先輩社員メッセージ

  • 一般行政
  • 社会福祉
  • 精神保護福祉相談員
  • 土木
  • 建築
  • 電気
  • 機械
  • 化学
  • 農業
  • 心理
  • 消防士
  • 学校事務
  • 保育士
  • 獣医師
  • 栄養士
  • 保健師
  • 薬剤師(行政)
一般行政
  • 職務内容

    市全般に係る施策の企画・調整や予算の編成、農業・商業・工業や文化・スポーツの振興、地域福祉、税、保険、年金や環境、戸籍など、行政全般の幅広い業務に従事します。

  • 主な配属先

    すべての職場

渡邉さん
担当業務

新潟市の固定資産税算出に関わる業務を行っています。私は、固定資産の中でも、主に家屋を担当しており、新築の家屋を実際に訪問し調査をしています。そして、その結果をもとに固定資産税を算出するための評価を行います。

(2021年1月取材・撮影のため一時的にマスクを外しています)

Q.仕事のやりがいは?

固定資産税は、市税収入の約4割を占めています。その固定資産税の税額を算出するための業務に携るということは、厳正さが求められ、緊張感がありますが、同時にやりがいを感じることもできます。

仕事のやりがい
Q.志望動機は?

漠然と、生まれ育った新潟市で人の役に立つ仕事に就きたいと考えていました。実際に業務内容説明会や区役所を訪れた際、市民と密接にかかわり、丁寧で相手を思いやる対応をしている職員に大変魅力を感じました。そこで、私も市職員の一員となり、市民に貢献したいと考え、志望しました。

志望動機
一日の予定

※勤務時間についてはこちらのよくある質問をご覧ください。

新潟市職員のホンネ
Q.入庁前後のギャップは?

市民と直接関わる機会が思っていた以上に多いことです。淡々と事務作業を行うだけではなく、窓口業務や戸別訪問で市民と関わることが多いため、市民の声を間近に聞くことができる職業だなと思いました。

Q.公務員試験の勉強をいつから始めた?

大学3年生の春から公務員講座を受講していました。冬(1月頃)になってから本格的に勉強を始め、問題集や面接練習に取り組みました。

トップへ戻る
水谷さん
担当業務

私は、主に女性の防災意識の向上・啓発業務を担当しています。親子で学べる防災講座を小学校でPTAと一緒に実施するなど、若い女性の参画を促すとともに日頃の備えの大切さを伝えています。また、庶務業務も担当しており、経費の支払いや出張処理、職員情報の変更手続きなども行っています。

(2020年1月取材)

Q.仕事のやりがいは?

災害対応業務を担っている部署なので、災害が発生する恐れがあるときや発災時には夜間休日関係なく登庁します。災害対応に当たる際は緊張しますが、市民の安全を守る大切な仕事であることにやりがいを感じ、精一杯取り組んでいます。

仕事のやりがい
Q.志望動機は?

大学時代、新潟市の食の魅力を様々な人に発信する活動を通じて、地元新潟市の魅力を知ってもらうことに喜びとやりがいを感じました。市民の皆さんにとって今以上に市への愛着と誇りを持ってもらえるよう、暮らしに密接している多くの業務に携わることのできる市職員として、市の魅力や取り組みを伝えていきたいと思い、志望しました。

志望動機
一日の予定
新潟市職員のホンネ
Q.入庁前後のギャップは?

危機管理防災局員19名中、女性職員が2人という少なさに最初は驚きました。(女性の多い部署ももちろんあります。)だからといって、居づらい雰囲気はなく、困ったときには上司や先輩職員にいつでも相談できる職場環境はありがたいです。

Q.公務員試験の勉強はいつから始めた?

大学3年生の春から公務員講座を受講していたものの、本格的に勉強を始めたのはサークル活動の落ち着いた11月からでした。

トップへ戻る
媚山さん
担当業務

私は西蒲区の防災業務を担当しています。主に地域の自主防災会の活動に参加して講話や非常用持ち出し品の説明等を行い、地域の防災力向上を支援しています。その他にも、防犯や交通安全業務を担当し、安心・安全なまちづくりに向けて仕事をしています。

(2019年1月取材)

Q.仕事のやりがいは?

