各種検診

最終更新日:2020年11月30日

新型コロナウイルスの影響に伴う各種検診に関するお知らせ

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご理解とご協力をお願いいたします。感染症の状況等により変更となる場合があります。

新型コロナウイルス感染症が気になってがん検診の受診を控えている皆様へ

 検診会場では換気や消毒を行うなど、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策に努めています。
 体調の良いときに、ぜひ受診してください。がんは自覚症状が現れにくいため、定期的な検診で健康状態をしっかり確認することが大切です。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(参考)新潟県ホームページ「健(検)診の受診を控えている皆様へ」(外部サイト)

集団検診について(新型コロナウイルス感染症対策)

胃がん・肺がん検診(令和2年7月1日(水曜)から再開)

 胃がん、肺がんの集団検診は令和2年4月1日(水曜)から6月30日(火曜)まで中止し、7月1日(水曜)から再開しています。再開後は予約制とし、日程を変更します。

乳がん検診(令和2年6月1日(月曜)から再開)

 乳がんの集団検診は5月31日(日曜)まで中止し、6月1日(月曜)から再開しています。

肺がん検診予約受付電話番号の追加について

 検診実施機関で予約を受け付けていますが、電話がつながりにくい状況であることから、予約受付電話番号を追加します。

  • 肺がん検診予約先 公益財団法人 新潟県保健衛生センター成人病検診センター
  • 予約受付電話番号 【1】025-333-8328 【2】025-267-6323(追加)
  • 予約受付時間 平日 午前9時から午後4時30分

令和2年度集団検診日程表(令和2年10月4日更新)

検診センター追加日程

 新型コロナウイルスの影響で中止となったがん検診の受診機会を増やすため、胃がん(バリウム)検診と肺がん検診を追加で開催します。

今後、日程の追加等があった場合、区だよりやホームページで順次お知らせしますので、ご確認ください。

各区会場の日程

感染症対策のため受診の前にお読みください

 再開にあたり、新型コロナウイルスの感染予防対策として、3つの密(密閉・密集・密接)を避けるために、以下の点にご理解とご協力をお願いいたします。また、検診車に入る人数を制限するため、終了まで時間がかかることが想定されます。あらかじめご了承ください。

1.マスクを着用してください。
2.体調の確認をさせていただきます。
    • 検診当日は、ご自宅で体温を測定し、メモをしてお持ちください。
    • 体調確認のための問診をさせていただき、体調不良の方は受診を控えていただきます。
    • 発熱、せき、倦怠感などがある方は、受診を控えてください。
    • 当日、体調不良で欠席する場合、キャンセルの連絡は不要です。
3.持病の症状に変化がある方は、かかりつけの主治医に検診の必要性をご相談のうえ、申込みを検討いただきますようお願いします。
4.2週間以内に新型コロナウイルスの流行地域に出かけた方は、ご遠慮いただくこともあります。
5.感染予防のため、集団検診を受診する時の服装は、次のことにご注意ください。
      • 乳がん検診には、バスタオル(カーディガンや上着でも代用可)を必ずお持ちください。
      • 胃・肺がん検診には、無地のTシャツ、ファスナー等の金属やボタンのない服装で来てください。
      • 上記の服装で来ていただけない方が着用する検診着の利用は有料(200円)となります。

次の対象年齢の方は医療機関でも受診できます。

  • 胃がん検診(バリウム検査) 40歳以上の方(今年度のみの特例)
  • 胃がん検診(内視鏡検査) 40歳、45歳、50歳以上の偶数年齢の方
  • 乳がん検診 40歳から69歳の偶数年齢の女性(70歳以上の車いす利用者も受診可)

施設検診について(新型コロナウイルス感染症対策)

胃がん検診バリウム検査の対象年齢の拡大について

 中止した集団検診の代替日を全日程確保することは困難な状況であることから、受診機会確保のため、医療機関での胃がん検診の対象年齢以外の方についても、今年度に限り医療機関での受診を可能とします。
検診の種類 胃がん検診バリウム検査(胃がん検診内視鏡検査は不可)
対象者 新潟市がん検診の対象者のうち41~44歳、46~49歳(年度末に達する年齢)
受診可能期間 令和3年3月31日まで
受診方法 新潟市の胃がん検診バリウム検査実施医療機関へ直接ご予約ください。

