【豪雨への備え】 下水の逆流を防ぐ対策を紹介

最終更新日:2022年6月14日

下水道の逆流を防ぐ対策~水のうの設置~

急な大雨が降ると、下水管が満水の状態になり、トイレやお風呂場・洗濯機の排水口などから、下水が逆流し、水が吹き出ることがあります。

「水のう」での逆流防止

ゴミ袋などの大きめのビニール袋を二重に重ね、水を入れて漏れないように口をきつく結びます。 
これを「水のう」といいます。
「水のう」を便器の中やお風呂場、洗濯機などの排水口に被せることで下水の逆流を防ぎます。

※ トイレにビニール袋を流さないように注意してください。

このページの作成担当

下水道部 下水道計画課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館2階)

電話:025-226-2979

FAX:025-228-2209

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