このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで


本文ここから

佐潟公園

更新日:2012年6月1日

佐潟公園-白鳥と角田山

県内でも最大級の砂丘湖の佐潟は、佐渡・弥彦・米山国定公園区域内に位置し、水鳥の生息地として重要な湿地を保全するラムサール条約(注1)の登録湿地です。貴重な水生植物が数多く見られ、冬は、様々な渡り鳥の飛来地になります。

施設内容
  • 佐潟水鳥・湿地センター
  • 自然生態観察園
  • 遊歩道
  • 遊具広場
  • 芝生広場
  • 休憩施設(東屋、ベンチ)
  • トイレ2ヶ所(内バイオトイレ1ケ所)
【佐潟水鳥・湿地センターについて】
開館時間 午前9時から午後4時30分
休館日 月曜日
電話:025-264-3050
所在地 西区赤塚5404番地14
地図(新潟市 地理情報の総合窓口)
交通 【鉄道】JR越後線「内野」駅下車後、タクシー利用約15分
「越後赤塚」駅下車徒歩約40分
【自転車】「越後赤塚」駅前「フォトショップサムセング」の無料レンタサイクルで約15分
【車】県道2号新潟寺泊線沿い 市内中心部から約40分
北陸自動車道 新潟西インターチェンジから約30分
巻・潟東インターチェンジから約30分
駐車場 140台
公園データ(平成23年3月31日現在) 種別 総合公園
面積 758,000平方メートル


駐車場


トイレ


多目的トイレ


休憩所


展望地

みどころなど

佐潟公園-夏の佐潟

佐渡・弥彦・米山国定公園区域内に位置し、佐潟と上佐潟の2つの砂丘湖からなる、わが国10番目のラムサール条約登録湿地で、渡り鳥やオニバスをはじめとする動植物の宝庫です。
冬には白鳥やヒシクイなど水辺に棲む数千羽の鳥たちの越冬地としてにぎわい、公園内にある佐潟水鳥・湿地センターや野鳥観察棟から間近に観察する事ができます。

四季の花

  • ソメイヨシノ…4月中旬~5月初旬
  • ヤエザクラ…4月中旬~5月初旬
  • ハス…8月中旬
  • オニバス…9月上旬

注釈解説

注1 ラムサール条約とは・・・

正式には「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」という名称で、渡り鳥が渡りの途中立ち寄ったり、越冬、繁殖するための湿地を、国際的に保全することを目的に、多くの国が締結している国際条約です。
日本国内では北海道の釧路湿原や滋賀県の琵琶湖など、佐潟を含めて11箇所が登録されています。
くわしくは新潟市の環境(環境政策課・環境対策課)ラムサール条約のページをご覧下さい。

この公園の建設・維持管理に関するお問合せ先

西区役所 建設課 電話:025-264-7670

関連リンク

環境対策課・環境政策課(ラムサール条約湿地「佐潟」のページへ)

このページの作成担当

西区役所 建設課
〒950-2097 新潟市西区寺尾東3丁目14番41号
電話:025-264-7661 FAX:025-269-1660

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

新潟市役所

市役所庁舎のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター

(受付 午前8時~午後9時:年中無休) 電話025-243-4894

市政の手続や制度、イベント、施設などに関するお問い合わせにお答えしています。

Copyright(C)2012 Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る