地域が抱えている課題に対し支援できることにやりがいを感じています。特に課題を解決していく中で、地域住民の方々から直接感謝の言葉をいただく機会があると、今後もより仕事に励んでいこうと思います。

仕事のやりがい
Q.志望動機は?

市の職員は、教育・福祉・防災など様々な行政サービスを通して、市民が暮らしやすいように地域の課題を解決することができる魅力ある仕事だと考えています。私は、県外の大学に進学しましたが、地元である新潟市に戻り、市民がよりよい生活を送るために市の職員として仕事を進めていきたいと思い、志望しました。

志望動機
一日の予定
新潟市職員のホンネ
Q.入庁前後のギャップは?

入庁前は事務的な仕事を淡々と進めていくイメージがありました。しかし、入庁してからは地域住民の方々と相談しながら仕事を進めていくことが多いと感じるようになりました。地域のためにどんなことをしたらよいのか、試行錯誤しながら仕事をしています。

Q.公務員試験の勉強はいつから始めた?

私は試験の約半年前から勉強を始めました。大学では理学の専攻だったので、苦手である民法などの専門科目を重点的に勉強しました。

トップへ戻る
武石さん
担当業務

私は、当市の財団や金融機関、商工団体などの関係機関と協力して、創業支援を行っています。創業したい方のお問合せに、市だけでなく、国・県も含めた様々な支援制度をご案内したり、創業者への証明書の発行や支援内容の情報発信、創業した方を対象とした交流会の企画などを行っています。

(2019年1月取材)

Q.仕事のやりがいは?

窓口で対応させていただいた創業者様が、お店をオープンされたり、ご活躍されているお話を聞くと嬉しく思います。

仕事のやりがい
Q.志望動機は?

私自身にも子供がおりますが、これからの子供たちが将来ここで働きたい、住みたいと思える魅力ある市であるために、私も何か力になりたい、考えていきたいと思ったからです。また、民間で働いていた経験により、また別の視点から行政の仕事に関わっていければと思い志望しました。

仕事のやりがい
一日の予定

※勤務時間についてはこちらのよくある質問をご覧ください。

新潟市職員のホンネ
Q.大変だった仕事は?

1年目に前年度の決算業務を取りまとめたことです。前年度の事業内容もわからないところからのスタートでしたが、周りの方にフォローしていただき、無事に終えることができました。

Q.仕事をして、市職員として成長したところは?

市民の方から日々さまざまなお問い合わせをいただきますが、求められている情報の提供や説明のほか、担当部署へのご案内など的確に対応できるようになりました。

トップへ戻る
社会福祉
  • 職務内容

    福祉施策の企画・総合調整や、福祉部や区役所健康福祉課等における生活相談、生活指導や生活保護に関すること等の業務に従事します。

  • 主な配属先

    福祉部・区役所健康福祉課及び保護課 等

石坂さん
担当業務

私は生活保護のケースワーカーとして市民の方が“その人らしい生活が送れるよう”支援をしています。生活費としての金銭給付だけでなく、家庭訪問や電話で利用者の悩みに寄り添いながら生活状況や課題を把握し、病院、障がい・介護サービス事業所など庁外や地域の方を含む様々な支援者と協力してチームで支援を行っています。

(2019年1月取材)

Q.仕事のやりがいは?

ケースワークは、正解がなく難しさもありますが、「ありがとう」、「担当してもらってよかった」等のやさしい言葉をかけていただいたとき一番やりがいを感じます。

仕事のやりがい
Q.志望動機は?

新潟市出身で、大学は県外に行っていました。県外で生活している中であらためておいしい食べ物があり、やすらぎ堤や古町などすてきな場所がある新潟市が好きだと感じました。そしてお世話になった方がたくさんいる新潟市で人々の暮らしを支える福祉の仕事をしていきたいと思いました。

志望動機
一日の予定
新潟市職員のホンネ
Q.大変だった仕事は?

生活課題が多く、支援拒否がある方への対応はいつも悩みます。支援チームで共有・協議を繰り返し、支援が進んだときにチームで分かち合う喜びは格別です。

Q.仕事をして、市職員として成長したところは?

