SIDS(乳幼児突然死症候群)とは?

最終更新日:2017年4月1日

「元気ですくすく育っていた赤ちゃんが、眠っている間に突然死亡してしまう」これが乳幼児突然死症候群(SIDS)です。
厚生労働省の研究によると、日本では、赤ちゃんの6,000~7,000人に1人の割合で起こるといわれ、生後2か月から6か月に多く、まれに1歳以上でも発症するこ とがあります。

SIDSを防ぐためには

「あおむけ寝」で育てましょう

「うつぶせ寝の方がSIDSの危険性が高まる」という研究結果がでています。医学上の理由で必要なとき以外はあおむけに寝かせ、窒息や誤飲、ケガなどの事故を未然に防ぎましょう。

「たばこ」は絶対にやめましょう

両親が喫煙する場合にSIDSの発症率が高くなるというデータがあります。妊婦さん自身の禁煙はもちろん、赤ちゃんのそばでは絶対禁煙です。身近な人にも禁煙をお願いしましょう。

できるだけ「母乳」で育てましょう

「母乳で育てられた乳児はSIDSの危険性が低い」といわれています。人工乳が直接SIDSを引き起こすことはありませんが、できる限り母乳で育てることをおすすめします。

このページの作成担当

こども未来部 こども家庭課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)

電話:025-226-1201

FAX:025-228-2197

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