このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

内野周辺

最終更新日:2018年3月6日

内野周辺のまち歩き・スポットについてご紹介します。

史跡・名所

新川・西川立体交差

新川・西川立体交差

1820年に新川掘削工事で西川の下に底桶を入れ、掘割を通水したことから始まります。底桶は幅3間、高さ4尺、長さ41間で、2門が敷設されました。木製の底桶は1909年に石造りコンクリートのアーチ橋「新川暗こう」に生まれ変わり、1954年に鋼造トラスト水路橋となり、現在に至っています。新川が西川の下を通っているこの立体交差は全国的にも珍しいものです。

いちょう公園

いちょう公園

江戸時代、内野村の庄屋であった渡部家の屋敷跡です。明治11年9月16日、明治天皇北陸東海御巡幸では、明治天皇が休憩された「御小休所」で、一緒に供奉していた土方久元の揮毫による石碑が建てられています。内野は幕末、会津藩領で、渡部家が中心となって義勇農民兵「精義隊」を結成しました。

吉田稲荷神社

吉田稲荷神社

内野上組の庄屋であった吉田善三郎が、京都の吉田稲荷を屋敷裏に祠を建てて祀っていたのを神社としたものです。この神社は山の頂上にあり、この山は新川掘削で切断された古い奥手山の一部でした。鳥居がいくつあるか是非数えてみてください。

金刀比羅神社

金刀比羅神社

創立不詳。旧庄屋の渡部三郎兵衛が建てたもので、この辺を金刀比羅町と呼び、渡部家がこの神社の氏子総代でした。

静田神社

静田神社

1888年に静田の守護神として小さな祠を建てたのを、1899年に6区の氏神として再建され、現在に至っています。社のある裏手山は新川と旧広通江との合流点に岬状をなしており、その松の緑と朱の鳥居が川面に映り絶景をなしています。このあたりは夏になると子どもが水遊びをして多くの溺死者を出していました。川の祟りがあるというので「しんがい祭」として明治中ごろ、静田孫平を世話人として社を建立し静田神社と命名されました。例祭日には水難の厄から逃れるための祈願の奉納幟が色とりどりに建てられます。境内の鳥居の左手前に乃木希典揮毫の昭忠碑と内野小学校校歌の碑があります。

三日月橋

三日月橋

江戸・明治時代までは「往来橋」と呼ばれ、北陸道(北国街道)が通っていました。明治11年の明示天皇北陸東海御巡幸時、明治天皇が赤塚から来る途中、この橋の上から漁師による投網漁をご覧になられました。そのコイはその日に御宿泊地である新潟の白勢家行在所へ持参し献上されました。

内野大神宮(上)

内野大神宮(上)

上・下と2か所ある内野大神宮のうち、弥彦側(三日月橋近く)に内野大神宮(上)はあります。上・下ともにかつては祭りの際に多くの人で賑わいました。

内野大神宮(下)

内野大神宮(下)

上・下と2か所ある内野大神宮のうち、新潟側(西地区公民館近く)に内野大神宮(下)はあります。上・下ともにかつては祭りの際に多くの人で賑わいました。

清徳寺

清徳寺

真宗大谷派。本堂脇には内野出身の農民義勇兵「精義隊」の戦没者碑「義勇碑」が建てられています。昭和63年に1世紀以上たった本堂の大改修を行い、古い鬼瓦が太子堂前に展示してあります。

このページの作成担当

西区役所 農政商工課
〒950-2097 新潟市西区寺尾東3丁目14番41号
電話:025-264-7610 FAX:025-260-3899

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

まち歩きルート・立ち寄りポイント

このページを見ている人は
こんなページも見ています

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video
    〒950-2097 新潟市西区寺尾東3丁目14番41号 電話 025-268-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る