このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

新潟市のこどもの数(15歳未満人口)について(平成31年4月1日現在)

最終更新日:2019年5月1日

こどもの数は94,176人

・平成31年4月1日現在におけるこどもの数(15歳未満人口)は、94,176人で、前年に比べ1,378人減少しました。(表1)
・総人口に占めるこどもの人数は11.9%で、年々減少しています。(図1)
・出生児数は5,724人で、前年と比較して212人減少しています。(表2)

表1 こどもの数の推移
こどもの数(人) 総人口に占める割合(%)
平成19 107,257 13.3
平成20 106,377 13.2
平成21 105,217 13.0
平成22 104,088 12.9
平成23 103,030 12.8
平成24 102,422 12.7
平成25 101,260 12.6
平成26 100,187 12.5
平成27 99,032 12.4
平成28 97,674 12.2
平成29 96,455 12.1
平成30 95,554 12.0
平成31 94,176 11.9

図1こどもの数及び総人口に占める割合の推移
図1 こどもの数及び総人口に占める割合の推移

表2 出生児数の推移
出生児数(人)
平成20 6,554
平成21 6,422
平成22 6,531
平成23 6,387
平成24 6,369
平成25 6,285
平成26 6,181
平成27 6,182
平成28 5,936
平成29 5,724

各歳別こどもの数

・こどもの数を年齢別にみると、14歳が6,657人で最も多く、0歳が5,499人で最も少なくなっています。(図2)

図2各歳別こどもの数
図2 各歳別こどもの数

こどもの数は中央区、割合は江南区がトップ

・こどもの数を行政区別にみると、中央区(20,275人)及び西区(19,480人)、東区(16,370人)の3区で市全体の約6割を占めており、以下秋葉区(9,435人)、江南区(8,848人)の順に続いています。(表3)
・総人口に占めるこどもの割合を行政区別にみると、江南区(12.98%)が最も高く、次いで秋葉区(12.44%)、西区(12.08%)となっています。(表4)

表3 こどもの数(行政区別)
行政区 人数(人)
 中央区 20,275
 西区 19,480
 東区 16,370
 秋葉区 9,435
 江南区 8,848
 北区 8,604
 西蒲区 5,970
 南区 5,194
表4 総人口に占めるこどもの割合(行政区別)
行政区 割合(%)
 江南区 12.98
 秋葉区 12.44
 西区 12.08
 東区 12.06
 南区 11.74
 北区 11.61
 中央区 11.13
 西蒲区 10.76

このページの作成担当

こども未来部 こども政策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)
電話:025-226-1193 FAX:025-224-3330

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る