福祉の仕事は市民の方の生活に入りこむ仕事です。支援をする立場ではありますが、人生経験豊かな高齢者の方など様々な方との関わりの中での学びが多くあり、福祉職としてだけでなく、人として成長させてもらっています。

トップへ戻る
精神保健福祉相談員
  • 職務内容

    こころの健康センター等で、精神保健の相談に応じ、助言、指導、訓練等の業務に従事します。

  • 主な配属先

    保健衛生部・区役所健康福祉課 等

小杉さん
担当業務

私は主に、精神科受診に関する相談や精神科受診を中断している方へ受診を促す受診勧奨、また自傷他害のおそれのある精神障がい者に対して行う入院措置に係る業務等を行っています。他にも、入院措置となった方が退院後に安定した生活を送れるように、精神科病院や関係機関と連携して環境調整を行っています。

(2019年1月取材)

Q.仕事のやりがいは?

こころの調子を崩した方が、受診勧奨や入院措置により適切な医療につながり、徐々に回復していくと嬉しさとともにやりがいを感じます。

仕事のやりがい
Q.志望動機は?

大学で精神保健福祉について勉強をしていく中で、将来は学んだ事を生かせる仕事をしたいと考えるようになりました。施設や病院での実習を通して、「地域の精神保健福祉により広く携わることができるのは行政機関ではないか」と感じ、また生まれ育った新潟市に貢献したいといった思いもあり、市職員を志望しました。

志望動機
一日の予定
新潟市職員のホンネ
Q.入庁前後のギャップは?

形式的な支援を行うイメージがありましたが、臨時で訪問を行ったり緊急の来所相談に応じたりとケースや状況に合った支援を行っています。また、円滑に支援が行えるように関係機関と密に連絡を取り合っています。

Q.公務員試験の勉強はいつから始めた?

本格的に始めたのは大学4年の春からでした。苦手な分野に重点をおき、同じ問題集を使って繰り返し勉強しました。

トップへ戻る
土木
  • 職務内容

    道路・公園・橋梁・下水道の建設・改修工事の計画、設計、監督、都市計画の企画や調整、市街地整備等の業務に従事します。

  • 主な配属先

    都市政策部・土木部・下水道部・区役所建設課 等

剱物さん
担当業務

私は、まちづくり業務の一環で東区内の看板(屋外広告物)に関する手続きや、区内の宅地開発等に関する審査や助言を行っています。東区の街並みを守るために適切な指導ができるよう、心掛けています。また、地域の方と道路や公園の未来について勉強会を行っています。

(2021年1月取材・撮影のため一時的にマスクを外しています)

Q.仕事のやりがいは?

自分が許可を担当した看板や宅地開発が実際に街中に出来ているのを見るとやりがいを感じます。また、地元の方と地域の道路や公園などの勉強会を行い、その地域の未来を考えるとわくわくします。

仕事のやりがい
Q.志望動機は?

私は大学進学時に地元である新潟市を離れました。一度離れたことによって客観的に新潟市の魅力を再確認しました。新潟市はこれからも政令指定都市として発展すると考え、その発展に自ら関わっていきたいと思いました。また、道路や都市計画に元々興味があったので土木職として市職員を志望しました。

志望動機
一日の予定
新潟市職員のホンネ
Q.入庁前後のギャップは?

入庁前は工事の発注等が主な仕事だと思っていましたが、実際は看板や宅地分譲に関する仕事、地域の方との勉強会など業務が多種多様でした。

Q.公務員試験の勉強をいつから始めた?

私は大学3年生の秋まで部活をしていたので、冬になって引退した後から勉強を始めました。毎日継続して勉強するように心がけました。

トップへ戻る
建築
  • 職務内容

    公共施設の建築及び改修に係る企画、調査、計画、設計、工事監理、建築指導、建築審査等の業務に従事します。

  • 主な配属先

    都市政策部・建築部 等

塩谷さん
担当業務

私の業務は、公共施設の設計や工事監理等の建築営繕業務で、主に学校や生涯学習施設等の新設・改修工事における設計積算、及び現場監督を行っています。施設を利用する方々の意見要望を聞きながら、より使いやすい公共施設を目指し、整備を進めています。

(2019年1月取材)

Q.仕事のやりがいは?

