このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

先輩職員からのメッセージ2017

最終更新日:2017年4月24日

新潟市水道局では若い技術者が大活躍しています。
わたしたちと一緒に新潟の水道を創っていきませんか?

土木 「目指すは管路部門のプロフェッショナル」

若月 洋輔 経営企画部計画整備課(平成23年入局)

担当している業務内容を教えてください

私の所属する計画整備課は、水道施設(浄水場や配水場)や水道管の整備・更新に関する計画の策定、水道施設工事の設計・監督業務を担当する部署です。
その中でも私は、主に水道管の整備・更新計画に関する業務を担当していて、今年で3年目になります。係長や先輩と日々、悩みながら一生懸命業務に取り組んでいます。

やりがいを感じた仕事は何ですか

私たち計画担当部署の職員は、自分達が策定した計画に対して、設計・発注し実際に工事を行うような仕事に携わることはありません。ですが、自分が考えた計画が工事担当部署の協力により様々な問題を乗り越えて達成されたときに、とてもやりがいを感じます。
また、それが市民生活や産業活動に欠かせないライフラインとしての使命であり、お客さまへの「安全・安心でおいしい水道水の安定供給」につながると信じています。

学んできたことや経験が生かせたと感じたことはありますか?

私は学生時代、部活動やアルバイトなど様々なことを経験してきましたが、全てに共通して大切だと感じたことは「あいさつ」です。上司・先輩に対してはもちろん、仲間に対しても「あいさつ」することは大切であり、それは社会に出てからも変わりません。当たり前のことかもしれませんがもっとも大切なことだと思っていますし、これからも心掛けたいです。

これからの目標を教えてください

私は入局からこれまで、計画を策定する業務に携わってきましたが、工事担当部署へ異動し、計画担当部署が立てた計画を実施する立場を経験したいと思っています。今後は現場業務についての理解を深め、計画と現場の両方に対応可能な、管路部門のプロフェッショナルになれるようにがんばりたいと思っています。

就職活動中の皆さんにメッセージをお願いします

就職は、今後の自分の人生を決める大切なイベントです。悔いの無いよう一生懸命がんばっていただきたいと思います。また、残り少ない学生生活もおろそかにせず、精一杯、勉強に遊びに謳歌してください。

土木 「思い出深い場所が増えてきました」

関口 弘大 中央事業所維持管理課(平成25年入局)

担当している業務内容を教えてください

私は水道管の維持管理を担当する部署に所属していて、主に道路改良工事や下水道工事といった水道以外の工事の際に支障となった水道管を移設するため、工事の設計や監督業務を行っています。

やりがいを感じた仕事は何ですか

どのような工事でも、設計時には分からなかった様々なトラブルが出てきます。問題を一つ一つ解決し、関係者と一丸となって完遂させた工事はどれも忘れることができません。市内を車で走っていると「ここではこんな工事をしたなぁ」と思い出深い場所が増えてきました。

学んできたことや経験が生かせたと感じたことはありますか

大学は工学部を卒業し、学習した知識を活用することができています。業務を行う中では、他の事業者やお客さまと接する機会も多いですが、当時の研究発表等で培った説明力が役立っていると、今になって感じています。
また、現所属では監督員として現場作業に従事することもあり、学生時代からスポーツを続けてきたことが体力的
な面でも活かせていると思います。

これからの目標を教えてください

就職してから4年目になり、水道事業の面白さ、奥深さを痛感しています。まだまだ学ぶべきことがたくさんあり、総合的な知見から物事を判断できる職員になりたいと思っています。また、この職場には自分の趣味や家族との時間を楽しみ、生き生きとしている人がとても多いと感じます。私もプライベートを充実させ、仕事との両立を図っていきたいです。

就職活動中の皆さんにメッセージをお願いします

新潟市の大きな特徴として、水道分野の職員を独自で採用していることが挙げられます。このような採用制度を用いているのは全国的にも稀で、より専門的な技術を習得できるため、新潟市の水道技術は全国でもトップレベルです。
先輩職員もみなさん面倒見がよく、とても働きやすい職場です。一緒に働ける日が来ることを楽しみにしています

電気 「ひとつひとつが安全な水を届けることにつながる」

石塚 元気 技術部浄水課 阿賀野川浄水場(平成26年入局)

担当している業務内容を教えてください

主に浄水場と配水場にある設備の維持管理です。電気・機械設備の点検や、老朽化した設備を取り替えるための工事の設計を行ったり、現場監督を行ったりと様々な業務をしています。

