エゾボラモドキによる食中毒の予防について

最終更新日:2012年6月1日

エゾボラモドキ(通称ニシバイ及びバイ)は、唾液腺にテトラミンという毒性物質を含んでいるため、誤った調理法で食べると、頭痛やめまいを起こします。

1 エゾボラモドキ(通称ニシバイ及びバイ)の毒性について

 エゾバイ科の肉食性巻貝のうち寒海で採れる数種(エゾボラモドキ、ヒメエゾボラ、ヒメエゾボラモドキ等)は唾液腺の常成分としてテトラミンを含み、このテトラミンが食中毒の原因となります。

(1)食中毒の症状

頭痛、めまい、船酔感、視覚異常、眼底の痛み、嘔吐。
数時間で回復し、死亡例はありません。

(2)毒成分の所在

 テトラミンは唾液腺にのみ局在します。(食肉性巻貝のエサの消化に関連する物質で、生理的常成分とされており、貝がエサの捕食に際し、そのエサを麻痺させるのに役立つと考えられています。)

(3)唾液腺

 貝殻に接着している外套膜とエラの中央部に、食道、胃を中心にふくらんだ部分があり、その両側に乳白色の銀杏様のものがあって、これが唾液腺です。(食道部を切り開くと両側に一対の唾液腺があります。)

2 食中毒防止対策について

  • エゾボラモドキ(通称ニシバイ及びバイ)の有毒成分であるテトラミンは、唾液腺にのみ局在するので、貝の肉質部を切開し、唾液腺を除去したのち、塩もみし、流水で十分洗浄してから調理をするようにします。
  • 唾液腺は購入時に、お店で除去してもらうと良いでしょう。

このページの作成担当

保健衛生部 保健所食の安全推進課

〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号
電話:025-212-8226 FAX:025-246-5673

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    サブナビゲーションここまで