養育医療(未熟児のために)

最終更新日:2012年6月1日

からだの発育が未熟なまま生まれた乳児で、指定されている医療機関で入院養育が必要な場合、医療費の一部を公費で負担します。

(1)申請に必要なもの

1.養育医療給付申請書
2.養育医療意見書(指定養育医療機関の主治医が記入したもの)
3.世帯調書
4.同意書
5.乳児の健康保険証の写し
6.印鑑
7.本人確認ができる書類(下記参照)
8.その他
 転入者で新潟市に課税情報のない方は、乳児と同一世帯の父母、祖父母等の市県民税所得(課税)課税証明書が必要となります。

個人番号(マイナンバー)の記載と申請時の身元確認が必要です

申請時に、申請者の身元確認と、個人番号(マイナンバー)のため、以下の書類が必要になります。
1 申請者の本人確認ができる書類
(1点で確認できるもの)(1)マイナンバーカード(2)運転免許証等(3)官公署から発行されたもので、写真表示があり氏名、生年月日(または住所)が記載されているもの。
(2点で確認できるもの)(1)公的医療保険の被保険者証等(2)官公署から発行されたもので、氏名、生年月日(または住所)が記載されているもの。
2 乳児、申請者及び同一世帯員のマイナンバーが確認できる以下のいずれかのもの。
(1)マイナンバーカード(2)通知カード(3)個人番号が記入された住民票の写し。

(2)申請先

各区役所健康福祉課

(3)指定養育医療機関

新潟市が指定する指定養育医療機関は下記のとおりとなります。

(4)問い合わせ先

新潟市こども未来部こども家庭課母子保健係
電話 025-226-1205(直通)

このページの作成担当

こども未来部 こども家庭課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)

電話:025-226-1201

FAX:025-228-2197

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