令和6年能登半島地震に関する情報(2月23日午後3時現在)

最終更新日:2024年2月23日

更新履歴
2月23日  ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。災害対応状況(PDF:190KB)を更新しました。(「被害状況」内)
2月22日 「被災者支援の手引き(令和6年2月21日時点)」を更新しました。(「支援制度」内)
2月22日 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。報道資料(PDF:134KB)を掲載しました。(「報道資料」内)
2月21日 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。報道資料(PDF:166KB)を掲載しました。(「報道資料」内)
2月20日  ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記者ブリーフィング資料(PDF:190KB)を掲載しました。(「報道資料」内)
2月19日 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。報道資料(PDF:285KB)を掲載しました。(「報道資料」内)

You can view this website in different languages by clicking on the “Language” button located at the top right of the web page. If you are using a smartphone, please select “Language” from the “メニュー(menu)” button.
このウェブサイトは、ページ右上(みぎうえ)にある「Language」タブから別(べつ)の言語(げんご)でも見(み)ることができます。スマートフォンの人(ひと)は、右上(みぎうえ)のメニューから「Language」を選(えら)んでください。

支援制度

令和6年能登半島地震により被害を受けられた市民の方へ、支援制度をまとめています。

  • 支援金の支給
  • 生活再建のための資金貸付
  • 住宅の建替・修理
  • 水道料金・下水道使用料の減免
  • 市営住宅や民間賃貸住宅への一時的な転居、引越し費用への支援
  • 税金や保険料等の減免
  • 事業者向け支援

など
詳細は「令和6年能登半島地震「被災者支援制度」をまとめています」ページをご確認ください。「被災者支援の手引き」も掲載しています。

災害対策本部からの大切なお知らせVol.3

避難情報

避難指示

今後想定される余震や降雨で土砂災害が発生するおそれがあるため、以下の地域に避難指示を発令しました。

  • 対象:西区内(大野・寺尾上2丁目・寺尾の一部)19軒

(注記)対象となる住家には、市職員が個別訪問し、お知らせしております

避難所開設場所

【西区】
黒埼市民会館
老人福祉センター黒埼荘

黒埼市民会館には、ペットと同じエリアで生活できる避難エリアがあります。(要予約)
(注記)現在、ペット関連の支援物資の受入は行っていません。支援が必要となった場合には、ホームページ等で 呼びかけさせていただきます。
詳細は「ペット同伴避難所の開設」ページをご参照ください。
各避難所の詳細は「避難所・避難場所一覧(区毎)」ページをご参照ください。

罹災証明書・被災届出証明書

被害状況の写真を撮影してください
建物が被害を受けたときは、片付けや修理をする前に被害状況を写真に撮ってください。
写真の撮影方法は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「住まいが被害を受けたとき 最初にすること」ページ(外部サイト)を参考にしてください。

罹災証明書・被災届出証明書の違い
  罹災証明書 被災届出証明書
対象 住家(居住実態のある家屋) 住家以外の建物・構造物及び家財等・商業施設等・工業施設等・農業施設等
受付窓口

税制課(ふるまち庁舎3階)・各区役所
(西区は西出張所、黒埼出張所、中野小屋連絡所でも受付可能)

対象物件が所在する区役所
(西区は西出張所、黒埼出張所、中野小屋連絡所でも申請書の受付まで可能(発行は後日))

申請方法 電子申請・郵送・直接提出 直接提出
目的 自然災害による被害程度等の内容を証明するもの 自然災害の被災状況を市に届け出たことを証明するもの
市職員による現地調査

実施する(迅速化のため事前連絡の無いまま現地に伺います)
(申請から1か月程度かかる場合があります)

実施しない
(ただし、証明書は後日郵送します)

主な用途 生活再建支援金の申請、税金の減免、各種融資の申請

保険金の請求手続
(注意)各種被災者支援策の適用の判断には用いません

リンク 詳細は「罹災証明書(火災を除く)の発行」ページをご参照ください 詳細は「被災届出証明書」ページをご参照ください

罹災証明書の交付

罹災証明書の交付のご案内が届いた方は、以下の「被災相談窓口」へお越しください。(予約不要)

