともに、研修と配属・異動・昇任を連携させながら、その能力を最大限に発揮できるようなサポートをしています。

NEED

求められる人材像

人材の
基本理念
市民と行政を結ぶ 市民から信頼される
新潟市職員

求められる人材像

  • 「コンプライアンス」 法令、倫理、社会規範への適応性

    市民から信頼される新潟市職員として、単に法令を遵守するだけではなく、倫理や社会規範等に適応し、急速な社会の変化に対応できる人材。

  • 「フロンティア精神」 新しい時代を切り拓く力

    これまでの行政の概念のみにとらわれず、幅広い視点で発想できる創造的思考を持ち、自分たちの道を自分たちの力で切り拓くことのできる情熱あふれる人材。

  • 「パートナーシップ」 市民と協働によるまちづくり

    市民との協働によるまちづくりを進めるため、市民の声を敏感に感じ取り、市民の立場で考え共感することができる感受性と、職員の立場でアドバイスできる専門性の両面性を併せ持つ人材。

PROGRAM

人材育成プログラム

配属・異動・昇任 キャリア形成を意識した人事配置

配属・異動・昇任 配属・異動・昇任
採用~概ね10年

異なる職場で業務経験をすることで幅広い視野や能力を身につけます。
採用後概ね10年間は、区役所を含む様々な分野の職場に原則3ヶ所異動します。

採用後概ね10年経過後

採用10年経過後は、それまでのキャリアを重視して、異動を行います。
昇任は勤務成績などを考慮して行われています。最も早い人は係長昇任選考試験に合格すると32歳で係長に昇任します。

職員研修 能力育成のための効果的な研修を実施

職場外研修
階層別研修 配属・異動・昇任 配属・異動・昇任
新任職員研修

新潟市職員としての心構えや態度、基本的知識の習得

採用2年目研修

職務遂行能力の強化

採用5年目研修

創造的な政策形成能力の基礎を習得

採用8年目研修

政策立案の具体的手法を学び、政策形成能力を養成

採用後概ね10年経過後

各階層に求められる能力や知識が向上できるよう、在職年数や役職に応じた研修を実施しています。

公募式研修

希望する職員が受講する研修で、必要な事務基礎能力の養成や、資質・能力の向上のための各種研修を実施しています。

《 研修の例 》
文書実務研修 / 女性キャリアマネジメント研修 / LGBT研修 / 政策法務基礎研修 / ICT研修 など

派遣研修

高度な専門知識を備えた職員を育成するため、外部機関や大学等への派遣研修を実施しています。また、国や県、他政令市などへの派遣や海外拠点事務所、東京事務所への勤務希望を出すこともできます。

他の政令市で活躍する職員の声
勝山 理弥
【派遣】堺市役所 文化観光局 世界文化遺産推進室 勝山 理弥

派遣先の堺市では、国内最大の古墳である仁徳天皇陵古墳を含む「百舌鳥・古市古墳群」の2019年7月の世界遺産登録をめざし、大阪府などの関係自治体や、民間団体とともに様々な取組みを進めています。これまでの勤務経験にはなかった考古学や歴史学的な観点から、文化財の価値と魅力を学ぶ機会となり、その発信方法や、まちづくり・観光など関連分野での事業についても新潟市に還元できるよう知見を深めています。

職場研修

各所属において、日常の仕事を通じた個別指導や、業務に必要な知識や技術などに関する研修を実施しています。
また、新規採用職員には、先輩職員が育成や指導に当たる「新規採用職員 育成担当者制度」を設けて、サポートをしています。

先輩がサポート!新規採用職員 育成担当者制度

新規採用職員が早く職場に慣れ、仕事の目的を理解し業務をスムーズに行えるように、先輩職員が業務に関するノウハウや職員としての心構え・態度等を指導します。また、身近な相談相手となり、精神的な支えとしての役割も果たします。

育成担当者制度
中央区役所 地域課
左:先輩職員 神田 美智子(2014年度採用)
右:新規採用職員 福田 あずみ(2018年度採用)
自己開発支援

能力向上に意欲的な職員を支援する制度です。
資格取得や通信教育受講などにかかる経費の一部を補助したり、グループでの研究活動を支援したりしています。

《 研修の例 》
通信教育受講支援 / 放送大学受講助成支援 / 自主研究グループ支援 / 資格取得支援 など

ページトップへ戻る