このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

大気環境調査

最終更新日:2020年3月30日

大気環境調査

有害大気汚染物質モニタリング調査

有害大気汚染物質とは

 有害大気汚染物質は、大気汚染防止法では「継続的に摂取される場合には健康を損なうおそれがある物質で大気の汚染の原因となるもの」と定義されています。
 具体的な物質名については、環境大臣の諮問機関である中央環境審議会が248物質を選定しており、その中でも健康リスクがある程度高いと考えられる物質として、次の23物質が「優先取組物質」に選定されています。

優先取組物質一覧表
物質名

アクリロニトリル

アセトアルデヒド

塩化ビニルモノマー
(別名:クロロエチレン、塩化ビニル) 

塩化メチル
(別名:クロロメタン)

クロム及び三価クロム化合物

六価クロム化合物

クロロホルム

1,2-ジクロロエタン

酸化エチレン
(別名:エチレンオキシド)

ジクロロメタン
(別名:塩化メチレン)

水銀及びその化合物

ダイオキシン類

テトラクロロエチレン

トリクロロエチレン

トルエン

ニッケル化合物

ヒ素及びその化合物

1,3-ブタジエン

ベリリウム及びその化合物

ベンゼン

ベンゾ[a]ピレン

ホルムアルデヒド

マンガン及びその化合物

 


 新潟市では、この優先取組物質について、毎月市内4地点でモニタリング調査を行っています。(ダイオキシン類は除く。)

調査用の装置 (ハイボリウムエアサンプラ)の写真
調査用の装置 (ハイボリウムエアサンプラ)

今年度及び過年度の結果速報値はこちらからご覧いただけます。(速報値は今後修正されることがあります。)

令和元年度において「ヒ素及びその化合物」の高濃度が観測されたことから、対応を行いました。

確定後の有害大気汚染物質のモニタリング調査結果については「新潟市の環境(データ集)」でご覧いただけます。

ダイオキシン類の調査結果についてはこちらでもご覧いただけます。

酸性雨モニタリング調査

 新潟市では、大山測定局(東区大山)、衛生環境研究所(西区小新)の2ヶ所に設置された降水自動捕集装置で雨水を採取し、pH、導電率、各種イオン成分などを測定していましたが、平成28年度末に大山測定局、平成29年度10月末に衛生環境研究所の調査を中止しました。なお、本市内においては環境省による調査が西蒲区巻において実施されております。そちらもご参照ください(以下のサイトにおける「新潟巻」)。

降水自動捕集装置の写真
降水自動捕集装置

過年度の結果速報値はこちらからご覧いただけます。 (速報値は今後修正されることがあります。)

酸性雨モニタリング調査の結果については「新潟市の環境(データ集)」でご覧いただけます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

環境部 環境対策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎2号棟3階)
電話:025-226-1367 FAX:025-230-0467

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る