このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

ゆりかご学級1期(乳児期家庭教育学級)

最終更新日:2022年4月20日

ゆりかご学級1期の募集は終了しました。

概要

赤ちゃんがいる暮らしは喜びや楽しさがいっぱいです。でも悩むこともあり、不安もあります。同じ月齢の赤ちゃんを持つ親同士、ともに学び合い、話し合い、お友達になりましょう!気楽な気持ちでご参加ください。

日時

令和4年5月24日から6月14日
毎週火曜日 午前10時から正午まで
6月18日(土曜)は特別プログラムを行います。 

会場 新潟市西地区公民館 
対象 令和3年10・11・12月生まれの赤ちゃんの保護者
定員

20人 

保育室定員

12人
赤ちゃんを預ける先がない人のために保育室を準備しています。
(5月24日から6月14日までの4回)
対象月齢の赤ちゃんをお預かりします。

参加費 無料
お申込方法

かんたん申込みまたは電話でお申込みください。
申込み期間:3月20日(日曜)から4月19日(火曜)
かんたん申込みの場合は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)をクリックしてください。
公民館からのメールを受信できるように設定をお願いします。
電話の場合は西地区公民館025-261-0031
申込み受付時間:平日午前9時から午後5時まで
注記:応募多数の場合は抽選
 公民館のゆりかご学級を初めて受講する方、全回出席可能な方を優先します。
受講の可否については、4月22日(金曜)頃、郵送にてお知らせします。

問合せ先 新潟市西地区公民館(電話:025‐261‐0031)
備考

・ゆりかご学級は親子分離の保育付きの事業です。ご希望の方は、申し込み時に保育希望とお伝えください。
・全講座終了後、希望により文集づくりを行います。
・新型コロナウィルスの感染状況により、中止・延期もあります。
・参加されるご本人と同居家族が、来館前24時間以内に発熱・咳などの風邪症状があった場合
参加を見合わせてください。

プログラム

実施日 テーマ・講師 内容
1

令和4年5月24日
(火曜)

オリエンテーション
おともだちになりましょう
公民館職員

これからのゆりかご学級をすすめる上での基本事項についてお話します。またゲームなどを行って、和やかな話し合いができるような雰囲気づくりを行います。

2

令和4年5月31日
(火曜)

いま親として1
新潟こども医療専門学校 非常勤講師
大滝 則子(おおたき のりこ)さん

子どもが自分自身や周囲との関係も大切にし、柔軟に生きていけるよう、親としてのかかわり方について考えます。
3

令和4年6月7日
(火曜)

いま親として2
メンタルエクスプローラータオ 心理セラピスト
眞島 貴代子(ましま きよこ)さん

ジェンダーの視点で親・パートナーとの在り方について考え、支え合う子育て・家族の関係について考えます。
4

令和4年6月14日
(火曜)

みんなで子育てトーキング
ちょっと先輩ママ
前年度ゆりかご受講者

子育ての楽しさや学びの必要性、ネットワークの大切さについて考えます。
特別編

令和4年6月18日
(土曜)
*保育はありません

パパも一緒!
(株)WLB代表取締役 田中(たなか) 亮祐(りょうすけ)さん

先輩パパからの話を聞いて、これからの家族でのワークライフバランスについて考えます。

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

西地区公民館
〒950-2112 新潟市西区内野町603番地
電話:025-261-0031 FAX:025-261-0031

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る