このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

薬物乱用防止に関すること

最終更新日:2019年4月22日

各項目の名称をクリックすると、このページ内の各項目へ移動します。

啓発資材の貸出し、講師の派遣

相談窓口、家族会、自助グループ

薬物乱用防止に関する情報のリンク集です。

薬物乱用について

薬物乱用とは

薬物乱用とは、社会のルールからはずれた方法や目的で薬物を使用することをいいます。覚醒剤、大麻などの違法薬物は、たとえ1回だけの使用でも乱用になり、同時に犯罪になります。また、医薬品は、病気や傷の治療に使いますが、こうした目的以外に使えば乱用です。
覚醒剤、大麻などの違法な薬物は、乱用すると依存症を引き起こし、精神障害を発症させます。一度ダメージを受けた脳は決してもとの状態には戻りません。また、薬物乱用の悪影響は脳や内臓にも広く現れます。さらに薬物乱用は、乱用する薬物を手に入れるために窃盗、強盗、売春、殺人などの犯罪を誘発し、家庭の崩壊や社会の秩序の破壊などを招く要因にもなります。

薬物を乱用すると

薬物乱用の恐ろしさは、何回も繰り返して使用したくなる「依存」を引き起こすこと。また、繰り返し使用しているうちに「耐性」を生じることです。1回だけと思って使いはじめた人も、薬物の「依存」と「耐性」によって使用する量や回数がどんどん増えて、自分の意思ではやめることができなくなります。

危険ドラッグについて

覚醒剤や大麻などと同様の、又はそれ以上の薬理作用がある物質であるにもかかわらず、「脱法ドラッグ」という呼称が、その違法性、危険性について、あたかも合法であるかのような誤解を与えることもあったことから、警察庁と厚生労働者はそれに変わる名称を「危険ドラッグ」としました。「危険ドラッグ」の多くが実際には違法薬物であり、これらが危険性の高い薬物であることに変わりはありません。

薬物に関する相談

麻薬、覚醒剤、危険ドラッグなどの薬物に関する相談に応じています。
新潟市保健所保健管理課 薬事指導係
電話:025-212-8189

なお、薬物依存及び薬物依存に関する相談は「薬物依存について」をご覧ください。

新潟市保健所の薬物乱用防止啓発活動について

薬物乱用防止啓発資材の貸出しについて

薬物乱用防止の啓発のため、薬物標本(模型)やパネル、DVDなどの啓発資材の貸出しをおこなっております。
啓発資材の詳細は、下記の一覧をご覧ください。
(お申込み方法)
(1)貸出しを希望する方は、あらかじめお電話で在庫状況をお問い合わせのうえ、仮予約してください。
(2)電話での仮予約後にFAX又は郵送で下記の申込用紙による正式申込をしてください。

その他、パンフレットやポスターの要望については直接お電話でお問い合わせください。

新潟市保健所保健管理課 薬事指導係
電話:025-212-8189

薬物乱用防止教育への講師派遣

新潟市保健所では、薬物の恐ろしさや正しい知識を啓発するため、市内の学校の薬物乱用防止教室等へ講師を派遣しています。
講師は薬物依存症者を抱える家族です。
講師の派遣を希望する学校の担当者の方は、お電話でお問い合わせください。
新潟市保健所保健管理課 薬事指導係
電話:025-212-8189

薬物乱用防止教育への講師派遣状況(直近3年)
開催年度 講師を派遣した学校数 講師派遣の回数 聴講した学生・生徒の数
平成30年度

13校
(小学校1校、中学校10校、高等学校2)

13回 3100人

平成29年度

10校
(小学校1校、中学校4校、高等学校4校、専門学校1校)

10回

2700人

平成28年度

10校
(中学校6校、高等学校2校、専門学校2校)

10回

2400人

薬物依存について

相談窓口

薬物依存についての相談窓口は下記ホームページをご覧ください。

家族の薬物問題でお困りの方

薬物依存症者の家族同士が集まり、薬物依存症の当事者と接するためにどんなことをすればいいのか勉強し、話し合います。
月に1回、長岡市内で例会を開催しています。詳細は下記ホームページをご覧ください。
新潟県薬物依存症者を抱える家族の会 
電話:090-8723-3715(世話人代表 小西 憲)

薬物依存症の自助グループ「NA(ナルコティクス アノニマス)」

薬物依存症の当事者が集まり、回復を目指して全国各地でミーティングをおこなっています。
新潟でもミーティングが開催されていますので、詳細は下記ホームページをご覧ください。

関連情報

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

保健衛生部 保健所保健管理課
〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号
電話:025-212-8183 FAX:025-246-5672

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る