新潟市スポーツ大賞(平成27年7月)

最終更新日:2015年10月22日

 なでしこジャパンのFIFA女子ワールドカップカナダ2015準優勝に貢献した、アルビレックス新潟レディース所属の上尾野辺めぐみ選手、北原佳奈選手、新潟市出身でベガルタ仙台レディース所属の川村優理選手に新潟市スポーツ大賞を贈呈しました。
 3選手は、同大会において、なでしこジャパンの一員としてワールドカップ準優勝に貢献しました。最後まであきらめない、さわやかで力強い姿は、市民をはじめ多くの人々に勇気と感動を与え、未来を担う子どもたちに世界へ羽ばたく夢と希望の翼を与えてくれました。

新潟市スポーツ大賞について

市では、市民または本市にゆかりのある人・団体で、スポーツの分野での輝かしい活躍を通じて、市民に勇気や希望、感動を与えてくれた人・団体に 「新潟市スポーツ大賞」を贈呈しています。

これまでの受賞者

新潟市スポーツ大賞 贈呈式

 7月12日(日曜)、十日町市当間多目的グラウンド(クロアチアピッチ)において「新潟市スポーツ大賞贈呈式」を行いました。
 プレナスなでしこリーグ2015レギュラーシリーズ第10節アルビレックス新潟レディース対ベガルタ仙台レディースの試合に先立ち、新潟の上尾野辺選手と北原選手、仙台の川村選手にそれぞれ表彰状と副賞のすし券を贈呈しました。
 市長からは「世界最高峰の大会において、2大会連続で決勝に進んだことはとても素晴らしく、日本中の人に勇気と感動を与えてくれた」と3選手の健闘を称えるあいさつがありました。

 日本代表の佐々木則夫監督も視察に訪れたなか、試合は、仙台の川村選手が得意のヘディングシュートで得点すると、直後に新潟もゴールを取り返し、互いに譲らない好ゲームとなりました。
 最終的に新潟は1-2で惜しくも敗れてしまいましたが、30度を超える猛暑のなかでも、最後まであきらめず、ひたむきにボールを追いかけた姿は、ワールドカップでのなでしこジャパンの戦いぶりに通じるものがあり、1,000人を超えるサポーターの皆さんからは惜しみない拍手が送られていました。

スポーツ大賞贈呈式

スポーツ大賞贈呈式

スポーツ大賞贈呈式

関連リンク

このページの作成担当

秘書課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館3階)

電話:025-226-2043

FAX:025-222-0820

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