このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで


本文ここから

直結増圧給水について

更新日:2012年6月1日

 給水方式には、配水管からそのまま給水する「直結方式」と一旦受水槽に貯めてから給水する「受水槽方式」があります。
 配水管の水圧ではまかなうことのできない4階以上への給水は受水槽方式のみでしたが、直結方式との要望も高く、水道局では一層の給水サービス向上を図るため、増圧ポンプを設置することで、ほとんどの建物で直接給水できる「直結増圧方式」を導入しました。

直結増圧方式の特徴は?

 受水槽・高置水槽が不要のため、建設費用が安くなる、水槽の清掃や点検などの衛生管理費用が削減できる、省スペース化が図られるなどの利点がある反面、貯留機能がないため、水道管工事や災害時には断水の影響を受けます。
 また、停電時に増圧ポンプが止まると、高層階では水が出なくなります。

対象となる建物は?

 以前はおおむね10階建ての建物まででしたが、平成18年4月から、取り付けるポンプの容量の制限を緩和したため、市内のほとんどの共同住宅、事務所、店舗などが対象となります。
 ただし、毒物や薬品などの危険物を取り扱う事業所や、病院、ホテルなど常時水が必要で断水による影響が大きい施設は対象外となります。

費用負担は?

 増圧ポンプなど増圧給水設備の設置費用(既存の建物を直結増圧方式に変更する場合はその改造費用)や維持管理費用は、お客さまの負担になります。
 この他、設備業者との間に増圧ポンプの保守点検契約を結ぶ必要があります。

直結増圧給水方式についてのお問い合わせは
水道局管路課へ
お客さま専用フリーダイヤル 0120-411-002
(フリーダイヤルにつながらない場合は025-266-9311へ)

直結増圧給水概要図

このページの作成担当

水道局 総務課
〒951-8560 新潟市中央区関屋下川原町1丁目3番地3(水道局本局本庁舎3階)
電話:フリーダイヤル0120-411-002(ご利用できない場合は025-266-9311) FAX:025-233-4503

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

新潟市役所

市役所庁舎のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター

(受付 午前8時~午後9時:年中無休) 電話025-243-4894

市政の手続や制度、イベント、施設などに関するお問い合わせにお答えしています。

Copyright(C)2012 Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る