【交付のご案内】1月20日(土曜)以降、被害の大きい方から順次発送
【交付窓口(被災相談窓口)】1月24日(水曜)から順次開設

被災相談窓口では、罹災証明書の交付のほか、各種相談にも対応します。
詳細は「被災相談窓口 」ページをご参照ください。
(注記)罹災証明書の発行方法が、「郵送」から「窓口での交付」に変更となりました。

各種相談窓口

令和6年能登半島地震に対応した各種相談窓口を設けています。
詳細は「令和6年能登半島地震対応 各種相談窓口」ページをご参照ください。

避難者への支援

石川県から本市に避難をしている方には、「災害救助法」等による支援があります。詳しくは各区役所地域総務課(東区・中央区・西区は総務課)の防災担当にお問い合わせください。
【支援内容例】

  • 被服、寝具その他生活必需品の給与または貸与
  • 学用品の給与
  • 妊婦・乳幼児健診
  • お子さんの一時預かり
  • 定期予防接種

など

被災地を支援したい(災害義援金・ふるさと納税・ボランティア)

災害義援金

令和6年能登半島地震で被災された新潟市にお住まいの方々を支援するため、令和6年3月29日(金曜)まで義援金を受け付けています。
詳細は「新潟市令和6年能登半島地震災害義援金の受付について」ページをご参照ください。

ふるさと納税

被災者支援や復旧・復興に向けた事業への活用を目的として、ふるさと納税を通じた寄附金の募集を開始します。
なお、本寄附金は災害支援の目的のため、新潟市からのお礼の品の送付はございません。
詳細は以下のページをご参照ください。
個人版:「令和6年能登半島地震に関しふるさと納税を活用した寄附金を募集します」ページ
企業版:「能登半島地震の被災者支援、復旧・復興のための企業版ふるさと納税を受け付けています」ページ

その他義援金の受付

災害ボランティア

現在、西区で活動できるボランティアを募集しています。
詳細・申し込みは、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市西区社会福祉協議会ホームページ(外部サイト)をご参照ください。
その他、ボランティアに関する情報は、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市社会福祉協議会のホームページ(外部サイト)をご確認ください。

ライフライン

上下水道・入浴施設

地震の影響による水道管からの漏水で、市内の一部地域で断水や減水、濁水が発生していましたが、市内の配水管(水道本管)の漏水修理は1月8日をもって完了し、断水は解消しました。

臨時給水所

当面の間、臨時給水所を設置しています。
ご利用の際にはペットボトルや給水ポリ容器などをご持参ください。
【開設時間】午前7時から午後9時まで
【設置箇所】

  • 西区役所(西区寺尾東3-14-41)
  • 黒埼北部公民館(西区ときめき西4-1-1)

詳細は「令和6年能登半島地震による水道の影響について」ページをご参照ください。

宅地内の給水管からの漏水

水道メーターの下流(建物側)の漏水は、直接、水道工事店に修理を依頼してください。なお、修繕費用はお客さまのご負担になります。
水道工事店の一覧は新規ウインドウで開きます。「給水装置修繕登録工事事業者リスト」ページをご参照ください。
現在、水道工事店がたいへん混みあっています。連絡しても速やかな対応ができない場合もあります。ご承知おきください。

入浴施設の無料開放

自宅が被災して入浴ができない方のため、一部施設の入浴施設を無料開放します。

  1. 新規ウインドウで開きます。西区内老人憩いの家(7施設):午前11時から午後3時まで(原則、月曜の休館日を除く)
  2. 西総合スポーツセンター:月曜から土曜(午前9時から午後9時まで)、日曜・祝日(午前9時から午後5時まで)
  3. アクアパークにいがた:午前10時から午後9時30分まで(原則、水曜の休館日を除く)