工事が完了し、施設を利用する方々から感謝の言葉をいただいたり、喜んで利用している姿を見るとやりがいを感じます。

仕事のやりがい
Q.志望動機は?

建築の分野で人々の役に立ちたいと考えたとき、行政の立場でしかできない公共施設の整備や、まちづくりに携わりたいという思いが強く生まれました。それまで東京で民間企業に勤めていましたが、地元新潟市へ貢献したいと思い、Uターンで新潟市役所を志望しました。

志望動機
一日の予定
新潟市職員のホンネ
Q.大変だった仕事は?

施設を利用する方々の意見を集約することです。市民からの意見は様々で、皆さんが納得のいく方向性を決めるには多大な時間を要しますが、その分、達成感も大きいです。

Q.仕事をして、市職員として成長したところは?

様々な関係部署や、設計事務所・工事受注者の方々とやり取りをしながら業務を進めていくため、建築職としての専門的なノウハウが非常に身に付いたと感じています。

トップへ戻る
電気
  • 職務内容

    公共施設の電気設備工事の設計、監理、電気設備の整備、運転保守等の業務に従事します。

  • 主な配属先

    環境部・建築部・下水道部 等

田岡さん
担当業務

私は、主に学校や生涯学習施設などの公共施設に関する電気設備工事の設計、監理をする仕事をしています。改修が必要な建物に対して現地調査を行い、施設側の方と打合せをしながら計画、設計を行い、工事が始まったら監理を行います。

(2019年1月取材)

Q.仕事のやりがいは?

担当した改修工事で、改修範囲が少しずつ広がって、完成していくところを自分の目で見たときに、とてもやりがいを感じました。

仕事のやりがい
Q.志望動機は?

私は新潟市出身で大学では電気工学を専攻していました。電気に関する講義を受けるなかで、自分が勉強していることを活かして、政令指定都市新潟の発展に貢献できないかと思い、市職員を志望しました。

志望動機
一日の予定
新潟市職員のホンネ
Q.入庁前後のギャップは?

与えられた仕事をマニュアル通りに進めていくイメージでしたが、現場ごとで課題が変わってくるので、それに応じてより良い対応が出来るよう心がけています。

Q.公務員試験の勉強はいつから始めた?

大学3年生の春から勉強を始めました。講義と講義の間で時間が空いている時など隙間時間を見つけて勉強を行いました。

トップへ戻る
機械
  • 職務内容

    公共施設の機械設備工事の設計、監理、機械設備の整備、運転保守等の業務に従事します。

  • 主な配属先

    環境部・建築部・下水道部 等

小柳さん
担当業務

私の業務は、公共施設における機械設備(空調や給・排水)等の改修工事の設計監理及び工事発注、工事監理です。デスクワークもありますが、現場での立ち会いなど、庁外に出る仕事もあります。

(2019年1月取材)

Q.仕事のやりがいは?

自分自身が設計から工事監理まで関わった物件が竣工した際に、とてもやりがいを感じます。1つのものを完成させるということは、業務をしていく上でとてもやりがいになりますし、達成感も得ることができます。

仕事のやりがい
Q.志望動機は?

私は、生まれも育ちも新潟市です。そんな長年過ごしてきた新潟市が私はとても大好きでした。自分が就活を始める際に、ここまでお世話になった新潟市へ恩返しをしたいという気持ちが強く、そのため新潟市の職員になろうと決めました。

志望動機
一日の予定
新潟市職員のホンネ
Q.入庁前後のギャップは?

入庁前は市役所の仕事の詳細がなかなか伝わってこなかったので、あまりギャップを感じたことはありません。それでも、デスクワークだけでなく現場に出ることが多いことは驚きでした。

Q.公務員試験の勉強はいつから始めた?

大学3年生の冬からだったと思います。技術職なので、専門科目に力を入れ、合間を見つけて教養科目の勉強をしていました。

トップへ戻る
化学
  • 職務内容

    環境問題や環境汚染の防止等に関する企画、指導、調査、研究、水質検査、水質管理等の業務に従事します。

  • 主な配属先

    環境部・保健所・下水道部 等

坂井さん
担当業務

私は主に廃棄物・生活環境・自然環境・環境衛生といった業務に携わっています。市民の方からごみや騒音、鳥獣等について苦情や相談を受け、関係する部署と連携して現場対応や説明等を行っています。化学職の配属先の中では、市民の方との距離が近い職場だと思います。

(2021年1月取材・撮影のため一時的にマスクを外しています)

Q.仕事のやりがいは?

