このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

不育症検査費用助成事業

最終更新日:2021年10月14日

妊娠はするけれど、2回以上の流産・死産を繰り返して、結果的に赤ちゃんを授かれないことを不育症と呼びます。新潟市では現在研究段階にある不育症検査のうち、保険適用を見据え先進医療として実施されるものを対象に、不育症検査に要する費用の一部を助成しています。

令和3年度から新潟市不育症治療費助成事業に加え、国の指定する特定の検査にかかる検査費の一部を助成しています。

新潟市不育症治療費助成事業については新規ウインドウで開きます。こちらをご確認ください。
※新潟市不育症検査費助成事業とは内容が異なります。

助成対象者

次のいずれにもあてはまる方が助成対象になります。所得制限や年齢制限、法律婚の制限はありません。

1.2回以上の流産、死産の既往のある方
2.申請日において新潟市に住所を有する方

助成内容

助成対象検査

先進医療として告示されている次の不育症検査
・流産検体を用いた染色体検査

助成金額

1回の検査につき5万円を上限に助成
※検査費用が5万円に満たない場合は、医療機関が発行する証明書に記載された金額になります。
※検査費用について、市町村等の他自治体から助成を受けている場合は、助成対象外となります。

実施医療機関

助成対象となる不育症検査の実施機関として承認を受けており、保険適用されている不育症に関する治療・検査を、保険診療として実施している保険医療機関

該当する医療機関は下記のリンク先【先進医療A】の番号25をご確認ください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。先進医療を実施している医療機関一覧(厚労省HP)(外部サイト)<外部リンク>

申請期限

令和3年度(令和3年4月~令和4年3月)に行った検査の申請期限は令和4年3月末まで
ただし、令和4年2月~3月に検査が終了した場合は令和4年4月28日まで

必要書類

1.ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市不育症検査費用助成事業申請書(PDF:136KB) 【申請者記入】
  ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市不育症検査費用助成事業申請書(記載例)(PDF:158KB)
2.ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市不育症検査費用助成事業受検証明書(PDF:84KB) 【実施医療機関記入】
3.ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。不育症検査結果個票(流産検体を用いた染色体検査)(PDF:120KB) 【実施医療機関記入】
4.医療機関発行の領収書及び明細書の原本とコピー

不育症検査結果個票について

不育症検査結果個票(流産検体を用いた染色体検査)の内容は、個人情報(申請者氏名・医療機関名)を除いて国に報告し、検査の保険適用に向けた検討等に活用させていただく場合があります。予めご了承ください。

申請窓口

各区役所 健康福祉課 健康増進係

お問い合わせ先

新潟市 こども未来部 こども家庭課 母子保健係
電話:025-226-1205(直通)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

こども未来部 こども家庭課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)
電話:025-226-1201 FAX:025-224-3330

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る