コスプレ撮影スポット

最終更新日:2021年11月19日

コスプレ撮影施設として利用可能な新潟市所管のスポットをご紹介します!

天寿園

【おすすめ撮影スポット】
中国式庭園 大広間 茶室

悠久の歴史と伝統にはぐくまれた、極彩色の建物が目を引く華やかな中国庭園と四季折々に風情のある日本庭園が調和した国内ではまれな施設です。

中国庭園は、中国人による設計と施工で、資材もすべて中国から運んだ本格中国庭園です。実在する様々な名勝を各所に取り入れながら、中国の庭の要素をどこかに体験できるように工夫されています。全体は雅語を配した八つの風景区に分かれており、中国のかつての宮廷庭園における習慣にならったものです。

日本庭園は、広大な池と滝を中心とした日本の伝統的な築山林泉式(つきやまりんせんしき)庭園です。正面にかなりの水量の滝があり、その左手に「茶室」と「茶寮」があります。そこを進むと視界が開け、日本庭園全体が見渡せます。池に影を落とす蓮のような建物は「瞑想館」で、地上に美しいカーブを描いています。「瞑想館」は、建築家故村野藤吾氏の作品であり、池に浮かんだ蓮の花をイメージに建設されました。

【着替え・メイク場所・荷物保管場所】
・撮影場所も兼ねて大広間または茶室をご利用いただけます。(有料)
午前9時から正午、午後1時から5時、午後6時から9時 各時間帯3,000円(大広間・茶室とも)

【注意】
・茶室や大広間は、安価に更衣室としてもご利用いただけます。
・庭園のみご利用の場合でも、撮影の際は受付に一言お声掛けください。
・庭園は夜間照明がありませんのでご注意ください。
・貸室以外では、占拠するなど他のお客さまの迷惑にならないようお願いします。

お問い合わせは、下記サイトをご確認いただき、施設へ直接ご連絡下さい。

みなとぴあ

【おすすめ撮影スポット】
旧第四銀行住吉町支店2階会議室(昭和初期のレトロな部屋)

新潟市歴史博物館は、開港当時の姿のまま唯一現存する国の重要文化財「旧新潟税関庁舎」に加え、旧新潟税関の敷地は国の史跡、そして、歴史的建造物として移築復原された国の登録有形文化財になっている旧第四銀行住吉町支店といった国の文化財が集中しているという特色があります。新潟は、NHKの「ブラタモリ~新潟は“砂”の町!?」で紹介されたように、信濃川と阿賀野川の日本を代表する2つの大河が運んできた大量の土砂によってつくられた長大な砂丘によって成っている一方、砂丘の内側は水はけの悪い低湿地が広がり、度々襲ってくる洪水と闘いながら何時間もかかる農作業は過酷を極めました。

博物館本館では、こうした自然環境に左右されながら、低湿地を美田に変えてきた水と土の歴史をジオラマや映像などによってわかりやすく紹介しています。

信濃川河口の水景色と異国情緒あふれる建造物は、撮影には、うってつけではないでしょうか。

【着替え・メイク場所・荷物保管場所】
・撮影場所も兼ねて旧第四銀行住吉町支店2階の会議室または日本間をご利用いただけます。(有料)
午前9時30分から正午 2,000円
午後1時から5時 3,500円
午後6時から9時 2,500円

【注意】
・博物館本館の「セミナー室」は「歴史に関する活動等」の利用となります。
・旧第四銀行住吉町支店の会議室・日本間の貸館利用は、営利、宣伝又は営業上の目的としない個人・団体等の活動に限ります。
・撮影を行う場合は、管理者(歴史博物館)の許可を取っていただくようお願いします。
・旧第四銀行及び旧新潟税関は特に歴史的建造物ですので、三脚の先等で傷つけないよう注意してください。

お問い合わせは、下記サイトをご確認いただき、施設へ直接ご連絡下さい。

旧笹川家住宅(笹川邸)

【おすすめ撮影スポット】

表門(巽風門(そんぷうもん)) 前庭 広間

笹川家は、安土桃山時代に信濃国水内郡笹川村からこの地に移住したと伝わり、14代300年にわたり続いた名家です。江戸時代には、味方組8か村(味方、白根、板井、木場、黒鳥、北場、亀貝、小新 合計約8,000石)を束ねる大庄屋を代々務め、年貢のとりまとめ、藩から与えられた警察・裁判権を行使していました。また、水害の多かったこの地域での治水、新田開発に貢献してきました。

周囲に堀をめぐらせた広大な敷地の中には、天正年間(1573年から1591年)に建てられたと伝わる茅葺きの表門(巽風門(そんぷうもん))、文政9(1826)年に再建された威厳ある表座敷や建ち並ぶ土蔵群などは大庄屋の格式をよく示しています。俳人高浜虚子が「椎落葉掃き悠久の人住めり」と讃えた歴史ある遺構は、はるかに広がる蒲原穀倉地帯の豊かさの象徴です。

県下を代表するこの住宅は、昭和29(1954)年に重要文化財の指定を受け、同45(1970)年から一般公開しています。

【着替え・メイク場所・荷物保管場所】
・着替え、メイク場所、荷物保管場所はありません。

【注意】
・撮影には入館料が必要です。
・撮影を行う場合は、事前に管理者(旧笹川家住宅)の許可を取っていただくようお願いします。
・撮影利用時間(準備・後始末等含む)は開館時間内となります。
・「コスプレに関する利用の手引き」を遵守してください。

入館料や「コスプレに関する利用の手引き」は、下記サイトをご確認いただき、お問い合わせは施設へ直接ご連絡下さい。

このページの作成担当

文化スポーツ部 文化政策課

〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル5階)

電話:025-226-2563

FAX:025-226-0066

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