令和元年度にがん検診の受診を控えた方を対象とした受診機会の確保について

 令和元年度(令和2年3月31日まで)に対象のがん検診を受診できなかった方は、下記のとおり検診を受診できます。
1.対象者 新型コロナウイルス感染拡大の防止のため令和元年度に新潟市のがん検診を受診できなかった方
2.対象検診種類 胃がん検診(内視鏡検査)、前立腺がん検診、ピロリ菌検査
3.受診可能期間 令和2年4月1日から令和2年9月30日まで
4.受診方法 令和2年度の受診券を用意し、直接医療機関に予約してください。

 検診の委託医療機関では、体調の悪い方の診療が優先となるため、予約が取りにくい場合があります。
 予約をしてある検診であっても、当日に発熱等の体調不良がある時は 受診を控えてください。

 各種検診につきましては、体調の良いときに受診してください。

各種がん検診のご案内

職場等でがん検診の機会がないと思われる方に受診券をお送りしています

受診券が届かない方で職場等での検診がない場合は、受診券を発行しますのでお住まいの区役所にご連絡ください。

各種がん検診のご案内
健(検)診の種類 方法 内容 対象(年度年齢)
(令和3年3月31日現在の年齢です)
自己負担額
(40歳)
自己負担額
(41~59歳)
自己負担額
(60~69歳)
自己負担額
(70歳以上)
肺がん(結核)検診 集団 X線撮影 40歳以上 0円 0円 0円 0円
喀痰検査 集団 喀痰検査

肺がん検診受診者のうち
65歳以上の該当者

** **

1000円

0円
胃がん検診 集団 バリウム検査 40歳以上 0円 1000円 1000円 0円

胃がん検診

施設 バリウム検査または内視鏡検査

40歳、45歳、50歳以上(注1)
内視鏡検査は50歳以上は偶数年齢が対象

0円 2000円 1000円 0円
乳がん検診 集団 マンモグラフィ検査

40歳以上の偶数年齢の女性
(奇数年齢でも前年度未受診者は受診可)

0円 1000円 1000円 0円

乳がん検診

施設

マンモグラフィ検査

40~69歳の偶数年齢の女性
(奇数年齢でも前年度未受診者は受診可)

0円 1000円

1000円

0円
(注2)車いす利用者

子宮頸がん検診 施設 細胞診検査

20歳以上の偶数年齢の女性
(奇数年齢でも前年度未受診者は受診可)

1000円 1000円 1000円 0円
大腸がん検診 施設 便潜血検査 40歳以上 0円 1000円 1000円 0円
前立腺がん検診 施設 血液検査 50歳から5歳間隔の年齢の男性 ** 1000円 1000円 0円
肝炎ウイルス検査 施設 血液検査 検査を希望する人で、過去に一度も検査を受けたことがない人 0円 0円 0円 0円
ピロリ菌検査 施設 血液検査

40・45・50・56歳
新潟市特定健診または新潟市胃がん検診(胃内視鏡検査)と同時実施

1000円

1000円

** **

新潟市では、職場で検診を受ける機会のない方を対象に各種がん検診を実施しています。
対象年齢は、すべて年度年齢(令和3年3月31日現在の満年齢)となります。
(注1)令和2年度に限り41~44歳、46~49歳はバリウム検査を受診できます。
(注2)車いす利用者は、乳がん検診を施設(医療機関・検診機関)で受診できます。(同伴者が必要です)

新潟市国民健康保険に加入している方

新潟市国民健康保険に加入している方は、上記の自己負担額の半額になります。(ただし、ピロリ菌検査は除く)
なお、新潟市国民健康保険に加入の方については、特定健康診査を実施しています。
特定健康診査・特定保健指導について

受診の際に持参するもの

受診の際には、受診券、健康保険証、自己負担金を必ずお持ちください。(受診券は40歳以上のみ)