幅広い業務内容であるため、多くの知識が必要となりますが、その分自分で対応できたときにはやりがいを感じます。また、市民の方との距離も近いので、感謝の言葉を直接かけていただくこともあります。

仕事のやりがい
Q.志望動機は?

私は大学時代に環境保全に関する研究をしていました。私が生まれ育った新潟市の豊かな自然環境を守るため、新潟市がより暮らしやすい街になるために、大学で学んだ知識を新潟市に還元したいと思い、新潟市職員を志望しました。

志望動機
一日の予定
新潟市職員のホンネ
Q.入庁前後のギャップは?

私は技術職として採用されたので、庁内での仕事が多いと思っていましたが、配属先によっては、外に出て直接市民の方とコミュニケーションをとりながら進めていく業務も多くあります。

Q.公務員試験の勉強をいつから始めた?

私は大学4年生の春から本格的に勉強を始めました。少しずつでも、毎日勉強することを意識して、専門科目を重点的に行いました。

トップへ戻る
農業
  • 職務内容

    農業施策の企画、計画、実施、生産者に対する指導、現場の技術課題に対する研究等の業務に従事します。

  • 主な配属先

    農林水産部・区役所農業部門・農業活性化研究センター 等

椎谷さん
担当業務

私は、農業分野の中でも特に「人材育成」に関わる仕事をしています。新しく農業を始める方向けに必要な情報を提供したり、研修経費や営農資金など、就農初期にネックとなる資金面を補助したりすることで、市内農業の担い手の確保・育成につながるよう努めています。

(2019年1月取材)

Q.仕事のやりがいは?

新規就農された農家さんたちの様子を見聞きする際にはやりがいを感じるとともに、もっとできることはないかと考えさせられます。

仕事のやりがい
Q.志望動機は?

大学時代、専攻分野の中でも「土壌」に興味を持ったことがきっかけで、生産現場=農業に目を向けるようになり、将来は地元新潟の農業振興に関わる仕事がしたいと考えていました。新潟市が米をはじめ様々な農産物の産地であることや国家戦略特区に指定されたことなどから、それまでの学びを活かしつつ、仕事の幅があって魅力のある現職を志望しました。

志望動機
一日の予定
新潟市職員のホンネ
Q.大変だった仕事は?

果樹産地の後継者不足等の課題解決に向けた検討会に参加したことです。現場の思いをくみ取ることや関係機関との連携に苦慮したものの、今後の仕事の糧となる勉強をさせてもらったと思います。

Q.仕事をして、市職員として成長したところは?

「チームワーク」を意識するようになりました。たとえ一人でパソコンに向かうような時でも他職員や関係機関、現場の状況や関わりを気にしながら、最終的にはチームで結果を出すことが重要と考えています。

トップへ戻る
心理
  • 職務内容

    児童相談所等で、心理検査、面接相談業務、心理判定、指導業務、関係機関と連携した地域援助等の業務に従事します。

  • 主な配属先

    児童相談所 等

塩野入さん
担当業務

私は現在、児童相談所で児童心理司として、心理面接や心理検査、療育手帳の判定を行っています。また、知的障がい者更生相談所としての業務も兼ねているため、18歳以上の方の療育手帳の判定業務も行っています。児童相談所には様々な背景を抱えた方が訪れます。子どもの気持ちに寄り添いながら、問題解決に向けて多角的な視点で考えるよう心掛けています。

(2019年1月取材)

Q.仕事のやりがいは?

個々に応じた支援を行い、子どもたちが子どもらしく成長していく姿や笑顔を見た時にやりがいを感じます。

仕事のやりがい
Q.志望動機は?

大学と大学院で心理学を学び、実習で子どもたちと関わる中で、子どもの発達や人生にとって、子どもを取り巻く環境の大切さに気が付きました。魅力溢れる新潟市で、家族をはじめ多くの人々に働きかけることのできる児童相談所で働きたいと思い志望しました。

志望動機
一日の予定
新潟市職員のホンネ
Q.入庁前後のギャップは?

