このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

先輩職員からのメッセージ2020

最終更新日:2021年3月22日

新潟市水道局では若い技術者が大活躍しています。私たちと一緒に、新潟の水道を創っていきませんか?

先輩職員メッセージ1 (土木1)

職員写真

水道管の中でも大きい、幹線の工事における設計・監督業務を行っています。過去の資料や現地を調査してから、他の埋設事業者(ガス・下水道等)と協議を行い、工事の内容を決定したうえで設計します。そして監督業務として、その工事を受注した土木業者と打合せをし、さらに関係する機関との調整や工事の進捗管理をします。

仕事のやりがいは?

関係機関との調整で苦労して設計・監督をした、大きな工事を無事に終えた時です。関わった工事が、きれいな水の安定した供給に繋がるのだと思うと、やりがいを感じ誇りに思います。

先輩職員メッセージ2 (土木2)

職員写真

私は水道管の維持管理をする部署に所属しており、主に地中で漏水している水道管の修理関係業務を担当しています。
老朽化により漏水した現場を直接確認し、水道の工事ができる土木業者に修理の依頼・計画・監督・精算等までの、現場仕事と事務仕事を行っています。

仕事のやりがいは?

担当の工事を最後まで終えた時です。計画段階や工事中は忙しく大変な時もありますが、工事を終えきれいに完了した現場を確認した時は社会人としての達成感があり、とてもやりがいを感じます。

先輩職員メッセージ3 (電気)

職員写真

私は水道施設(浄水場や配水場)工事の設計・監督を行う部署で、受変電設備を取り替える工事の監督業務に従事しています。工事期間中でも安定的に水道水を供給できるよう、施工手順や安全管理に注意して施工を進める必要があります。ときには製作工場へ行き、機器の構造や動作などの確認検査もしています。

仕事のやりがいは?

配水ポンプの大規模な電源盤を取り替える工事の監督業務に従事し、無事に完成させたことです。蛇口から水が出る「あたりまえ」の実現に貢献することができた時、やりがいを感じました。

先輩職員メッセージ4 (機械)

職員写真

私は浄水場に勤務しており、水道水を作る設備の維持・管理に携わっています。業務としては、施設の点検、老朽化した施設の一部を更新する設計、ポンプ等の機械を健全に維持するためのメンテナンス、突発的な故障の対応など多岐にわたります。機械のメンテナンスや故障の際は、専門の業者に依頼せず職員だけで対応する場合もあります。

仕事のやりがいは?

自分が設置・メンテナンスに携わった機械やシステムが、停電などの非常時にも正常に働き、水道水を送り続けることができた時には、自分の責任の重さを自覚するとともに、やりがいも感じます。

先輩職員メッセージ5 (化学)

職員写真

私は所属している水質管理課で、お客さまに供給する水道水の安全性確保に努めています。具体的には、製品である水道水の検査や、原料となる河川の水質検査の実施です。また、浄水処理が難航するなど水質に異常があった場合は、現地での調査や、関係部署と協力し原因を特定して対策を立てるといった業務も行います。

仕事のやりがいは?

臭気の原因物質を特定したことです。川で異常臭気が発生した際に、原因物質名を解明したことで原因の地点を特定する一助となり、水道水の品質管理に強く貢献できたと感じられました。

トップに戻る

お問い合わせ

水道局 総務課 職員係
電話:025-232-7316(直通)
電子メールアドレス:somu.ws@city.niigata.lg.jp

このページの作成担当

水道局 総務課
〒951-8560 新潟市中央区関屋下川原町1丁目3番地3(水道局本局本庁舎3階)
電話:フリーダイヤル0120-411-002(ご利用できない場合は025-266-9311) FAX:025-233-4503

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る