このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

梅毒

最終更新日:2018年5月23日

全国における梅毒の患者報告数が増加しています。

梅毒は、性的な接触(他人の粘膜や皮膚と直接接触すること)などによってうつる感染症です。
全国における梅毒の患者報告数は、平成26年1,661例、平成27年2,697件、平成28年4,518件と年々増加しています。
新潟県においても平成27年は22件、平成28年は45件、平成29年は35件の報告があり、全国と同様に増加しています。
平成30年は5月2日時点で、すでに15件の報告となっており、昨年のペースを上回っています。
感染しても発疹やしこりが自然消失することもあり、気づいにくいと言われていますが、早期に治療することで完治することができます。
感染しているかどうかは血液検査で確認できます。

特に女性の梅毒患者が増えています。

梅毒とは

梅毒は梅毒トレポネーマ(病原菌)により引き起こされる性感染症です。病名は症状にみられる赤い発疹が楊梅(ヤマモモ)に似ていることに由来します。感染すると全身に様々な症状が出ます。

感染経路

感染部位と粘膜や皮膚の直接接触(性的接触)により感染します。
具体的には、性器と性器、性器と肛門(アナルセックス)、性器と口の接触(オーラルセックス)等が原因となります。

症状

  • 第1期: 感染後約3週間

感染がおきた部位(主に陰部、口唇部、口腔内、肛門等)にしこりができることがあります。また、股の付け根の部分(鼠径部)のリンパ節が腫れることもあります。

  • 第2期: 感染後数か月

全身のリンパ節がはれる他、発熱、倦怠感、関節痛等の症状がでます。
また、手のひら、足の裏、体全体にうっすらと赤い発疹(バラ疹)が生じることがあります。

  • 晩期顕性梅毒:感染後数年

皮膚や筋肉、骨などにゴムのような腫瘍(ゴム腫)が発生することがあります。
また、心臓、血管、脳などの複数の臓器に病変が生じ、場合によっては死亡に至ることもあります。

妊娠している人が梅毒に感染すると、胎盤を通して胎児に感染し、死産、早産、新生児死亡、奇形が起こることがあります(先天梅毒)。

感染を予防するために

コンドームを正しく使用することが重要です。ただし皮膚や粘膜に梅毒の症状があると、コンドームでは予防できない場合があります。皮膚や粘膜に異常があった場合には性的な接触を控え、早めに医療機関(皮膚科、泌尿器科、婦人科等)を受診しましょう。

検査について

新潟市保健所では梅毒の検査を匿名/無料で行っています。
第1期の最初の数週間は抗体検査をしても陽性反応が出ないことがあるため、感染の可能性のある時期から2カ月以上をおいてから検査にお越しください。(結果説明は1週間後になります)
症状がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

臨時の梅毒検査を行います!

  • 毎月第2土曜日に梅毒検査(即日)を行います。 
  • HIV検査(即日)も実施しています。
  • いずれも定員20名、予約制となっています。
  • 検査の予約・相談は新潟市保健所エイズ相談専用電話025-212-8120へ(平日の月~金曜 午前8時30分~午後5時30分)。

通常検査ではHIV抗体検査以外に、梅毒、クラミジア、B・C型肝炎の検査を行っています。

このページの作成担当

保健衛生部 保健所保健管理課
〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号
電話:025-212-8183 FAX:025-246-5672

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る