業務の忙しさやその内容から、職場は常に殺伐とした雰囲気なのではないかと思っていましたが、実際には、どんなに小さな疑問でも優しく丁寧に教えてくださる先輩方がたくさんいる温かい職場です。

Q.公務員試験の勉強はいつから始めた?

私は大学院1年生の秋頃から勉強を始めました。過去問を解いた上で、苦手な分野を中心に対策を行いました。

トップへ戻る
消防士
  • 職務内容

    火災や事故に対する消火、救助活動、救急活動、火災予防、防災活動等の業務に従事します。

  • 主な配属先

    消防局 等

白井さん
担当業務

私は消防隊として勤務しています。火災等の災害に対応するための訓練や、未然に火災を防止するために、事業所への立入検査や広報などを行っています。また、火災時には消火活動だけでなく、指揮隊として現場を統制する活動も行います。

(2019年1月取材)

Q.仕事のやりがいは?

どんな仕事内容でも全てが市民の生命と財産を守ること、そして安心して暮らせる街づくりにつながるので、常にやりがいを感じます。

仕事のやりがい
Q.志望動機は?

新潟市に祖父母の家があるため、幼いころから親しみがありました。2004年の中越地震の被災地で活動する消防士に憧れを抱いたことから消防士を目指し、また県内で就職したいとも考えていました。政令指定都市である新潟市は人口も多く、より多くの人のために働くことができると思い、新潟市消防局を志望しました。

志望動機
一日の予定

※消防士の交代制勤務についてはこちら
→よくある質問「勤務時間はどうなっていますか」

新潟市職員のホンネ
Q.大変だった仕事は?

初めて炎上火災の現場で活動したことです。炎を目の前にして、緊張と不安で活動をすることは大変でしたが、繰り返し行う訓練の大切さを改めて学ぶことができました。

Q.仕事をして、市職員として成長したところは?

市民の方と話をする際に、市民目線に立って話すことを意識するようになりました。自分自身がきちんと理解したうえで、わかりやすく伝えられるように勉強しています。

トップへ戻る
学校事務
  • 職務内容

    市立学校において文書その他の情報管理、予算編成・執行・決算、物品調達、人事・給与・福利厚生等、学校運営全般の業務に幅広く従事します。

  • 主な配属先

    小学校・中学校・中等教育学校・特別支援学校 等

皆川さん
担当業務

学校事務職員として、預り金管理や学校予算管理、給与・旅費計算、各種認定手続き、文書管理、事務職員目線での提案等、幅広い業務を行っています。また、学校の窓口として、保護者や地域の方などの来客対応もあります。学校の顔となるため、笑顔で丁寧な対応を心掛けています。

(2019年1月取材)

Q.仕事のやりがいは?

毎日計画を立て、一つ一つの業務を着実に処理していくことにやりがいを感じます。また、子どもたちの学びに貢献することができた時はとても嬉しいです。

仕事のやりがい
Q.志望動機は?

私は、小学生のいとこと遊び、会話をする中で、子どもと関わることが好きなことに気が付きました。また、高校時代の事務職員の方が笑顔で対応してくれた姿を見て、「自分もこんな笑顔を与えられる人になりたい」と強く思い、学校事務職員を志望しました。

志望動機
一日の予定

※学校事務の勤務時間についてはこちら
→よくある質問「勤務時間はどうなっていますか」

新潟市職員のホンネ
Q.大変だった仕事は?

採用2年目から事務職員が1名の学校に異動となり、年度始めの慌ただしい中、転入職員着任書類の配布、諸手当認定、教材選定等、多岐にわたる業務を1人で行うことが大変でした。ですが、経験を重ねていくことで、業務をこなしていくことができるようになりました。

Q.仕事をして、市職員として成長したところは?

