このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

働きやすい職場づくり推進フォーラム(終了しました)

最終更新日:2020年9月11日

誰もが生き生きと働ける職場を目指して 働きやすい職場づくり推進フォーラムを開催します

働きやすい職場づくりや健康経営に取り組む企業を表彰します。また、白河桃子さん(相模女子大学客員教授)、岡田邦夫さん(NPO法人健康経営研究会理事長)による基調講演のほか、働きやすい職場づくり推進賞、健康経営優秀賞の受賞企業らが取り組み事例を発表するパネルディスカッションも行います。

開催日時

令和2年2月4日(火曜) 午後1時30分から午後5時(開場午後1時)

会場

東区プラザ ホール
(新潟市東区下木戸1丁目4番1号 東区役所2階)

参加費

無料

定員

250名(先着順)
事前のお申し込みが必要です。

お申し込み

新潟市役所コールセンター
電話:025-243-4894
受付時間:午前8時から午後9時(年中無休)
申込期間:令和元年12月19日(木曜)から令和2年1月19日(日曜)

※1月20日(月曜)以降のお申し込みは下記へお願いします。
新潟市保健衛生部 保健衛生総務課
電話 025-212-8154
fax  025-246-5672
mail hokeneisei@city.niigata.lg.jp

内容

第1部 表彰式 ・働きやすい職場づくり推進賞表彰 ・健康経営優秀賞表彰 ・ウオーキングチャレンジ表彰
第2部 基調講演

基調講演の内容
内容 講師

「働き方改革の本質
 ~従業員の幸せと企業の成果の好循環~」

相模女子大学客員教授 白河 桃子 氏

「健康経営
 ~職場発健康づくり~」

NPO法人健康経営研究会 理事長 岡田 邦夫 氏

第3部 パネルディスカッション「誰もがいきいきと働ける職場を目指して~働きやすい職場づくり・健康経営の実践~」
パネリスト:岡田 邦夫 氏/受賞企業4社
コーディネーター:川島 高之 氏(NPO法人コヂカラ・ニッポン代表)

講師・コーディネーター プロフィール

講師 白河 桃子 氏

相模女子大学 客員教授
昭和女子大学 総合教育センター 客員教授
東京大学 大学院情報学環客員研究員

東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業後、住友商事などを経て執筆活動に入る。働き方改革、ダイバーシティ、女性活躍、ジェンダー、ワークライフ・バランス、自律的キャリア形成、SDGsとダイバーシティ経営などをテーマとする。
経済産業省「新たなコンビニのあり方検討会」委員、内閣官房「働き方改革実現会議」有識者議員、内閣官房 第2期「まち・ひと・しごと創生総合戦略」有識者委員、内閣府男女局「男女共同参画会議専門調査会」専門委員などを務める。
著書に『ハラスメントの境界線 セクハラ・パワハラに戸惑う男たち』(中公新書ラクレ)、『御社の働き方改革、ここが間違ってます!残業削減で伸びるすごい会社』(PHP新書)など25冊以上がある。

講師 岡田 邦夫 氏

NPO法人健康経営研究会 理事長
大阪ガス株式会社 統括産業医
大阪成蹊大学 教育学部教授

大阪生まれ。大阪市立大学大学院医学研究科卒業。大阪ガス産業医、健康開発センター健康管理医長を経て、同社統括産業医に就任。
2006年よりNPO法人健康経営研究会理事長として、経営者が働く人や管理監督者の健康に投資し、従業員の健康づくりを戦略的にとらえる「健康経営」の理念を啓発・推進。
現在までに、厚生労働省・文部科学省のメンタルヘルス関連の検討会で委員を歴任した。スポーツ医学にも通じ、第1回から37年にわたって大阪国際女子マラソンのオフィシャルドクターを務めている。

コーディネーター 川島 高之 氏

NPO法人コヂカラ・ニッポン代表
NPO法人ファザーリング・ジャパン理事
内閣府・男女共同参画委員
文科省・学校業務改善アドバイザー

1987年慶応大学卒、三井物産(株)入社。その後、系列上場会社の社長に就任、「イクボス式」経営により3年間で利益8割増、株価2倍、残業4分の1、社員満足度調査も過去最高に。2016年に社長退任し独立起業。子育てや家事(Life)、会社社長や商社勤務(Work)、PTA会長やNPO法人代表(Social)という3つの経験を融合させた講演が年300回。
「元祖イクボス」としてNHK「クローズアップ現代」で特集され、AERA「日本を突破する100人」にも選出されるなど、多数メディアに登場。
著書『いつまでも会社があると思うなよ!』(PHP研究所)、『職場のムダ取り教科書』(ソシム)

チラシ

お問い合わせ

新潟市経済部雇用政策課(働きやすい職場づくり)
電話 025-226-1642
新潟市保健衛生部保健衛生総務課(健康経営)
電話 025-212-8154

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

保健衛生部 保健衛生総務課
〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号(新潟市総合保健医療センター2階)
電話:025-212-8014 FAX:025-246-5672

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

保健・健康づくりに関するお知らせ

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る