下水道

下水道に接続している方で、下水道管の水が流れにくいなどの排水不良が生じている場合は、下水道管理センター維持管理課(電話番号:025-281-9060 または 025-281-9062)へお問い合わせください。(受付時間:平日 午前8時半から午後5時半まで)

ただし、公共マス(道路の境界線から概ね1メートル以内に設置したマス)から私有地側の下水道管の損傷等で排水不良が生じている場合は、直接、下水道工事店に修理を依頼してください。なお、修理費用はお客さまのご負担になります。


(公共マスの例)直径約20から40センチメートル程度。蓋が鉄製やコンクリート製の場合もあります。

下水道工事店の一覧は「指定排水設備工事店名簿」ページをご参照ください。
現在、下水道工事店がたいへん混みあっています。連絡しても速やかな対応ができない場合もあります。ご承知おきください。

現在、地震により損傷した下水道管の復旧に向け、被害状況の調査と被害判定作業を実施しています。

  • 被害があった地域(管の長さで約69キロメートルの範囲)について、1次調査としてマンホール蓋を開けて中を確認しました。
  • その結果に基づき、さらに詳細な調査として、下水道管の中にカメラを入れる2次調査(約32キロメートルの範囲)が完了しました。
  • 1次・2次調査をもとに被害判定作業を実施中です。(進捗率:92パーセント)

浄化槽

  • 個人で設置された浄化槽をご使用の場合、浄化槽が使えるか確認をお願いします。浄化槽が故障等を起こしている場合、そのまま使用を続けると悪臭等が発生することがあります。確認方法の詳細は「大雨等により浄化槽が浸水してしまったら」ページをご参照ください。なお、確認が困難な場合は、ご契約中の浄化槽保守点検業者に連絡してください。
  • 公設浄化槽制度により設置されているお宅は、新潟市が設置・管理していますので、浄化槽の破損などがありましたら、ご連絡ください。(連絡先はお住まいの区により異なりますので、詳細は「下水道のお問い合わせ」ページをご参照ください。

参考リンク:公設浄化槽整備区域ページ

ガス

  • ガス漏れ:なし
  • 被災した場合、ガス工事費およびガス料金の特別措置が適用される場合があります

詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。北陸ガスホームページ(外部サイト)をご参照ください。

電気

停電地域:なし
詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東北電力ホームページ(外部サイト)をご参照ください。

道路

市内各所で、路面の液状化や段差・陥没などが発生しているため、一部で通行止めを実施しています。
路面の液状化や段差・陥没を発見した場合は、各区役所建設課にお電話ください。
参考:「道路の異常を発見したらご連絡ください」ページ

通行止め箇所(新潟市管理)

5箇所
詳細は「令和6年能登半島地震における道路の通行止めについて」ページをご参照ください。

ごみ・土砂処理

  • 地震によって生じた家庭ごみ(燃やすごみ、燃やさないごみ、粗大ごみ、特定5品目)は3月30日(土曜)までに指定箇所に自己搬入することで無料で処理できます。
  • 土砂や泥を除去する場合は、側溝等に流さず、区役所等で無料で配布されている土のう袋で回収してください。
  • 土砂・泥を入れた土のう袋は、道路の交通の妨げにならない場所に置いてください。置かれた土のう袋は業者が順次回収しますが、今回は被害規模が大きいため、回収までに日数を要しますのでご了承ください。

(注記)すでに土砂や泥を除去し一箇所に積み上げていて、量が多すぎる場合は、そのまま回収しますので、土のう袋に入れなおす必要はありません。

詳細は「令和6年能登半島地震に伴うごみ出し及び土砂の処理について」ページをご参照ください。

その他(固定電話および携帯電話・交通情報など)

