にいがた共育通信

 『にいがた共育通信』は、新潟市教育委員会の広報で、学校教育や社会教育にかかわる情報を広く市民のみなさまにお伝えしています。

「新通つばさ小学校」が開校します (第72号 令和2年3月17日)

iinnkai 第1回開校準備委員会の様子

 
 児童数の増加により大規模化した新通小学校の教育環境を改善するため、2020年4月に分離新設校「新通つばさ小学校」が開校します。
 
 新しい学校の円滑な開校に向けて、坂井輪中学校区まちづくり協議会や自治会・町内会、新通小学校PTAなどで組織した「新通小学校分離新設校開校準備委員会」が2018年の7月に発足し、開校の準備を積み重ねてきました。

校名の決定について

 2019年7月に、新通小学校の子どもたちや校区内の皆様から、校名を募集したところ、100件を超える校名候補が寄せられました。校名候補の投票を実施し、開校準備委員会でさらに候補を絞り込み、教育委員会に推薦しました。
 教育委員会定例会において、校名の由来が子どもたちに理解され、誇りに思えるものが良いとの提案から「新通つばさ小学校」に決定しました。その後、新潟市議会2月定例会で小学校名を定める条例が承認され、正式決定となりました。
 ※校名の由来:一人一人が背中につばさを持っていろいろなことに挑戦できる学校

校章と校歌を紹介します

 校名の決定を受けて校章と校歌の制作を開始し、校章は2019年10月、校歌は11月に完成しました。

kousyo 校 章

■校章制作…石川竜太さん(株式会社フレーム代表取締役、広告制作、デザイン担当)

~石川竜太さんより~
 大きな【つ】の形の「翼」と「新通」の【S】を組み合わせて「つばさ」を広げた鳥をシンボルにしました。

kouka 校 歌

■校歌作詞…正道かほるさん(童話作家、児童文学者、新潟市出身)
■校歌作曲…小西奈雅子さん(作曲家、新潟ARS〔燕市〕結成をプロデュース)

~作詞をされた正道かほるさんより~
 大地と空、地球と宇宙の広がりの中での〈新通〉という場所を捉えて、校名の「つばさ」を生かして新しい時代にふさわしく、また永く歌い継がれていく校歌を目指しました。

開校に向けて

 1月23日(木曜)に「PTA組織設立総会」を行いました。PTA規約をはじめ、PTA会長などの役員が決定し、活動の準備が始まりました。
 2月21日(金曜)には新通小学校において、六年生を送る会に引き続き「Take Offセレモニー(分離記念式)」が開催されました。児童全員で取り組んだタイルモザイクアートによる校章を公開した後、新通小、新通つばさ小の代表児童が、分離にあたり決意表明を行いました。後半の児童全員による両校の校歌斉唱場面では、素晴らしい校歌、そして歌声に参列者は感動していました。

Take Off Take Offセレモニーの様子

kousya 西大通から見た校舎の様子(2月時点)

開校記念式典について
 教育委員会で主催し、学校や地元自治会と協力しながら、企画運営を進めていきます。開催時期は2020年7月を予定しています。

学校所在地
 〒950-2037 新潟市西区大野137番地

【問合せ先 教育総務課 電話:025-226-3178

令和元年度 全国学力・学習状況調査 及び全国体力・運動能力、運動習慣等調査の結果について

好結果でした 全国学力・学習状況調査

 本調査は、2019年春に、小学6年生と中学3年生全員を対象に実施されました。今年度から知識と活用を一体的に問う調査問題になりました。また、今年度は英語の調査が初めて実施されました。

〈学力調査の全体概要〉
 本市の平均正答率は、小学校、中学校とも、全ての教科で、全国の平均正答率を上回りました。
 全国の平均正答率との差は、昨年度とほぼ同様の傾向で安定しています。小学校国語は、他の教科に比べて特に高い数値になりました。

zenngaku

eigo 英語の授業の様子

〈学習状況調査の全体概要〉 ※「数値」は質問に肯定的に回答した児童生徒の割合(%)
◎「自分には、よいところがあると思いますか」・・小学校【新潟市】85.1【全国】81.2 (差+3.9P)、中学校【新潟市】77.9【全国】74.1 (差+3.8P)
◎「先生は、あなたのよいところを認めてくれていると思いますか」・・小学校【新潟市】91.8【全国】86.1 (差+5.7P)、中学校【新潟市】84.8【全国】81.5 (差+3.3P)
→日頃の多様な教育活動の中で、児童生徒の自己肯定感が育まれています。

◎「(教科)の勉強は好きですか」「(教科)の授業の内容はよく分かりますか」の質問に、肯定的に回答をした児童生徒の割合は、全ての教科で、全国を上回っています。
→授業の最後に「何を学んだか」を全体で確認する「学習課題とまとめ・振り返り」のある授業づくりの成果が見られます。 

◎「地域や社会をよくするために何をすべきかを考えることがありますか」・・小学校【新潟市】61.4【全国】54.5 (差+6.9P)、学校【新潟市】46.7【全国】39.4 (差+7.3P)
→教職員と地域教育コーディネーターが協働し、多くの学校支援ボランティアによる地域からの協力を得ながら、学・社・民の融合による教育が推進されています。