保護者や地域の多くの方と接する機会を重ねていくことで、来客対応・電話対応はスムースになり成長できたと感じています。

トップへ戻る
保育士
  • 職務内容

    市立保育園等での園児一人ひとりの発達に応じた援助指導、子育て支援としての保育に関する相談や助言等の業務に従事します。

  • 主な配属先

    保育園 等

眞島さん
担当業務

私は、保育士として子ども達が安心して過ごせるように日々保育を行っています。子ども達に危険がないよう、環境を設定し一緒に遊びを楽しんだり、保護者の方と協力しながら子ども達の成長を見守っています。また、成長の記録などの事務仕事も行います。

(2019年1月取材)

Q.仕事のやりがいは?

日々の保育の中で、子どもの成長を1番近くで感じられることです。また、その成長を保護者に伝え一緒に喜び合えた時は保育士としてやりがいを感じます。

仕事のやりがい
Q.志望動機は?

公立保育園では、勤務地の異動があります。異動があることによって、様々な保育士の方々や子ども達と触れ合える機会が増えます。いろいろな保育の仕方や考え方を学ぶことができ、常に自分が保育者として成長できる場があることが公立保育園で働く良さであると考え市職員を志望しました。

志望動機
一日の予定

※勤務時間についてはこちらのよくある質問をご覧ください。

新潟市職員のホンネ
Q.入庁前後のギャップは?

想像していたよりも、日々の子どもの成長記録や保育計画などの事務仕事が多いと感じました。しかし、専門書や保育雑誌を参考にしたり職場の先生方に教えていただきながら勉強しています。

Q.公務員試験の勉強はいつから始めた?

私は専門学校2年生の冬頃から勉強を始めました。電車での移動の際や、授業の合間などのスキマ時間を見つけて少しずつ無理のないように行いました。

トップへ戻る
獣医師
  • 職務内容

    動物の愛護及び管理に関する業務、食肉や食品の安全性を確保するための食肉衛生検査や食品衛生に関する業務等に従事します。

  • 主な配属先

    食肉衛生検査所・保健所 等

河井さん
担当業務

私は食肉衛生検査所で「と畜検査」を行っています。と畜検査は食肉センターに搬入された牛や豚等の家畜動物が対象となり、獣医師の資格を持つ「と畜検査員」が全頭を一頭ずつ検査しています。病気が疑われる場合は、さらに精密な検査も行います。検査の他に、衛生的な解体の指導、と畜検査や衛生に関する調査研究、市政教室の開催等の人と関わる業務も行います。

(2019年1月取材)

Q.仕事のやりがいは?

獣医師の専門知識を生かして食の安全を守り、人の役に立てるやりがいのある仕事です。

仕事のやりがい
Q.志望動機は?

新潟市は政令指定都市に移行し、今後さらなる発展があると考えています。新潟市をもっと住みやすい場所にするために、獣医師が得意とする公衆衛生や、動物愛護の分野で役に立ちたいと思い、市職員を志望しました。

志望動機
一日の予定

※勤務時間についてはこちらのよくある質問をご覧ください。

新潟市職員のホンネ
Q.入庁前後のギャップは?

入庁前は「と畜検査」以外に仕事はあるのかな?と思っていました。実際は衛生指導や、と畜検査に関する調査研究など、やるべきことが沢山ありました。今はこれらの業務に取り組めるよう、仕事をしながら勉強も頑張っています。

Q.公務員試験の勉強はいつから始めた?

私は試験日の1年前から勉強を始めました。一日当たりの時間は短くても毎日欠かさず取り組むようにしました。

トップへ戻る
栄養士
  • 職務内容

    区役所、保健所、市立学校等で栄養に関する計画・指導・助言等の業務に従事します。

  • 主な配属先

    保健所・区役所健康福祉課・学校 等

椎谷さん
担当業務

私は、スクールランチという中学校の給食に関する業務を主に担当しています。栄養価や使用食材、味付けや彩りに考慮した献立作成や、メニュー表・給食だよりなどによる食に関する情報の周知を行っています。生徒のみなさんが、安心・安全にスクールランチが食べられること、将来の食生活や食の選択について役立つ情報を提供することを心がけています。

(2019年1月取材)

Q.仕事のやりがいは?

学校訪問で実際に生徒のみなさんがスクールランチを食べている姿を見たときや、感謝の言葉をいただいたときなどに、やりがいを感じます。

仕事のやりがい
Q.志望動機は?

