このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

自転車の交通安全

最終更新日:2017年10月1日

自転車安全利用五則

1 自転車は、車道が原則、歩道は例外

自転車は、道路交通法上「軽車両」と位置づけられるため、歩道と車道の区別があるところでは「車道通行」が原則です。
しかし、次の場合は、例外で歩道を通行できます。

  • 道路標識などによって認められている場合
  • 13歳未満の子ども、70歳以上の高齢者及び車道通行に支障がある身体の不自由な方
  • 道路工事や駐車車両などにより車道の左側を通行することが困難なときや、車の通行量が非常に多く危険な場合

2 車道は左側を通行

自転車は、道路の左端に寄って通行しなければなりません。
右側通行(逆走)は違反です。

3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

歩道を通行する場合は、車道寄りをすぐに停止できる速度で徐行しましょう。
歩行者の通行を妨げるおそれがある場合は、一時停止するとともに、自転車から降りて押して歩きましょう。

4 安全ルールを守る

  • 飲酒運転の禁止
  • 携帯電話やヘッドホン等を使用しながらの運転の禁止
  • 夜間はライトを点灯
  • 交差点での信号遵守・一時停止と安全確認
  • 二人乗り・並進・傘さし運転の禁止

5 子どもはヘルメットを着用

保護者の皆さんは、13歳未満の子どもに乗車用ヘルメットをかぶらせましょう。

こんな乗り方は違反です。

路側帯も左側通行です

平成25年12月1日施行の改正道路交通法を受け、下図のとおり、自転車等の軽車両が通行できる路側帯では左側を通行しなければなりません。
右側通行(逆走)は違反です。

路側帯を通行する場合は、歩行者の通行を妨げてはいけません。

自転車運転者講習制度(平成27年6月1日から)

改正道路交通法の施行に伴い、自転車運転中に危険行為を3年以内に2回以上くり返すと、公安委員会の命令による自転車運転者講習が義務付けられます。

講習の対象となる危険行為とは

  • 酒酔い運転
  • 信号無視
  • 一時不停止
  • 車道、路側帯の右側通行
  • 歩道通行時の通行方法違反

等、計14項目あります。

自転車運転者講習制度のながれ

  1. 自転車運転者が危険行為をくり返す(3年以内に2回以上)
  2. 交通の危険を防止するため、都道府県公安委員会が自転車運転者に講習を受けるように命令
  3. 講習の受講(講習時間:3時間、手数料:5,700円)

※受講命令に違反した場合は、5万円以下の罰金を科せられることがあります。

詳しくは、新潟県警察のホームページをご覧ください。

自転車事故の責任

自転車も「車両」の一部ですから、事故を起こせば責任を負うことがあります。
事故があった時は、慌てずに負傷者を救護し、警察と消防に通報してください。

1 刑事上の責任

相手を死傷させた場合、重過失致死傷罪」に問われることがあります。
※重過失致死傷罪・・5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金

2 民事上の責任

被害者に対する損害賠償の責任を負います。
未成年者が起こした交通事故の責任は、監督責任のある保護者が負う場合もあります。

3 社会的な責任

被害者への謝罪や勤務先などの規定による処分など、社会的な責任を負います。

全国的に高額賠償の自転車事故が発生しています

高額賠償事例
概要 被害者 賠償額(概算)
自転車乗り男性がペットボトルを片手に下り坂を進行し
交差点に進入、横断歩道を横断中の女性と衝突。
女性
脳挫傷で死亡
6,779万円
自転車乗り高校生が、夜間、携帯電話を操作しながら無灯火で進行、前方を歩行中の女性に衝突。 女性
重度の後遺障害
5,000万円
自転車乗り高校生が、無理に交差点に進入、右方からの自転車乗り女性と衝突。 女性
頭蓋内骨折で死亡
3,000万円

万が一の事故に備えて

自転車は点検・整備を受けましょう。 

自転車安全整備士が勤務する自転車安全整備店で点検・整備を受けた自転車には、傷害補償と賠償責任補償の保険がついたTSマークが貼付されます。

補償内容

  • 傷害補償

  入院加療15日以上の傷害…10万円(一律)
  死亡・重度後遺障害(1~4級)…100万円(一律)

  • 賠償責任補償

  死亡・重度後遺障害(1~7級)…1億円(限度額)
※平成29年10月1日以降に普通自転車の点検整備を行い、
  赤色TSマークを貼付したものから、従来の5,000万円を1億円に引き上げ

  • 被害者見舞金

  入院加療15日以上の傷害…10万円(一律)
 

自転車保険への加入がお勧めです。

保険の種類と対象
  相手の生命・身体 相手の財産 自分の生命・身体 取り扱い
個人賠償責任保険(注1) あり あり なし 損害保険各社
傷害保険(注2) なし なし あり 損害保険各社
TSマーク付帯保険 あり なし あり 自転車安全整備店
新潟県交通災害共済 なし なし あり 市町村

(注1)個人賠償責任保険:自動車保険、火災保険など、他の保険の特約として契約することができる保険です。
(注2)傷害保険:自転車での転倒など、日常での思わぬ事故による自分のケガに備える保険です。 
保険の種類は様々です、詳しくは保険会社・代理店、自転車安全整備店にご確認ください。

携帯電話、ヘッドホン等の使用は違反です

1 携帯電話の使用等の禁止

自転車運転中に携帯電話を使用すると、周囲への注意力を欠いたり、ハンドル・ブレーキ操作の安定性を損ない、思わぬ事故の原因となります。
 ※ 罰則 5万円以下の罰金

2 ヘッドホン等の使用の禁止

ヘッドホン等で両耳を塞いだ状態で自転車を運転すると、パトカーや救急車の音、人の声や周りの音など、安全運転・危険回避に必要な音が聞こえず、危険です。
 ※ 罰則 5万円以下の罰金

ブレーキの無い自転車は公道を走れません

きちんと止まれる自転車に乗りましょう

自転車のブレーキは、法律で「前輪と後輪を制動すること」、「時速10キロメートルで制動距離3メートル以内」と定められており、「ピスト」と呼ばれるブレーキ装置を備えない、または前輪、後輪のみにブレーキ装置を備える自転車は公道を走ることができません。
これと同じ理由で、一般的な自転車であっても「ブレーキが壊れているもの」や「ブレーキの効きが甘い」ものは公道を走ることができません。
これに違反した場合の罰則は5万円以下の罰金です。

このページの作成担当

市民生活部 市民生活課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)
電話:025-226-1013 FAX:025-228-2219

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る