このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

環境用水利活用促進事業

最終更新日:2018年4月1日

 平成19年10月18日全国で初めて環境用水の導水を開始しました

環境用水とは

 水質、親水空間、修景等生活環境又は自然環境の維持、改善等を図ることを目的とした水利使用であり、「新たな用水」の一つです。

事業目的

 都市化・混在化が進展している亀田郷地区では、非かんがい期(川から水を田畑にひかない期間)における流水量の減少と共に雑排水の流入やゴミの混入により、「悪臭」・「あおこ」が発生するなど、水質悪化が顕在化しており、当事業は非かんがい期に亀田郷地区の水路等に水を流すことにより、「水路の浄化」「水辺の親水性向上」また、「動植物等の生息・生育環境を保護・保全」することを目的としています。

事業概要

水利権申請者 新潟市
目的 水質保全、景観保全、生態系保全
水利使用許可期間 平成28年9月11日~平成29年4月23日
平成29年9月11日~平成30年4月23日
平成30年9月11日~平成31年4月23日
通水経路 亀田郷地区内の舞潟揚水機場より取水し、西線用水路、東線用水路、大堀排水路、新堀排水路、鍋潟排水路、清五郎排水路を経由して鳥屋野潟へ導入する。
(詳しくは、下記パンフレットの地図をご覧ください。)
最大取水量 2.09立方メートル/秒
協力機関 国土交通省、農林水産省、新潟県、亀田郷排水対策推進協議会、亀田郷環境整備連絡会(環境用水利活用促進部会)、亀田郷地域用水対策協議会、清流ルネッサンス2地域協議会、鳥屋野潟総合整備推進行政連絡会議・水環境対策部会、亀田郷土地改良区

環境用水導入の実施について

 平成19年10月に環境用水の水利権を取得し、水利使用許可期間である3年間にわたり非かんがい期の水路に通水し、水質保全、景観保全、生態系保全に取り組んできました。
 上記目的に対し一定の効果が得られており、平成22年、平成25年に続き、平成28年9月6日に環境用水の水利権の再取得を行いました。平成28年度以降も引き続き環境用水の導入を行います。

環境用水パンフレット

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

農林水産部 農村整備・水産課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎1号棟4階)
電話:025-226-1824 FAX:025-230-1033

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る