私は大学在学中、食に関する様々な分野を学ぶ中で、生まれ育った新潟市で市民の方々と直接関わりながら、食に関する仕事がしたいと思うようになりました。豊かな自然と豊富な食材に恵まれた新潟市で、幅広い年代の方々に対して様々な分野で関わることができる新潟市の仕事にとても魅力を感じました。

志望動機
一日の予定
新潟市職員のホンネ
Q.大変だった仕事は?

学生に対して食に関する指導を行うことです。限られた時間の中で、興味をひきつつ要点をおさえた指導を行うために、対象者に合わせた資料づくりや指導方法を工夫しています。

Q.仕事をして、市職員として成長したところは?

担当業務をこなすだけでなく、他業務とのつながりや業務に関連する法規・マニュアル、新しい情報についても意識するようになりました。専門的な知識についても、日々勉強していかなければならないと感じています。

トップへ戻る
保健師
  • 職務内容

    保健福祉センター等での訪問指導、健康相談、高齢者の介護に関すること等の業務に従事します。

  • 主な配属先

    保健衛生部・区役所健康福祉課 等

宮嶋さん
担当業務

私は地区担当の保健師として新生児から高齢者まで、地域に暮らす皆さんの健康づくりの支援をしています。家庭訪問を基本に、「地域の茶の間」で健康教育を行ったり、健診等で市民の皆さんが健康でその人らしく生活できるよう支援しています。

(2021年1月取材・撮影のため一時的にマスクを外しています)

Q.仕事のやりがいは?

市民の方からの子育てや健康に関しての相談内容は多岐にわたりますが、解決方法を一緒に考え、悩みが解決できたときにはとても嬉しく、やりがいを感じられます。

仕事のやりがい
Q.志望動機は?

新潟市で学生実習を行った際に、家庭訪問の同行や、特色ある区づくり事業の見学等を通して、健康な生活を支援することについて学びました。実習担当の方から「まだまだ見せられていない仕事がいっぱいあるんだよ」と言われ、新潟市の取組みをもっと知りたい、そして新潟市の保健師になりたいと感じました。

志望動機
一日の予定
新潟市職員のホンネ
Q.大変だった仕事は?

地域コミュニティ協議会と公民館との協働で健康についての学習会を開催し、100人以上の市民の方々の前で健康教育をしたことです。入庁後、初めて大勢の方々の前で話す機会だったため、とても緊張しましたが、貴重な経験となりました。

Q.仕事をして、市職員として成長したところは?

地区担当の保健師として、1年目と同じ地区を継続して担当しています。家庭訪問や健康相談、統計データの分析から地区の特徴を学びました。そして、健康課題の解決のために、地区の特徴をふまえ健康教育や相談対応に活用しています。

トップへ戻る
薬剤師(行政)
  • 職務内容

    衛生環境研究所、保健所等での各種試験・研究、食品衛生、監視指導等の業務に従事します。

  • 主な配属先

    保健所・衛生環境研究所 等

瀬野さん
担当業務

私は、美容所や公衆浴場、クリーニング所等の営業許可や監視業務を行っています。公衆浴場の監視では、管理者から日常の管理状況の聞き取りや、実際に浴槽水の塩素濃度を測定し、衛生管理が適切に行われているか確認しています。

(2019年1月取材)

Q.仕事のやりがいは?

市民の方から今までに事例のない相談や、判断に悩む相談を受ける時がありますが、解決できた時はやりがいを感じます。

仕事のやりがい
Q.志望動機は?

市職員になる前は、病院で「患者」に薬の説明や生活習慣の改善を指導していました。その時に「患者」だけではなく、より多くの方の環境衛生や生活衛生に携わり、健康の維持・向上に役立ちたいと思い、市職員を志望しました。

志望動機
一日の予定
新潟市職員のホンネ
Q.大変だった仕事は?

旅館業法、公衆浴場法、クリーニング業法、美容師法、等々・・、管轄している業務内容が幅広いので覚える法令がたくさんあるのが大変です。

Q.仕事をして、市職員として成長したところは?

他部署の様々な職種の方や市民と話し合う中で、新潟市をより良くするためには、どのようにすればいいか考えながら仕事をするようになりました。

トップへ戻る
ページトップへ戻る