このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

交通事故発生状況

最終更新日:2022年7月26日

交通事故発生状況

区別

令和4年6月末現在
区分 北区 東区 中央区 江南区 秋葉区 南区 西区 西蒲区 全市 前年比
発生件数 44 91 191 45 30 30 94 25 550 -58
死者数 2 1 0 0 1 1 0 0 5 -3
負傷者数 54 97 216 53 37 36 114 30 637 -40
  重傷者数 4 18 27 6 6 5 9 6 81 5

死亡事故

7月1日

午後0時30分ころ、中央区の市道において、50歳代男性運転の普通乗用車が50歳代男性運転の自転車に衝突し、自転車を運転していた50歳代男性が亡くなりました。
この事故で今年の市内の交通事故死者は6人になりました。

6月13日

午後1時50分ころ、南区の農道において、70歳代女性運転の自転車が路外逸脱し、用水路に転落して、同女性が亡くなりました。
この事故で今年の市内の交通事故死者は5人になりました。

5月26日

午前6時30分ころ、北区の市道において、70歳代女性運転の軽乗用車が歩行中の80歳代女性に衝突し、歩行中の女性が亡くなりました。
この事故で今年の市内の交通事故死者は4人になりました。

3月7日

午前8時40分ころ、東区の市道において、40歳代男性運転の軽乗用車と20歳代女性運転の軽乗用車が衝突し、40歳代男性運転の軽乗用車に同乗していた90歳代男性が亡くなりました。
この事故で今年の市内の交通事故死者は3人になりました。

2月2日

午前0時40分ころ、秋葉区の市道において、80歳代男性運転の自転車が自損転倒し、同男性が亡くなりました。
この事故で、今年の市内の交通事故死者は2人になりました。

1月23日

午後11時30分ころ、北区の国道において、80歳代男性運転の軽乗用車と、40歳代男性運転の普通乗用車が衝突し、軽乗用車を運転していた80歳代男性が亡くなりました。
この事故で、今年の市内の交通事故死者は1人になりました。

令和3年交通事故発生状況

区別

令和3年交通事故発生状況
区分 北区 東区 中央区 江南区 秋葉区 南区 西区 西蒲区 全市 前年比
発生件数 101 201 434 71 58 48 238 70 1,221 -99
死者数 3 3 1 0 3 0 0 0 10 -1
負傷者数 119 218 481 80 67 54 258 89 1,366 -149
  重傷者数 20 19 57 8 21 8 36 7 176 -65

発生件数と負傷者数は、平成18年から16年連続で減少しています。
死者数は前年比-1人でした。

年別推移

交通事故全体
区分 平成28年 平成29年 平成30年 令和元年 令和2年 令和3年
発生件数 1,922 1,798 1,651 1,485 1,320 1,221
死者数 21 13 27 11 11 10
負傷者数 2,271 2,102 1,949 1,760 1,515 1,366
高齢者事故
区分 平成28年 平成29年 平成30年 令和元年 令和2年 令和3年
発生件数 691 670 639 587 563 457
全事故に占める割合 36.0% 37.3% 38.7% 39.5% 42.7% 37.4%
加害事故発生件数 404 393 385 369 334 308
全事故に占める割合 21.0% 21.9% 23.3% 24.8% 25.3% 25.2%
自転車事故
区分 平成28年 平成29年 平成30年 令和元年 令和2年 令和3年
発生件数 319 275 259 234 228 186
全事故に占める割合 16.6% 15.3% 15.7% 15.8% 17.3% 15.2%
死者数 3 1 6 1 0 1
負傷者数 314 268 248 234 224 182
子ども事故
区分 平成28年 平成29年 平成30年 令和元年 令和2年 令和3年
発生件数 101 101 97 77 72 63
全事故に占める割合 5.3% 5.6% 5.9% 5.2% 5.5% 5.2%
死者数 1 2 0 0 0 0
負傷者数 106 106 108 84 82 66

事故に遭わない、起こさないために

ドライバーの皆さんは

  • 横断中または横断しようとしている歩行者、自転車の早期発見に努めましょう。
  • 相手の動きを予測した運転を心掛け、相手は何をしようとしているか、自分の車に気づいているかを読み取るようにしましょう。
  • スピードを控え、車間距離を広めに取りましょう。
  • 見通しの良い交差点であっても、一時停止場所では確実に停止し、安全確認を十分に行いましょう。
  • 運転に集中して、前方に注意を払いましょう。

交差点を右折する時は

  • 対向車のかげに二輪車がいるかもしれないので十分注意しましょう。
  • 横断中または横断しようとしている歩行者や自転車の早期発見に努めましょう。

交差点を左折する時は

  • 横断中の歩行者や自転車、左後方から直進してくる二輪車を巻き込まないよう十分注意しましょう。

夜間の運転時は

  • スピードを控え、特に前方に注意を払いましょう。
  • ライトを上向きにできる時は細めに切り替えましょう。
  • 眠気を感じたら早めに休憩を取るよう心掛けましょう。

歩行者の皆さんは

  • 信号機や横断歩道がある場所、見通しの良い明るい場所で、完全に車が途切れてから道路を横断しましょう。
  • 夕暮れ、夜間の外出時には、明るい色の服装と反射材の着用を心掛けましょう。
  • 信号の遵守、安全確認の徹底といった交通ルールを守り自ら交通事故に遭わないようにしましょう。

交通事故概況

各年ごとの交通事故発生状況や統計データをご覧いただけます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

市民生活部 市民生活課 安心・安全推進室
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)
電話:025-226-1113 FAX:025-223-8775

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る