国民年金保険料の産前産後期間の免除制度

最終更新日:2019年4月1日

次世代育成の観点から、国民年金第1号被保険者が出産を行った際には、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除されます。
また、産前産後期間として認められた期間は保険料を納付したものとして老齢基礎年金の受給額に反映されます。

免除期間

出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間の国民年金保険料が免除されます。
なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日の属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。
※出産とは妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます(死産、流産、早産された方を含みます)。

対象者

「国民年金第1号被保険者」で出産日が平成31年2月1日以降の方

申請方法

出産予定日の6か月前から提出可能です。

申請先

区役所・出張所で申請してください。

申請の際、持参していただくもの

年金手帳またはマイナンバーのわかるもの、免許証などの本人確認書類、母子健康手帳など

お問い合わせ先

お住まいの区の区役所 区民生活課までお問い合わせください

このページの作成担当

福祉部 保険年金課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)

電話:025-226-1073

FAX:025-226-4008

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