このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

やきなす

最終更新日:2014年11月5日

とろけるみずみずしさ

 焼くと身が締まって簡単に皮がむけ、非常においしくなることから、この名前がつきました。皮も身もとろけるようにやわらかく、甘くみずみずしい味わいが特徴です。

出荷期間:6月上旬~8月下旬
生産地区:北区豊栄地区

作成者:公益財団法人 食の新潟国際賞財団

こぼれ話

 新潟県はなすの栽培面積が全国1位で多様な品種が栽培され、料理によって品種を使い分ける文化があります。
 なかでも豊栄地区(現 新潟市)で栽培されている「やきなす」は、県内最大級のなすとして知られており、大きいものは長さ30cmにもなります。
 記録によると、昭和36年頃に豊栄地区の農家が「えんぴつなす」の種を手に入れ、自家採取を繰り返しながら大型のものだけを残していったのが、やきなすのはじまりと言われています。
 焼いたらことのほかうまかったので「やきなす」と命名。市場に出荷したところ評判を得たといわれています。

やきなすを使った料理レシピ

関連ページ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎5号棟4階)
電話:025-226-1794 FAX:025-230-0423

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る