検診対象外の方

  • 検診を受けようとする部位のがんで治療中・経過観察中の方は受診できません。また、自覚症状がある方は、医療機関での診療を受けてください。
  • 乳がん検診・子宮頸がん検診は、職場で2年に1回の検診がある方は、市の検診は受診できません。
  • 職場で胃がんバリウム検査を実施している場合は、市の胃がん検診(バリウム検査および内視鏡検査)は受診できません。

自己負担額が無料になる方

  • 65歳以上の後期高齢者医療制度加入者は無料です。
  • 69歳以下の人で生活保護受給者人は無料になります。受診の10日位前までに区役所健康福祉課(東区、中央区、西区は保護課)にお問い合わせください。
  • 69歳以下の人で市民税非課税世帯の人は無料になります。受診の2週間前までに区役所健康福祉課に申請書を直接または郵送で提出してください。

各種がん検診を受診可能な委託医療機関名簿はこちらから(令和2年度版)

子宮頸がん検診を休日に受診できる医療機関

平成31年度から胃がん内視鏡検査は2年に1回の検診になりました

 本市の胃内視鏡検査で胃がんが発見された人の5年生存率は90%以上です。本市の検診結果などに基づく研究から、内視鏡検査により胃がん死亡率の減少が証明され、胃がん発見時の1年前と2年前に検診を受けていた人それぞれの5年生存率に差はありませんでした。国は指針を改正し、50歳以上の人には2年に1回の受診を推奨しています。これらのことから、平成31年度より、本市の胃内視鏡検査は40歳、45歳および50歳以上の偶数年齢の人が対象となりました。なお、バリウム検査は今までどおり毎年受診できます。

新潟市における胃がん検診研究

新潟市における胃内視鏡検診研究について

 日本では、がんで亡くなる方のうち、胃がんは男女ともに上位をしめています。
 胃がんで亡くなる方を減らすために、新潟市では平成15年度からX線だけでなく、胃内視鏡(胃カメラ)による検診を開始しました。
 新潟市で住民検診として行っている胃内視鏡検診によって、胃がんの死亡率が減少するかどうか科学的に証明するため、胃内視鏡検診研究班と新潟市医師会、新潟市保健所は平成24年度から研究を実施しています。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。 「なぜ胃内視鏡検診を行うのか」(外部サイト)

リスク別の胃がん検診研究について

 子どもの時に、ピロリ菌に感染すると胃がんになるリスクが高くなります。ピロリ菌に感染すると、長い年月をかけて胃の粘膜に「萎縮」という変化が起き、更にそのごく一部に胃がんが発生します。
 「個別リスクに基づく適切な胃がん検診提供体制構築に関する研究」では、ピロリ菌の感染や胃粘膜の変化などを調べることで、胃がんを発症するリスクが高い人と低い人を区別し、リスクの低い人は検診間隔を延長し、検診の回数を減らすことが可能かどうかを研究しています。
 新潟市にお住まいの方で、条件に当てはまる方に、研究への参加協力をお願いしています。詳しい内容については、研究ホームページをご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。個別リスクに基づく適切な胃がん検診提供体制構築に関する研究ホームページ(外部サイト)

お問い合わせ先

各区役所健康福祉課健康増進係

聴覚障がいのある方等のがん集団検診の申し込みについて

 がん集団検診の受付は電話でのご予約をお願いしておりますが、電話での申込みが難しい方については、FAXで申込みができます。
 お申込みの際は以下の内容をご記入ください。(様式は自由です。申込書もお使いいただけます。)

  1. 希望検診日と時間
  2. 氏名(漢字とカナ氏名)
  3. 生年月日と受診券に記載の年齢(受診券のない方は翌年3月31日現在の年齢を記載する)
  4. がん検診の受診券の有無
  5. 自宅のFAX番号

 受付の可否をFAXでご連絡させていただきます。FAXが届きましたら必ず、内容を確認のうえ返信をお願いいたします。

このページの作成担当

保健衛生部 保健所健康増進課

〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号(新潟市総合保健医療センター2階)
がん検診に関すること 電話:025-212-8162
健康づくりに関すること 電話:025-212-8166
歯科保健に関すること 電話:025-212-8157

FAX:025-246-5671

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

公衆無線LANサービス「Niigata City Wi-Fi」

配食サービス

市債

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