このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

充電池使用製品によるごみ処理施設の発火事故が多発しています

最終更新日:2021年12月28日

リチウムイオン電池などの充電池使用製品の増加に伴い、充電池が「燃やさないごみ」として出され、ごみ処理施設での発火事故が多発しています。
リチウムイオン電池は破損すると発火しやすく大変危険です。ごみの出し方、分別ルールを守ることにより安全にごみを処理できるだけでなく、施設の長寿命化にもつながりますので、市民の皆さまのご協力をお願いします。

新田清掃センターでの発火事故の状況

新田清掃センター破砕施設では、全市の「燃やさないごみ」を破砕機で細かく砕いて金属回収しています。
充電池を使用した製品が「燃やさないごみ」として出されると、破砕機で砕かれ、充電池が破損して発火し、火災や事故につながります


新田清掃センター破砕施設発火事故件数(消防が出動した火災4件を含む)

充電池が使用されている製品の具体例

使用時に、電源コードが不要な家電製品や、充電が必要な家電製品には電池や充電池が入っています。(コードレス、ポータブル、ハンディ、携帯製品)

製品例

加熱式たばこ、電気シェーバー、電動歯ブラシ、スマートフォン、コードレス掃除機など


電池が内蔵された製品

充電池の正しい捨て方

充電池が取りはずせる製品

取り外した充電池は電池類として「特定5品目」の日に出す。

充電池が取りはずせない製品

製品本体ごと「特定5品目」の日に出す。袋に入らない大きなものは「粗大ごみ」に申し込む。
無理な分解は充電池の発火につながり大変危険です。

国の通知等

リチウムイオン電池の処理については全国的な問題となっており、環境省もリチウムイオン電池関係のページを作成しています。
参考としてホームページのリンクを記載します。

このページの作成担当

環境部 循環社会推進課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館2階)
電話:025-226-1423 FAX:025-222-7032

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る