詳細はライフライン・交通情報ページをご参照ください。

災害時における暮らしの注意点

災害時の家屋の消毒について

災害時の家屋の消毒について
床上浸水の場合

各区役所の区民生活課(中央区は窓口サービス課)で消毒液を配布しています。必要な方は各区役所へお越しください。
(注記)新潟市では石灰の配布はしておりません。

床下浸水の場合 土砂等を取り除いた後、水で洗い流し、しっかりと乾かすことが大事です。消毒は原則不要です。
屋外の場合 消毒は原則不要です。

地震発生後の井戸水の飲用利用について

井戸水は、地震等の災害等により水質が変化する可能性があり、有害物質や病原体によって汚染された場合には、健康被害が起こるおそれがあります。
異常を感じた場合は、飲用を控え、清掃等の生活用水として使用するなどの対応をお願いします。

詳細は「地震発生後の井戸水の飲用利用について」ページをご参照ください。

被災建築物のアスベストにご注意ください

災害時には建物の倒壊・損壊によりアスベストを含む建材が露出している可能性があります。
アスベストは、ばく露後15から40年程度経過後に、肺がんや中皮腫等を発症する原因の1つとなっています。

注意点など詳細は「被災建築物のアスベストにご注意ください」ページをご参照ください。

貯水槽の臨時点検について(施設管理者向け)

地震や大雨等、水質に影響を与えるおそれがある事態が発生した時は、貯水槽の臨時点検を毎日実施し、飲料水の安全を確認してください。
詳細は「貯水層の臨時点検について(施設管理者向け)」ページをご参照ください。

災害概要

1.発生日時:令和6年1月1日(月曜)午後4時10分
2.震源:石川県能登地方
3.規模:マグニチュード7.6(暫定値)
4.震源の深さ:16キロメートル(暫定値)
5.新潟市内震度

  • 震度5強:中央区、南区、西区、西蒲区
  • 震度5弱:北区、東区、江南区、秋葉区

6.津波警報・注意報

  • 1月1日午後4時12分 津波警報
  • 1月2日午前1時15分 津波注意報
  • 1月2日午前10時00分 津波注意報解除

7.土砂災害情報:なし
8.気象警報・注意報:波浪注意報
9.津波情報:午後5時9分0.3メートル

被害状況(2月23日午前8時現在)

人的被害(単位:人)
  北区 東区 中央区 江南区 秋葉区 南区 西区 西蒲区
死者                  
重傷者             1   1
軽傷者   4 5 2   3 6 1 21

建物被害状況(単位:件)
  北区 東区 中央区 江南区 秋葉区 南区 西区 西蒲区
全壊     6 1 1 1 82 1 92
半壊 2 3 190 142 7 22

2,144

33

2,543

一部損壊 130

202

1,192 838 367 383

7,214

549

10,875

【損壊判定基準】

  • 全壊:50パーセント以上
  • 半壊:20パーセント以上50パーセント未満
  • 一部損壊:全壊及び半壊に至らないもの
応急危険度判定(単位:件)【終了しました】
  北区 東区 中央区 江南区 秋葉区 南区 西区 西蒲区
申請 5 7 140 81 24 13 1,437

37

1,744
実施済み 5 7 140 81 24 13 1,437 37 1,744

判定結果:赤(危険)172、黄(要注意)769、緑(調査済み)803

罹災証明(単位:件)
  北区 東区 中央区 江南区 秋葉区 南区 西区 西蒲区
申請

163

259

1,786

1,077 473

512

9,301

646 14,217

被害認定調査実施済棟数(注釈)

136

225

1,557 1,027 392 432

11,277

592 15,638
交付 86 135 749 644 249

259

5,362 338 7,822

(注釈)被害の多い地域については、罹災証明の申請がない建物についても調査を行っている場合があるため、実施済棟数が申請件数を上回ることがあります。

その他の詳細は、「令和6年能登半島地震に関する報道資料」ページをご参照ください。

報道資料

情報発信

地震に関する情報をLINE・X(旧ツイッター)・防災メールなどで配信しています。
各媒体の登録方法など詳細は「新潟市における災害時の情報発信」ページをご参照ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC

このページの作成担当

政策企画部 広報課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館4階)
電話:025-226-2111 FAX:025-223-5588

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで