新潟市農業及び農村の振興に関する条例(概要)

最終更新日:2012年6月1日

構成
前文 日本一豊かでにぎわいのある大農業都市の実現
目的 食料、農業及び農村に関する施策を総合的・計画的に推進し、農業及び農村の振興
基本理念 「食料」
 安心、安全な農産物の安定的な生産及び地産地消の促進
「農業」
 農業資源及び多様な担い手の確保と自然環境と調和した農業、農村の持続的な発展
「農村」
 多面的機能を有し、農産物の生産、生活、地域活動が共存する場として整備・保全
責務・役割 市の責務
 農業者、農業関係団体、市民及び事業者等との連携を図りながら、食料、農業及び農村に関する施策を策定し実施。
農業者等の役割
 農村地域づくりの主体であることを認識し、自然環境との共生に積極的に取り組み、安心で安全な農産物の安定的な供給、情報提供等に努め、市民との交流を深め、農業・農村の振興に努める。
事業者の役割
 安心・安全な食品の供給と地場農産物の利用を図る等して農業・農村の振興に協力。
市民の役割
 地場農産物の積極的な消費や、農業・農村の役割の重要性について理解と関心を深め、農村との交流を深めるなどして農業・農村の振興に協力。
施策の基本方針
  1. 意欲を持つ農業者の支援を推進し、農産物の生産性を高め、安心・安全な食料の供給と収益性の高い農業の確立
  2. 多様な担い手の就農促進等で集落における営農環境の整備
  3. 農村の魅力資源の発掘、保全、改善により美しく自然あふれる農村の形成
  4. 農村集落の居住環境の向上と農村コミュニティの形成
  5. 地場農産物消費と食育の推進、互恵による都市・農村交流の促進
  6. 有機質資源を利用した資源循環型・環境重視型の地域づくりの推進
  7. その他必要施策の推進
基本計画の策定 新潟市農業構想(平成18年3月策定)を基本計画とみなす(附則にて)
審議会 既存の新潟市農業振興地域整備審議会(附属機関設置条例により設置)の審議事項を追加。(計画策定・変更ほか重要事項について調査審議)
年次報告 毎年度公表

このページの作成担当

農林水産部 農林政策課

〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル4階)

電話:025-226-1764

FAX:025-226-0021

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