このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

風しん追加的対策について(対象:昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性の方)

最終更新日:2019年3月1日

風しんが首都圏を中心に全国で流行しています。
風しんは感染力が強く、職場や電車など人が集まる場所で多くの人に感染させる可能性があり、成人が感染すると高熱・発しんの長期化など症状が重くなることがあります。
また、妊婦が感染すると、赤ちゃんが先天性風しん症候群になることがあります。
風しんの予防にはワクチンが有効です。国は全国で、これまで風しん予防接種を受ける機会がなかった方を対象に、抗体検査を実施し、抗体のない方に予防接種を無料で実施することとしました
対象者へ4月から順次クーポンを発送しますので、特定健診や事業所健診の際には抗体検査を受けてください。
市では、3月から医療機関でも実施していますので、クーポン到着前でも希望する場合は下記をご確認ください。

平成30年度 風しん抗体検査(追加的対策)について

実施期間

平成31年3月1日から平成31年3月31日まで(1か月間限定)

対象者

本市に住民登録がある昭和37年4月2日~昭和54年4月1日の間に生まれた男性
ただし、次に該当する方は対象外となります
A 平成26年4月以降に風しんの抗体検査を受け、結果が「陽性」であった方又は「陰性」の記録がある方
B 風しんの予防接種を受けたことがあり、その記録がある方(MRやMMRなどの混合ワクチンも含めます)
C 検査で証明された風しんの罹患歴がある方

注意1 助成は1人1回限りです。(平成26~30年度の過去の新潟市風しん抗体検査事業も含みます。
 市風しん抗体検査の結果は、保健所保健管理課へお問い合わせください。)

検査内容

風しん抗体検査(血液検査)
結果については、後日、検査を受けた市内委託医療機関より説明を受けてください。

自己負担額

無料

検査場所・利用方法

「風しん抗体検査(追加的対策)」を受けたいと市内委託医療機関へ申し出をし、対象者要件の確認を受け、検査を受けてください。
検査日、時間、予約が必要か等は、必ず、市内委託医療機関にお問い合わせください。

持ち物

健康保険証など、住所、氏名、生年月日が確認できるもの

平成30年度 風しん定期予防接種(追加的対策)について

実施期間

平成31年3月1日から平成31年3月31日まで(1か月間限定)

対象者

本市に住民登録があり、風しん抗体検査の結果、風しんの抗体が「陰性」(HI法で8倍以下、EIA法で6.0未満)の方

注意1 定期接種は1人1回です(平成26年度以降の風しん予防接種事業、平成25年度「緊急風しん対策予防接種事業」で
 助成を受けた方は対象外です。)
注意2 風しん抗体検査の結果については、実施場所や時期は問いません。(市の抗体検査事業以外でも書類等で、検査
 方法と抗体検査の結果が陰性であることが確認できれば可)

対象ワクチン

麻しん風しん混合(MR)ワクチン

自己負担額

無料(定期接種のため)

接種場所・利用方法

「風しん定期予防接種(追加的対策)」を受けたいと市内委託医療機関に申し出をし、対象者であると確認を受けてください。
接種日、接種時間、予約が必要か等は、必ず、医療機関へお問い合わせの上、受診してください。

持ち物

  • 健康保険証など住所、氏名、生年月日が確認できるもの
  • 風しん抗体価が記載されているもの(陰性:HI法で8倍以下、EIA法で6.0未満)

(新潟市風しん抗体検査事業申込票(兼)結果通知書)

接種にあたっての注意事項

この予防接種は定期予防接種です。効果や副反応をよく理解し、不明な点は、予防接種を受ける前に医師に質問し、十分理解した上で接種を受けて下さい。

予防接種の効果

予防接種を受けると95パーセント以上が免疫を獲得することができます。

副反応について

主な副反応は、発疹、紅班、かゆみ、発熱、リンパ節の腫れ、関節痛などです。稀に生じる重大な副反応は、ショック、アナフィラキシー、急性血小板減少性紫斑病、急性散在性脳脊髄炎、脳炎、脳症などが報告されています。

接種を受けることができない方

予防接種は、体調の良い日に行うことが原則です。健康状態が良好でない場合には、かかりつけ医に相談の上、接種するか否か決めて下さい。また、次の場合には予防接種を受けることができません。

  1. 明らかに発熱(通常37.5度以上)がある場合
  2. 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな場合
  3. この予防接種の接種液の成分によってアナフィラキシー(全身のアレルギー反応)を起こしたことがある場合
  4. 妊娠していることが明らかな方
  5. その他、医師が接種が不適当な状態と判断した場合

お問合せ先

保健管理課感染症対策室 電話:025-212-8194
月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分まで(土・日・祝日および12月29日から1月3日を除く)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

保健衛生部 保健所保健管理課
〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号
電話:025-212-8183 FAX:025-246-5672

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る