小学校のボール投げ以外は、小中学校・男女とも全国平均を上回りました。

 本調査は、2019年7月までの期間に、小学5年生と中学2年生全員を対象に実施されました。

taiiku 幅跳びの授業の様子

【実技の調査内容】
(1)握力 (2)上体起こし (3)長座体前屈 (4)反復横跳び(5)20mシャトルラン (6)50m走 (7)立ち幅とび (8)ボール投げ(使用ボール 小学校:ソフトボール、中学校:ハンドボール)

〈体力・運動能力調査の全体概要〉 

tairyoku-1

tairyoku\2

◎小学校のボール投げ以外は、小中学校・男女とも全国平均を上回りました。特に、 小学校のシャトルラン(持久走)や中学校の長座体前屈では、全国平均との差を広げています。
→小学校では「投力」のみが課題です。「投げる」楽しさを味わわせ、「投げる」遊びの機会を増やし、子どもたちの体力向上に努めていきます。

 【問い合わせ先 学校支援課 電話:025-226-3261

リンクの紹介

新潟市で先生になろう!

 新潟市教育委員会学校人事課が作成している、教員採用に関するサイトです。是非、以下のバナーからご覧ください。次号からも、バナーは引き続き掲載します。
 また、新潟市立学校園でお勤めいただく臨時的任用職員(講師)を募集しています。HP内「新潟市で講師をしよう」のページから登録してください。

『にいがた』で働く

 新潟市経済部産業政策課が作成している、キャリア教育に関するサイトです。
 今回は第4回目となります。是非、以下のバナーからご覧ください。次号からも、バナーは引き続き掲載します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

新潟市立幼稚園の紹介 (第71号 令和2年2月26日)

 10園ある新潟市立幼稚園は、幼小連携を中心とした校種間連携に取り組んでいます。
 今回は、各園で子どもたちが小中学生と一緒に活動している様子や異学年交流の様子を紹介します。
 様々な活動を通して、子どもたちがスムーズに学校教育に入っていけるようにするとともに、自分で考え行動できる子どもを育てています。

活動の様子をご覧ください

結幼 結幼稚園 結小との「なかよし交流会」

牡丹山幼 牡丹山幼稚園 小学校授業体験

市之瀬幼 市之瀬幼稚園 小学校教員への保育公開

小合東幼 小合東幼稚園 小学校2年生との野菜苗植え

小須戸幼 小須戸幼稚園 中学生の保育体験

沼垂幼 沼垂幼稚園 小学生との交流

西幼 西幼稚園 異年齢交流

新津1幼 新津第一幼稚園 みんなで玉入れ楽しかったね

新津2幼 新津第二幼稚園 おもちゃランドへようこそ

新津3幼 新津第三幼稚園 小学校ボランティア委員会による読み聞かせ


 【問合せ先 教育総務課 電話025-226-3177】

統合型校務支援システムの導入について

 令和3年4月に、成績・学籍や保健、学校事務などの校務全般に関わる機能を備えた「統合型校務支援システム」が市立小・中学校、特別支援学校に一斉導入される予定です。
 これまで、新潟市の学校現場では、校務事務の手法が各校で異なるため、教職員は異動ごとにその学校での手法を覚える必要がありました。しかし、システムの導入により、校務事務の手法が統一されます。

パソコン1


 また、システムでは、名簿や出席、成績などのデータが各種機能・帳票間で連携されるため、何度も同じデータを入力する必要がなく、転記ミスもなくなるなど、校務事務が効率化されます。さらに、教職員間で様々な情報を発信・受信・共有できるようになるため、教育の質の向上が期待できます。
 令和2年度には、システムを理解し、操作に慣れてもらうため、教職員を対象にガイダンスや研修を予定しています。

パソコン2


 なお、システムでは児童・生徒の個人情報を取り扱うため、これらの情報を外部からの不正アクセスなどの脅威から守る必要があります。このため、情報セキュリティを強靭化した、教育委員会と各校を結ぶ「新潟市教育ネットワーク」を令和3年3月末までに構築し、このネットワーク上でシステムを運用します。

 【問合せ先 学務課 電話025-226-3165】

市の教育に関するリンクの紹介

新潟市で先生になろう!

 新潟市教育委員会学校人事課が作成している、教員採用に関するサイトです。

 新潟市の魅力、新潟市の教育の魅力、教員のやりがい、教員採用選考検査に関する情報等をHPやTwitterで発信しています。是非、以下のバナーからご覧ください。次号からも、バナーは引き続き掲載します。

『にいがた』で働く

 新潟市経済部産業政策課が作成している、キャリア教育に関するサイトです。
 新潟市の企業で働く若者(概ね20~30代)が、どんな仕事に携わっていて、どんな想いをもって働いているかなどを紹介しています。是非、以下のバナーからご覧ください。次号からも、バナーは引き続き掲載します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

 次回予告・・・「魅力ある新潟市の教育を築くために」「新通つばさ小学校開校に向けて」を予定しています。

 下記のバックナンバーにも、今までの様々な情報発信内容がありますので、ご覧ください。

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