やりがいを感じた仕事は何ですか

ひとつひとつの作業が、お客さまに安全な水を届けることに繋がると考えると、すべての作業にやりがいを感じます。また、自分のミスひとつで大変な事態を招くおそれのある大変責任のある仕事をしていると感じます。そのため、日々学ぶことが多く、勉強の毎日です。
まだまだ知らないことがたくさんありますので、日々様々な知識を得ることができ、充実した生活を送っています。

学んできたことや経験が生かせたと感じたことはありますか

学生の頃に学んだ知識が全く通用していないと感じるので、正直にいうとありません。ほぼ一から勉強しています。ただ、人と接する機会が多いので、コミュニケーション能力を身につけておいた方がよいと思います。

これからの目標を教えてください

社会人3年目となったので、自発的な行動を日々心がけていきたいと思います。また、後輩も多く入り、指導する立場にもなるので、日々の勉強を忘れないようにしたいと思います。

就職活動中の皆さんにメッセージをお願いします

就職活動中は、面接試験などで気が張って、疲れも溜まりやすくなると思うので、適度に息抜きをしながら頑張ってください。応援しています。

機械 「変化に気づける技術者になりたい」

田辺 紘一 技術部浄水課 満願寺浄水場 (平成27年入局)

担当している業務内容を教えてください 

浄水場設備(主に機械設備)の点検・補修などの維持管理や修理・更新工事の設計、図面作成を行っています。

やりがいを感じた仕事は何ですか

日々の点検業務です。水処理施設を毎日見ていると季節・気候による水質の変化、処理の状態がわかるようになります。また、機械の様子がいつもと違う、といった変化にも気づくことができ、故障の早期発見や、早い段階で修理ができます。基本的な業務ですが、維持管理に最も重要な業務であり、点検の中で発見や学ぶことも多くやりがいを感じています。

学んできたことや経験が生かせたと感じたことはありますか

私は大学時代、サークル活動の一環で機械製品の分解、整備を行ってきました。浄水場では自分たちで機械の修理を行うこともあるので、工具の使い方、部品図・分解図の見方がわかっていたことは役に立っていると感じます。

これからの目標を教えてください

浄水場はさまざまな機械・電気設備、それらを管理する監視制御があります。機械の知識だけでは浄水場の維持管理をしていくことは難しいです。少しずつでも専門外の分野の知識、経験を積んでいくことで広い視野と多くの視点から浄水場の維持管理をしていけるようになりたいです。

就職活動中の学生にメッセージをお願いします

勉強すること、覚えることが非常に多い職種ですが、職場の雰囲気は明るく、点検などでコミュニケーションも多い環境なので、わからないことは先輩方に相談し周りと協力しながら仕事を進めています。

化学 「安心してもらえたときには強いやりがいを感じます」

今井 美友 技術部水質管理課(平成28年入局)

担当している業務内容を教えてください

私の所属する水質管理課は水道水の原料である河川水や、浄水場で作られた水道水の水質検査をしています。
検査には、法律で定められた薬品や分析機器の使用が欠かせないので、私の係では、そのために必要な備品の発注や、分析機器の定期点検の準備作業を担当しています。
また、河川水や水道水のにおいを検査する業務も担当しています。

やりがいを感じた仕事は何ですか

電話対応です。水道水の水質に関するお問い合わせが、お客さまからよく寄せられます。自分の知識でお客さまの疑問に答えることができた場面はまだまだ少ないですが、お客さまから納得し、安心してもらえたときには、強いやりがいを感じます。

学んできたことや経験が生かせたと感じたことはありますか

検査・試験業務では、大学で学んだ化学の基本的な知識を生かすことができたと感じています。一方、分からないことに直面したときには、その都度自分で調べたり先輩職員に質問したりして、疑問を解決するようにしています。

これからの目標を教えてください

入局して間もない頃には、先輩職員がお客さまに説明している姿を横で見ているだけでしたが、これからは自分の言葉でお客さまにわかりやすく説明できるよう、新たな知識を身に付けつつ、相手の立場に立って物事を考えることができる職員になりたいです。

就職活動中の皆さんにメッセージをお願いします

入局までは水道に関する知識もなく、自分に仕事が務まるのか不安でいっぱいでしたが、当局は研修制度も充実していますし、OJTによって自分の技術のレベルアップを実感できます。
また市民生活に直結しているという点で、水道局はやりがいをもって働くことができる職場だと思います。

トップに戻る

このページの作成担当

水道局 総務課
〒951-8560 新潟市中央区関屋下川原町1丁目3番地3(水道局本局本庁舎3階)
電話:フリーダイヤル0120-411-002(ご利用できない場合は025-266-9311) FAX:025-233-4503

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る