このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

重度障がい者医療費助成(マル障)

最終更新日:2017年10月10日

身体障害者手帳1~3級、療育手帳「A」、精神障がい者保健福祉手帳1級の方は、次の額を上限とした自己負担(一部負担金)で診療を受けられます。
所得制限があります。

受給者に負担していただく一部負担金
外来の場合 月4回まで1日530円(5回目以降0円)
入院の場合 1日1,200円
薬局の場合 0円
訪問看護 1日250円
治療用装具 0円

※各一部負担金は医療機関・事業者ごとに生じます。

  • 保険外診療については適用外となります。
  • また、入院時食事療養費の減額認定を受けている方は、減額後の自己負担額を全額助成します。詳しくはお問い合わせください。

北区役所健康福祉課 障がい福祉係 電話:025-387-1305
東区役所健康福祉課 障がい福祉係 電話:025-250-2310
中央区役所健康福祉課 障がい福祉係 電話:025-223-7207
江南区役所健康福祉課 障がい福祉係 電話:025-382-4396
秋葉区役所健康福祉課 障がい福祉係 電話:0250-25-5682
南区役所健康福祉課 障がい福祉係 電話:025-372-6304
西区役所健康福祉課 障がい福祉係 電話:025-264-7310
西蒲区役所健康福祉課 障がい福祉係 電話:0256-72-8358

申請に必要なもの

  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
  • 健康保険証
  • 印鑑
  • 所得証明(市外からの転入の方 ※同一生計者全員分)
  • 本人確認ができるもの(本人または代理人の本人確認)
  • 本人・同一生計者全員分のマイナンバーが分かるもの(個人番号カード・通知カードなど)
  • 法定代理人の場合は戸籍謄本その他法定代理人であることが分かるもの
  • 任意代理人の場合は委任状または申請者本人の健康保険証など

その他の医療費助成制度(障がいによる特例措置のあるもの)

特例措置の内容
 事業名  対象者   特例措置 

老人医療費
助成事業

65歳以上70歳未満のひとり暮らしの人や、3か月以上寝たきりの状態にある人 左記対象者の同居者が、身体障害者手帳、療育手帳又は精神保健福祉手帳所持者で、合計所得が125万円以下である場合は助成対象となります。

ひとり親家庭医療費
助成事業

母子(父子)家庭の親子 父母の一方が障がいの状態(概ね1級)にある場合は、助成対象となります。

※事業の詳細は各事業該当ページにてご確認ください。
 老人医療費助成事業
 ひとり親家庭医療費助成事業

関連リンク

このページの作成担当

福祉部 障がい福祉課 在宅福祉係
951-8550
新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)
電話:025-226-1239 FAX:025-223-1500

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人は
こんなページも見ています

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る